田中求之的日々の雑感

このページには福井県立大学・経済学部の教員である田中求之(たなか もとゆき)の日記のようなものが、新着順に並んでいます。このページに記されているのは、あくまでも田中求之の個人的な意見や感想です。田中の所属する組織や田中の公的な立場の見解ではありません。

21年05月06日 10時16分 着信

いい天気だ。

ようやく Conversations with Chester I. Barnard, by William B. Wolf の原文が手に入った。今日はこれをじっくりと読むかな。

21年05月06日 01時48分 着信

Yahoo オークションに PowerMacG4 1.0GHz Dual CPU が 1000 円からで出品されていて、おもわず入札しそうになる。まぁ、これ以上サーバを高速化してもほとんど意味がないし、今の安定している状態を変に変更しない方が良いし、もし今度サーバ環境を変更するならクラウド化だろうし…… と考え直して、見送る。 ……でも、このマシンで MacOS 9 をいじり倒したら楽しいだろうな。

21年05月06日 01時29分 着信

ふと気がつけば、入院してから、Mac の環境整備?に、あれこれと散財してしまったのだった。Adobe Creative Cloud、物書堂の辞書(特に Mac で辞書が使えるようになってから)、それを活用するための PopClip …… あと Alfred の Workflow の理解&作成も進んだし、GitHub や Visual Studio Code の使い方も少しこなれてきた。一段階上がったって感じなんだが、さて、それで? ってとこはあるな。

21年05月04日 05時38分 着信

アメリカのベライゾンがヤフーやAOLを売却というニュースが流れてきたが、AOL や Yahoo が、1ブランドとして売買の対象になる(それも現金化が目的)って、なんか20年前の自分に言っても信じなかったかもしれない。まぁ、AOL が日本で輝いて見えたのは、インターネットの普及直前の、パソコン通信時代の末期だったけど。2400ボーのモデムで CompuServe につないで、文字で流れてくるアップル関係のニュースやフォーラムの記事に夢中になっていた頃。

21年05月03日 15時17分 着信

選択した語句を辞書(物書堂の)で一発で開くために、PopClip というツールを購入して導入。選択したテキストを Slackのチャンネルやメモアプリに送り込んだり、Amazonで一発で検索してくれたり、色々と新たな機能が一気に追加されて満足。

21年05月03日 10時11分 着信

そうか、今日から6日まで、世間は休日だが、大学は通常通りに授業を行う日になっているんだ。もっとも、12日までは全授業がオンラインで実施なので、学生は自宅や下宿で、大学には来ていないだろうけど。

オンライン授業といえば、勤務校では Google Classroom などを授業で使うために、教員にも大学の公式の Gmail アドレスが配布されているのだが、そのパスワードの有効期限が間も無く切れるので更新しろというメールが、このところ連日、届いている(gmail だが、アカウントの管理やパスワードなどの認証は学内で処理している)。セキュリティのために頻繁にパスワードを変えるっていうのを今でも頑なに守り続けていることはさておき、問題は、パスワードの変更は学内 LAN に接続されている学内のパソコンからしかできないということ。入院中の自分は期限までの変更は無理。そもそも、きちんと手続きをとって休暇・入院中なのに、それをいっさい考慮しない、こうした機械的な変更や手続きの強制が他にもあることじたいがおかしいんだが。入院中の自分に、事務室に印鑑押しに来いというメールが来て、それは許すにしても(どうせ一斉メールで投げてるだけだろうし)、それができない状況の教職員への案内や配慮が、設定も案内もされていなくて、結局、自分からメールしかない(か、面倒なので放っておく)。まぁ、うちの大学の体制や人的リソースを考えたら、きめ細かな対応は望むべくもないので、しょうがないんだけど。たぶん、この手の、DX なんちゃら以前の問題ってあちこちにたくさんあって、それ放っておいて DX ですかぁ? はぁ? みたいな。やれやれ。

21年05月02日 11時46分 着信

病室でアップデートするという愚行に出た MacBook Pro であったが、今のところ、トラブルなしで使えている。インターフェースがまた変更になっていたり(iOSに寄ってる)、細かなところで違いはあるのだが、自分が使う範囲では特に関係ないかな。

