田中求之的日々の雑感

【福井県立大学・経済学部の教員である田中求之(たなか もとゆき)の日記のようなもの】

ここに記されているのは、あくまでも田中求之の個人的な意見や感想です。田中の所属する組織や田中の公的な立場の見解ではありません。「田中求之的日々の雑感」の方には新着40(約一ヶ月分)が掲載されています。

12年08月09日 16時26分 着信

昨日あたりからすこし暑さが和らいだ感がある。今朝は大学でツクツクボウシの声を聞いた。暑さも峠を越えたのならいいが。自宅の周囲の田んぼでは稲が花をつけている。おかげで、自分は花がむずむずするし、娘たちは目がかゆいのであった。

昨日は京都に髪を切りに行っていた。馴染みの「ひげ床」で切ってもらったのだが、おじさんとおばさんが初孫の面倒をみていた。自分が通いだした時には下の娘さんがちょうどあかちゃんだったことを思い出し、時間が流れたことをおじさんたちと笑い合ったのだった。本屋での収穫は特になし。マンガの新刊と新書を2冊買ったが、福井でも買えるもの。往復の列車の中ではずっと iPod mini で音楽を聴いていた。

今日は作業とか会話分析の本を読んだり。honto から本が届く:

有効期限切れに近いポイントがたまっていたので、それを使うことで安く買えた。

[1つ前の投稿][前後をまとめて表示][次の投稿]