田中求之的日々の雑感

このページには福井県立大学・経済学部の教員である田中求之(たなか もとゆき)の日記(つぶやき)のようなものが、新着順に並んでいます。

ここに記されているのは、あくまでも田中求之の個人的な意見や感想です。
田中の所属する組織や田中の公的な立場の見解ではありません。

それぞれの投稿の冒頭部分の は、その投稿のページへの Permalink (固定リンク)になっています。

書籍などの題名にオンライン書店へのリンクが付いている場合がありますが、これらのリンクは記録を目的としたものであり、アフィリエイトの ID は埋め込まれていません。

18年04月19日 09時18分 着信

気持ちの良い天気なんだが、気温の寒暖差が大きいのがこたえる。

今朝の4〜5時ごろ、このサイトに1時間で23,000を超えるアクセスがあったようなんだが、何があったんだろう? サーバは落ちなかったみたいだけど、1時間たりのアクセスとしては、過去最高(レベル)だろう。

今日は基礎ゼミと4年生のゼミ。それに明日の組織論の準備。

18年04月18日 14時16分 着信

午前中に情報システムの授業。水曜日の午前中に授業という感覚がまだ染み付いてないので、なんとなく妙な感じがまだ残っている。授業はニュース解説絡み。Netflix とカンヌ映画祭、サムスンが Micro LED の販売(ここでディスプレーの原理)、公正取引委員会の動き、それにリーチサイト問題。なんかごちゃごちゃしてしまったのを反省。

今日はこの後教授会。

18年04月17日 16時40分 着信

昨日は看護学校の非常勤の今年度初回。例年通り、自分を食べ物に例える、動物に生まれ変わるとすれば何がいいか、という内容での自己紹介などで、なごやかに終了。今年度は『現象学的人間論と看護』をふまえて、ちょっとマジでハイデガーあたりの話をしようかと思っているのだが(中山元訳の『存在と時間』も買ってしまった)、さて、来週以降、どうなるかな。

昨日の午後には、自分の車の定期点検へ。オイル交換などをしてもらって、エンジンの反応が変わったのを楽しみながら自宅へ帰ったのだった。

今日は3年生のゼミの2回目。お気楽なテーマでゆるりと。今年度は人数は少ないのだが、その分、お互いに突っ込みやすい雰囲気のゼミになるかな。

週末は、久しぶりに娘たちと二宮のカボス&マクドに出かけたりしたが、基本的には自宅でだらだらと。

18年04月13日 14時56分 着信

2限は組織論の授業の今年度初回。履修上の注意、講義概要、それから社会、世界、環境。これまで後期に2コマ連続でやってきたのが、今年から通年で週1コマになったのだが、やっぱ授業が楽だなと感じた。2コマ目に備えてセーブしたり、ペース配分を考えたりといった余分なことがなくなったというのもあるだろうな。また、内容や進行の修正を加えたというのもあるか。まぁ、来週以降、どういう進行になるか、試行錯誤が続く1年にはなりそうだ。

昨日から今日にかけて、アマゾンで5冊の本を購入。久しぶりにまとめて本を買った気がする。3冊は今日の夜には届く(現在、配送中)。そのうちの1冊は看護学校の哲学の授業に備えて購入した本(看護論の本を自分で購入するとは思わなかった!)なので、週末はその本を読むことになるかな。

月曜日の午後には自分の Fit の定期点検が入った。週末は天気が崩れそうなので、今日のうちにタイヤを積んでおこう。

18年04月12日 17時19分 着信

今日は基礎ゼミと4年生のゼミの今年度初回。基礎ゼミは例年通り世界地図の確認など。4年のゼミは、出席者の状況確認など。昨年度末に退職された教員の4年のゼミ生5名が新たに編入することになって、4年のゼミは雰囲気が変わることになる(といっても就活などで全員が揃うのはいつになることやら、という状況だが)。

昨日、固定資産税の請求書が届いていた。一度に収めることにしているので、それなりの金額にはなる。やれやれ。

18年04月11日 14時13分 着信

2限に情報システムの授業。例年、金曜日にしていたのだが、組織論を通年開講にして金曜日に入れたため、水曜の2限に持ってきた。専門科目で開講が重なるものが多めのためか、受講生は例年よりは少なめという感じ。初回なので授業の概要と、デジタル化、電磁波、それにからめて楽天のキャリア参入、3キャリアの+メッセージの話などで終了。

