田中求之的日々の雑感

【福井県立大学・経済学部の教員である田中求之(たなか もとゆき)の日記のようなもの】

ここに記されているのは、あくまでも田中求之の個人的な意見や感想です。田中の所属する組織や田中の公的な立場の見解ではありません。「田中求之的日々の雑感」の方には新着40(約一ヶ月分)が掲載されています。

12年04月06日 16時04分 着信

昨日と今日と休みをとっている。昨日は家族で勝山市の「ゆめおーれ勝山」に出かけた。娘たちのリクエストである。以前、児童館の遠足で出かけたときに楽しかったので、もう一度行きたいとのこと。娘たちは手織り機でのコースター織のようだったが、妻と自分は織機の説明や実物が面白かった。カイコから糸を紡ぎだす過程などがよくわかった。実際に蚕の繭から糸を引き出してみるなんてもできたし。大野でそばを食べて自宅に戻った。あいにく天気が悪く、雨が降って肌寒い一日だったのが残念。

今日は娘たちは始業式。長女は今年度からクラスが二つに分かれることになり、誰と一緒になるのか気になっていたようだが、普段、児童館などでいっしょに遊んでいた友達と一緒のクラスになったようで、よかったなというところである。

昨日、『風のダンデライオン』を読んだら、当然のように?『銀河のワールドカップ』を再読したなり、昨夜から今朝にかけて一気読み。これをアニメっていうのは、確かにありだなと思う。今日は、これまで読みかけなっていた本を読んでいる。『食の終焉』や『ストーリーとしての経営戦略』などである。もっとも、娘たちは昼前には帰ってきたので、なにかとドタバタしてゆっくり本を読むという感じでもなかったりする。

[1つ前の投稿][前後をまとめて表示][次の投稿]