田中求之的日々の雑感

【福井県立大学・経済学部の教員である田中求之(たなか もとゆき)の日記のようなもの】

ここに記されているのは、あくまでも田中求之の個人的な意見や感想です。田中の所属する組織や田中の公的な立場の見解ではありません。「田中求之的日々の雑感」の方には新着40(約一ヶ月分)が掲載されています。

12年04月24日 12時59分 着信

少し霞がかかってはいたが、気持ちのよい天気。窓を全開にして大学に来た。気がつけば麦の穂が出ていた。

途中、コンビニで固定資産税を払う。なかなかの金額だ。まぁ、しょうがないけど。

大学について一息ついたところへ、同僚の江川さんから電話。自宅で朝堀のタケノコのおすそわけ。

夕方自宅に戻ったらさっそく茹でて食べる予定。茹でたてのほくほくの筍が楽しみ。

午前中は学部の20周年記念サイトの更新などの作業。午後には3年生のゼミである。

昨日は2ヶ月に一度の肝臓の検診に行ったのだが、病院の受付システムなどが変更されていた。電子カルテが全面的に導入されたことにともなう変更だと思われる。いつも看てもらっている先生が、キーボードでカルテに記入するのを見ていたが、まだ慣れていない感じが伝わってきた(以前は入力補助の職員がついていたのだが、あれは移行に伴う一時的な措置だったんだろうな)。このところ焼酎やウイスキーを飲むのを控えていたので、数値は悪くなかった。体は正直である。

[1つ前の投稿][前後をまとめて表示][次の投稿]