午後は明日の基礎ゼミなどの準備をしているのだが、基礎ゼミは今年度も15名。さてどうなることやら。金曜日の組織論の準備もしなければ。

18年04月10日 16時09分 着信

昨日は風邪気味だったので早めに帰宅したのだった。寒暖の差が激しいのがこたえる感じ。

今日も少しゆっくりめに。3年のゼミの初回。人数は少ないが、雰囲気は悪くない感触。さて、どうなりますか。今日から毎日授業が入る。

週末はごろごろと寝て過ごしていた。

18年04月06日 14時44分 着信

なんか少し雨ぎみの中途半端な天気である。今日の夕方に定期点検にいくため、今日は妻の車で出勤。

この2月にクレジットカードの更新があったのだが、その影響で、あちこちから支払いができないぞメールが届いている。そのたびに、えっとこのサイトのパスワードはなんだっけ?、個人情報の変更はどうするんだっけ?、とドタバタするのがこのところ続いていた(さすがにもう終わりかな)。あらためて、自分がクレジットカードの登録をして、クリック一発で買い物等をすませているサイトが多いことに気づかされたのだった。

今日の夕方〜夜は、妻の車の点検、クラス会の長女の迎え、次女との夕食と盛りだくさん。

この週末は近所の神社の清掃以外は予定なしなんだが、さて。

18年04月05日 15時55分 着信

昨日は自宅の天窓の修理があったので、自宅で過ごした。ハイデガーのカント論を読了。

この3月末に急に退職された先生のゼミ生(新4年生)の面接が続けて入った。何名かは新ゼミ生ということになりそうだが、さすがに、4年の今からバーナードというわけにもいかないだろうなということで、ゼミの内容等の見直しが必要になりそうだ。まぁ、しばらくは就活の影響で落ち着いてゼミをすることにもならないだろうが。

どんよりと曇った日が続いている。

18年04月03日 14時31分 着信

昨日の検診の結果、飲酒が OK になった(というか、昨日まで全く飲まなかったことに医師の方が驚いていた気配があった)。もちろん、抑え気味にということではある。なので、昨日の病院の帰りに、飲めるようになったら絶対にこれからと決めていた、ラフロイグを購入。自宅に戻って、ショットグラスで一口だけ飲んだのだが、うまかった。

昨夜飲んでいてたとき、しばらく飲んでなかったので、アルコールが体に効いてくる感じがはっきりとわかった。

今日も少し曇り気味の天気。大学ではオリエンテーションや健康診断が始まった。新年度である。

そういや、このところ iPhone で FRAMED というゲームをやっていたのだが、なかなか楽しめた。2もあるので、こちらを今夜からのお楽しみ。

18年04月02日 13時48分 着信

最後の HyperCard である 2.4.1 がリリースされて20周年ということで、HyperCard のコレクション集(オンライン雑誌?)を作ろうという動きがある(HyperCard Zine)。NIFTY 時代に作った XCMD の中から、あんまり実用性はないかもしれないけど、これ、面白くねぇ?ってやつがいくつかあるので、これを使ったスタックを Submit するのも面白いかもと、思い始めている。まずは過去の自分のスタックの点検からかな。

18年04月02日 12時38分 着信

iBook に MacOS 9 時代のソフトを復活インストールする作業にすっかりハマってしまっているのだが、音声ファイルの編集ソフトである Peak LE (たしか Toast についてたやつ)がまだ動くので、だったら DVD から音声トラックを抜き出して編集して iCloud ライブラリにあげて、iPhone で聴くってのができるよな、とゴソゴソやってみた。Michel Petrucciani Trio のライブの cantabile と、Keith Jarret Trio のライブの God Bless The Child がターゲット。どちらの DVD も以前にムービーファイルに変換済みなので、そこから OS X 上の Audacity で曲の部分を切り出し、USB で iBook へ持って行って、Peak LE で編集。拍手の部分を Fade In にしたり、終了後は Fade Out して、ノーマライズをかけて保存。再び OS X へ持って行って iTunes で AAC に変換して iCloud へ。時間はかかったが(なにせ OS 9 の Peak の処理は時間がかかる)、狙い通りに作業は終了。作業しながら、そういや Jam でトラックのレベルとかを調整しながらオリジナル CD 作りとかに熱中してたんだよなぁと懐かしく思い出す。今となっては Apple Music で検索してプレイリストへ放り込むだけだもんなぁ。

