田中求之的日々の雑感

【福井県立大学・経済学部の教員である田中求之(たなか もとゆき)の日記のようなもの】

ここに記されているのは、あくまでも田中求之の個人的な意見や感想です。田中の所属する組織や田中の公的な立場の見解ではありません。「田中求之的日々の雑感」の方には新着40(約一ヶ月分)が掲載されています。

12年01月19日 16時56分 着信

昨日は卒論の指導や教授会で気がつけば終わっていた。

今日も卒論の指導でドタバタ。もっとも、書式を整えて印刷させたりするといった作業が中心ではあるが。締切は明日なのだが、なんとかなるだろう。

卒論の指導やサポートの合間をぬって、ラジオ収録の原稿を書いていた。先日書いてゼミ生に見てもらったものを、アナウンサーを前にしゃべる原稿に書き直すという作業なのだが、抽象的な概念(漢字を見ないと分かりづらいような概念)を使わないようにしながら、自分が話したいことを言葉にしていくのは、字数制限もあって、なかなか難しい。言葉を砕きすぎると自分なりにこだわっていることなどが、きれいさっぱり抜け落ちた、そんなの当たり前じゃん、という話になってしまう。日常的な用法で言葉を使うしかないわけで、たとえば組織という概念を厳密に使って話すことなど無理なのだ。思っていた以上に時間がかかったし、書き上がったものは、なんか間抜けな感じがしないでもない。やれやれ。

[1つ前の投稿][前後をまとめて表示][次の投稿]