田中求之的日々の雑感

【福井県立大学・経済学部の教員である田中求之(たなか もとゆき)の日記のようなもの】

ここに記されているのは、あくまでも田中求之の個人的な意見や感想です。田中の所属する組織や田中の公的な立場の見解ではありません。「田中求之的日々の雑感」の方には新着40(約一ヶ月分)が掲載されています。

12年06月15日 16時30分 着信

今日も暑い。情報システムの授業のニース解説では、スマホ向けウイルスアプリで国内初の逮捕者が出たこと、今日にも著作権法改正案が修正案付きで委員会採決されそうなこと(これにより、違法ダウンロードの刑事罰化と DVD のリッピングが私的複製ではなくなること)、それと今日の日経産業新聞に載っていたクアルコムの snapdragon の生産が需要に追いついていないことが国内メーカーのスマホの発売時期に影響を与えていること、の3つをとりあげた。著作権法改正案は結局、今日の午後、衆議院本会議で可決されてしまったが、おそらくそうなるであろうという理由も説明した。授業の方はデジカメの2回目で、現像処理、メモリーカード、DCF & Exif、RAW データまで。業界動向や新技術は次週にまわした。次週はデジカメの残りと音楽データかな。

アップルに注文してあった iPad の新しいカバーと Thunderbolt ギガビット・アダプターが昨日届いた。ケースの方はさっそく昨夜 iPad に装着。最初の iPad のケースに似ていることもあってか、自分はこちらの方が使いやすい。ギガビット・アダプターは、今朝、研究室に来て MacBook Air に装着。学内に接続するための手続き(これまでは AirMac でしかつないでなかったマシンなので、有線でつなぐ際には新たに登録などの手続きが必要になる)をすませてから、有線に切り替えたら、やっぱ早い早い。学内はまだギガビットではないが、先日の SINET の回線切替工事があってからは、外部とのトラフィックがかなり早くなった。それまでは有線の MacBook と無線の MacBook Air とで速度の違いを感じることはあまり無かった(Time Machine のバックアップぐらいなか)のだが、回線切替後は差が出るようになったのだ。そういうこともあって注文したアダプターなんだが、それだけのことはあったな。マシンの処理能力は Air の方が上なので、Web サイトの表示などは air の方が確実に早くなった。Thunderbolt のアップデータを適用するとカーネルパニックが起きるというトラブルも出ているようだが、自分の Air は全く問題なかったはよかった。

明日は家族で小浜に行く。雨になりそうなのが残念。

[1つ前の投稿][前後をまとめて表示][次の投稿]