曇り空。あちこちの桜が5分咲きって感じ。通勤途中に、こんなところに桜が植わってたのねと気がつくってのも、毎年恒例かな。

昨日は自宅でゴロゴロと読書。読まないままになっていた熊野純彦『カント 美と倫理とのはざまで』を読んでいたのだが、ちょうどハイデガーのカント論を読んでることもあって、議論の焦点がわかりやすく、おもしろく読める。

今日はこの後、肝臓の検診。さて、どういう結果が出るかな。

18年03月31日 13時08分 着信

土曜日なのに研究室に来ている。いい天気だ。すっかり春。

長女が部活の仲間との昼食会で職場近くのショッピングセンターへ行くということだったので、送って行くことにしたのだが、次女も友人の誕生日のプレゼントを買いたいというので、なら一緒にということで3人で Lpa へ。長女と分けれてから次女と本屋をのぞいて、昼食にモスバーガー。次女とも別れて自分は研究室へ来たわけである。

3時過ぎまでここにいて、再びショッピングセンターで娘たちと合流し、夕食の買い物をいっしょにして帰る予定。

そういや愛用しているエディタである Jedit X の新しいバージョン Jedit Ω がしばらく前に出ていてインストールだけは済ませていたのだが、ライセンスは購入していなかった。この先のことや iCloud、バージョン管理などへの対応を考えると、このへんでΩに移行かなと思い、今朝のこと、ライセンスを購入したのだった。Jedit シリーズは長い付き合いになる。サーバ上では今でも Jedit 2 がバリバリの現役のエディタである。

バージョンアップといえば、EGWord の新しいバージョンが少し前に正式に販売開始になっていたのだが、現在、セール中で安くなっているので、ちょっと心が揺らいでいる。EGword は MacSE の時代からずいぶんと長い間、メインのワープロとして使っていた。Nisus が日本語対応してからは Nisus がメインになり EGWord を使うこともなくなったのだが(あれこれと機能を盛り込みすぎてうざい感じになってしまったというのもある)、開発中止直前の OS X 用 Universal 2 までバージョンアップだけは続けていた。一昨日来メンテナンスしている iBook MacOS 9.2 のマシンにも EGWord は入っている。今回、EGWord が復活するというニュースを耳にしたときも、もう自分は使うことないなと思っていた。エディタで書いて Nisus か InDesign で整形という手順で文書作成というスタイルが染み付いていることもあるし、販売になった価格も、決して安くないので。ただ、日本語の表記が美しいのは魅力的ではあった(縦書きの文書なんてほとんど作らないが)。……セール中ということで、ちょっともやもやと揺れている。

18年03月30日 15時15分 着信

iOS と watchOS のアップデート。相変わらず watchOS のアップデートは時間がかかる。

18年03月30日 14時07分 着信

CD-ROM の山をかき分けて LBP3980 に使えるMacOS 9 用のドライバの入ったディスクを見つけ出した。iBook にインストールして試してみたが、ちゃんと USB 接続で印刷できる。これでメンテナンスなどの際にちょっとしたファイルを印刷するのも可能になった。

その発掘作業の際に、過去のバックアップの CD や DVD の中を確認していたのだが、懐かしいソフトなどに出会って、おもわずインストールして動かしたりしていた。まきがめとか Tower が今でも動くなんて…… はまりそうになってしまった。あと、Frontier とか Prograph といった開発ツールも。使うあてはないが、メンテナンス用のディスクに入れておいた。

しかし、システムさえ安定してれば、MacOS 9 で今でも十分仕事に使えるなとは思う。もっとも、フォントの表示がしょぼいので、今となってはそれがストレスになりそうだけど。

この週末もおとなしく過ごすことになるかな。

18年03月29日 16時34分 着信

そういや、今日は MORISAWA PASSPORT ONE のライセンス更新を行ったのだった。3月31日が今のライセンスの期限だったので、ギリギリの更新。もう更新しなくても良いかなとも思ったのだが(普段、そんなにフォントにこだわった文書なんか作らないので)、アマゾンで更新パックが安く買えたので更新することにした。しかし、更新用のキーが書かれた紙があればよい製品を、あのサイズの箱に入れるかね? といつも思う。

18年03月29日 15時37分 着信

そういえば、退院してからもアルコールは禁止の状態が続いているのだが(来週の検診の結果次第では OK が出るかなと期待してるのだが……)、そのかわりに炭酸水を飲んでいる。ウィルキンソンのやつなら今ではどこのコンビニやドラッグストアでも買えるので、こいつを1日に3本ほど。それと「午後の紅茶おいしい無糖」をアクセント?に飲む日々である。

18年03月29日 15時05分 着信

なんかすっかり春めいてきた。

先日のサーバのメンテナンスの際に、サーバとの間で AppleTalk でファイル共有ができるマシンがもう一台あれば何かと便利だと感じたので、眠っていた iBookG3 を引っ張り出してきて(MacOs 9.2.2 で SSD に置換済みのマシン)、それを整備していた。過去に使ったアプリケーションなどもインストールして、古いデータや書類の読み取りにも使えるようにした。プリンタ(Canon LBP3980)のドライバだけがみつからなくて(確か MacOS 9 の USB で使えるのがあったはずなんだが……)、しょうがないので印刷は PS ファルへの出力ということにした。たぶん、研究室に積み重なった山を探せば出てくるような気もするが……

その後はハイデガーのカント論など。

18年03月28日 15時46分 着信

4月からの新年度、経営組織論が通年開講になるので、そのお知らせを授業情報のページに書き込んでおいた。

……組織論の準備もしなきゃ……

18年03月28日 15時45分 着信

4月からの新年度、経営組織論が通年開講になるので、そのお知らせを授業情報のページに書き込んでおいた。

……組織論の準備もしなきゃ……

18年03月28日 15時12分 着信

アップルの教育関係イベントの Keynote を見た。

新しい iPad 、なんか欲しくなってきた。入院中など iPad の Kindle で電子書籍を読んでいたのだが(今も『健康を食い物にするメディアたち』を読んでる)、ページめくりなどの反応が鈍くなることが増えてきたし、何より、ずっと持って読み続けるには重いのだ。病院のベッドに横たわって両手持ちで読んでいても、疲れた。電子書籍を読むだけであれば Kindle の端末を買うところだが、Swift Playground をやってみたいというのあって、やっぱ買うなら iPad だよなぁと。今の iPad (3代目のやつ)で十分ではあるんだけど、欲を言うなら、というところ。でも、新しく買うとしたら iPad Pro かな。

ちなみに初代 iPad は我が家で現役バリバリで働いている。Safari & YouTube 端末として、なにか調べたいことや知りたいことがあったら、リビングかキッチンに置いてある(ほっとかれている) iPad で確認、みたいな使い方。各自が自分の iPod や iPhone を持ってはいるが、やはり適度に大きい方がネットは使いやすい(文字入力も楽だし)。もし自分が iPad を買い換えたら、今使っている奴が家族用に引き継がれることになると思うが、それでも初代も使われ続けるだろうな。初代の方が純正のカバーがしっかりしていて持ちやすいというのもある。今の自分のやつは純正のカバーをつけていたのだが、破れてしまい、今は何もカバーなしで使っている。

18年03月27日 16時45分 着信

今日はこってりとサーバのメンテナンス。

メンテナンス&バックアップに使用している IDE のハードディスクが少し前から調子がおかしくて、パーティションが1つ死んでしまったので、早めに交換しなければと思っていた。80G の IDE のディスクをアマゾンで見つけたので購入して、今日、ディスクの交換を行った。80G もあっても持て余すのだが、とりあえず3つのパーティションに分けて、1つはメンテナンス用システム、2つ目はバックアップの置き場、3つ目は開発用ツールなどの倉庫ということにした。メンテナンス用のシステムは 9.2.1 のインストーラーで新規インストール、その後アップデータで 9.2.2 にあげて、必要なツールなどをインストール。

過去のデータやアプリのバックアップをコピーしようとしたら、異常に時間がかかるので、今日のところは、一部にとどめた。取り外したディスクも完全に死んだわけではないので、いつでも外付けでアクセスはできるだろう。

しかし、MacOS 9.2 のインストーラーを走らすなんて何年ぶりだろう。そもそもシステムのメンテナンスすら最近はやってない。このところは淡々とバックアップを取ってディスクのチェックをするだけだったので、機能拡張やコントロールパネルの組み合わせ(相性)なんて忘れており、システムのチューンナップには少し時間がかかってしまった。それでも、快適な環境を無事に構築できた。これでまだしばらくは安泰だろう。次はサーバのメインの SATA のディスクの交換かなぁ。こちらは再度 SSD にするのも悪くないかも。

ひさしぶりのパソコンいじりは楽しかった。この楽しさを味わうのは久しぶりだぁとしみじみ。

18年03月26日 16時36分 着信

そういえば、入院していた部屋の隣の患者が、夜中になるといきなり荷物の整理を延々と始めたり、独り言を延々としゃべっていたり、部屋を出たり入ったりと、なかなか賑やかだった(静かにじっとしていることができないという感じ)。入院当初は自分も治療や生活リズムの変化で夜眠れなかったので、あんまり気にもならなかった(うるさいなとは思いつつ、黙々と本を読んでいた)のだが、自分が落ち着いてくるとさすがにうるさかった(耳栓を買ってきてもらったりした)。他の患者からもクレームが出て、看護師の方が色々と対応してくださったのでなんとかなったが(夜だけ別の場所に移動とか)、まぁ、色々な人がいるもんだよなぁと実感させられたのであった。

入院中ネタをもうひとつ。こういうときこそポケ森をやるのがいいよなと思ったのだが、新しいバージョンにアップデートしろだの、アップデートしたらデータをダウンロードしろだのいうので、結局やらなかった(病室では Wi-Fi が使えなかった)。かわりに、このところやってなかった Cosmic Express をひさしぶりに。幾つかの面をクリアできた。で、やっぱパズルゲームはいいよなぁと実感し、この週末に新しいゲームを2つほど購入してしまったのだった。

18年03月26日 16時10分 着信

そういえば、入院してから今まで、アルコールは一滴も飲んでいない(今しばらくはアルコール禁止が続く)。こんなに飲まずにいるのは、大学に入ってから(35年ちょい)、初めてである。そのせいか、なんか嗜好というか味覚がちょっと変わってきているのを感じる。入院中は、3食後に売店でコーヒー(一応、その場で豆を挽いてドリップするマシンのやつがあった)を買って飲むようになったし、突然、チョコレートが食べたくなって、コーヒー飲みながらむしゃむしゃ食べたりしてた(病室で同室だった人たちが、やたらと間食をするのに影響されたってのもある)。

まぁ、このまま酒を飲まないようになるとは思えないが。

18年03月26日 14時58分 着信

入試や卒業式の終わった大学は静かだ。授業開始までの2週間は貴重な時間。

今日から通常運転。体調も万全。ただ利尿剤を飲んでいるので、排尿の間隔が短めなのはしかたがないが。

10時過ぎに大学を出て緑内障の検診へ。今日は視野検査があったのだが、特に進行はみられないとのことで一安心。眼科はいつも時間がかかるので、2冊ほど本を持って行ったのだが、意外に空いていて、あっさりと終わった。これまで待ち時間を少しでも短くしたくて朝一番に予約を入れていたのだが、もしかして午前中の診療の終了間際って狙い目なのかしら。

週末はおとなしく。昨日は次女を塾に送っていき、終わるまでの間、紀伊国屋で時間を潰し、それから家電量販店へ。次女が自分のノイズキャンセリングのヘッドフォンが欲しい(前から良いヘッドフォンを欲しがっていたのだが、自分が買った Bose のやつを体験してやっぱノイズキャンセリングのやつが欲しいとの気持ちが強くなったようだ)とのここで、SONY のやつを次女が買うのに付き合った。それから部活の合宿を終えた長女を迎えにって帰宅した。ちなみに長女は耳掛け型のヘッドフォンが欲しいようなのだが、種類が少なくて、これというのはまだ見つかっていないようだ。

入院中に『存在と時間』を読んだ流れで、この週末はハイデガーの『カントと形而上学の問題』の再読を開始。再読と言っても、前回読んだのは、大学院の時の自主ゼミだから、30年ぶりぐらいになる。ハイデガーの本を1冊ちゃんと読んだのは、確かこの本が初めてではなかったか。『存在と時間』からの流れで読むと、けっこう分かったような気になる。さて、これを授業でどう生かすかな。

18年03月24日 10時21分 着信

昨日の午前中に退院。自宅に戻ってゆっくりしていた。

入院中に注文してあった Bose のノイズキャンセリングのヘッドフォン、QuietComfort 35 を使っている。先に使った娘たちがすげ〜っと言っていたのがよくわかる。確かに、これはすごい。音楽に浸れる。自宅は比較的静かな環境だとは思うのだが、それでもノイズキャンセリングで違うのかということに驚く。ただ、時々 Bluetooth の接続が切れる現象が起きるんだよなぁ。

入院中にハイデガー関連の書籍を集中して読んでいたので、この流れで、4月からの看護学校の哲学の授業に備えて、ドレイファスのハイデガー論の影響を受けた看護論にあたっておこうかと考えている。状況行為論とか組織ルーティン論にも微妙に関係しているみたいだし。さて、どうなりますか。

退院したら通院して点滴になるのかと思っていたが、投薬だけで済んだ。来週は大学で溜まった用事などを片付け、授業の準備なども始めなければ。組織論が新年度からは通年開講に切り替わるので、先日終わったと思ったらまた始まるし、情報システムは最近の動向を確認する必要はあるし、と忙しい新年度になりそうだ。

18年03月22日 20時33分 着信

明日、退院する事になった。2週間の入院生活という事になったが、それほど長かったっけという感じがする。おそらく、後半は特に、毎日、同じことを淡々と繰り返す(朝、薬を飲んで、午前中に点滴、後は自由)だったからだろう。『存在と時間』は四巻の途中までしか読めなかったが、ここまで集中して読めたのは良かった。

新聞も読まず、ニュースサイトも読まず、もちろんテレビも見ない生活だったので、なんか世間から切り離されてしまった感じもする。

良くも悪くも、色々とリセットする事になった2週間ってところか。

18年03月20日 22時06分 着信

朝、薬を飲み、午前中に点滴。後はおとなしく過ごすだけ、という日々。症状はすっかり落ち着いた。黙々とハイデガーを読んでいる。こんなことでもなければ、じっくり通しで読むなんてことはなかっただろうな。

木曜日の検査次第だが、金曜日(卒業式の日なんだが、今年は出られない)には退院できそうだ。

18年03月17日 20時13分 着信

結局、『なぜ世界は存在しないのか』(今読んでるが、無茶面白くて刺激的)を読んでから、岩波文庫の『存在と時間』を来週はじっくりと読むことにした。

先週の土曜日に入院したので、ちょうど1週間ってところ。48時間連続の点滴、カテーテル、あるいは利尿剤で30分おきの排尿が24時間以上連続とか(おかげで病院の24時間がよくわかったけど)、いろいろとあったが、だいぶ落ち着いてきた。

3時過ぎに早めの風呂に入り、ベッドの上でぼーっとしてると、湯治ってこんな感じなんだろうなと思う。

18年03月16日 15時53分 着信

ちょっと片付けないといけない仕事があったのと、病室で読む本が無くなってしまったので、一時外出許可をとって研究室にやってきている。久しぶりに車の運転をすると、よい気分転換って感じだ。

さて、どの本を持って帰るかな。『存在と時間』をじっくり読むというのも悪くはないが……

18年03月12日 07時05分 着信

忘れないうちに記録しておく。

3月3・4日の週末は自宅でのんびりと過ごした。週明けは学生の相談やらあれこれ。この頃からなんとなくお腹が張る感じが。水曜日に臨時教授会。再試験中だったゼミ生の卒業が確定して一安心。金曜日は県立図書館運営懇話会。翌日の3月9日の土曜日、お腹の張りがすごいので、これは腹水がたまったかなと思い、朝から病院へ。エコー検査の結果、やはり腹水がたまっていた。また血液検査では肝臓・腎臓関係の数値が良くない。CTとレントゲンと心電図の検査もして(フルコースやなと思いながら)、診察の結果、即入院ということになったのだった。

最初、空いてる部屋が個室しかない(差額が1日8千円以上!)と言われて、どうなることかと思っていたら、通常の部屋が空いた(差額無しの4人部屋)とのことで、そこに入院することに。自宅にいったん戻って下着など必要そうなものを持って病院へ戻り、正式に入院となった。

18年03月10日 22時58分 着信

あらためて詳しいことはかくつもりだが、今日からしばらく入院することになった。やれやれ。