Alfred から単語の意味を物書堂の辞書で検索できるようにした。

いいかげんにバックアップを取れよとシステムがうるさいのだが、もう1ヶ月ぐらいは無理だな。

退院したら、自宅の MacBook Air は Big Sur にあげるかな。父親が使っていた MacBook Pro は、確かもうアップデートできないはずだし。あと、研究室の他の Mac も最終更新版まではあげるかな。

21年05月01日 13時43分 着信

ちなみに、MacBook Pro は無事に Big Sur になり、物書堂の辞書もばっちり動いてます。っていうか、辞書アプリって、新規開発ではなくて、 iOS のを macOS でも動かすってやつだったのね。

21年05月01日 13時41分 着信

今年の自動車税の納税通知が届いたのだが、paypay であっさりと再払い完了。車検のために納税書が必要なのに paypay でいいのか? と思ったら、いつのまにか領収書の保管は不要になっていた。いつからそうなったんだろ?毎年払っているのに、全然、気がついていなかった。

21年05月01日 09時39分 着信

どうせ今日は『串かつの戦前史』をずっと読んでいるのだから、その間に、MacBook Pro を Big Sur に上げてしまうか、とふと思う。そうすれば物書堂の辞書が自分の Mac でも使えるようになる。大辞林と新明解国語と明鏡国語辞典と大辞泉のくしざし検索が可能になるんだぜ……

21年05月01日 07時05分 着信

『串かつの戦前史』 Kindle版が正式に公開されたので、今日はもっぱらこれを読みふけることになるかな。牛丼、焼き鳥とは経緯が違うようなので楽しみ。

『「暮し」のファシズム』、なかなかすごい本。「生活世界にしっかりと根ざしていればシステムの侵害から身を守れる」なんてのが冗談でしかないことがよくわかります(笑)。

21年04月30日 18時51分 着信

……ついに Adobe Creative Cloud の有料プランをサブスクライブしてしまった。さすがに年一括ではなくて、月ごとの支払いに。ただ、教育機関向けで契約できるので、相対的には安価とも言えるが。

とりあえず、Acrobat と Photoshop と InDesign と、フォントあたりかな。

21年04月30日 16時43分 着信

物書堂の辞書が Mac にも来た!って喜んで、さっそくインストールしようとしたら、macOS 11.3 (Big Sur) が必要って断れた……。このアプリのためだけにメインマシンの OS をアップデートするのは無理…… 新しい M1 MacBook Air を買うかなぁっとふと思った。

21年04月30日 03時57分 着信

東京バンドワゴンの新作を昨日読み終えた。今年の新作を、病室のベッドの上で読むことになるとは、思いもしなかったけどね。個人的には、これでGWがやってきたって感じである。

21年04月30日 03時56分 着信

4月も今日で終わりか。早いな。まもなく入院して2ヶ月になるが、それだけの時間をこの限られた空間の中で過ごしてきたという実感がない。

さて、5月はどんなことがおきるかな。

21年04月28日 13時55分 着信

マスクしていてもAppleWatchしてれば iPhone のロックが解除できるの、やっぱ便利だ。AppleWatch は Mac のスリープ/ロックの解除や TouchID の認証がわりにも使えるので、これしてたら認証系はたいして気にならない。便利である。

ずっと以前にアトラスという人体解剖の教材アプリを入手したことがあって、しばらくは色々と人体内の体験などを楽しんでいたのだが、いつの間にか使わなくなり、削除していた。で、ふと思い出して、先ほどダウンロードしてみた。データ量は無茶苦茶多いのだが、ちゃんと最新版になっていた。今の自分の痛みが激しいあたりを、このあたりかな?と見ていた。

21年04月27日 05時05分 着信

朝からOSのアップデート。macOS, iOS が無事に終わって、今、watchOS。これがすめば、マスクを着けたままでの iPhone のロック解除が AppleWatch でできるようになるはず。

21年04月25日 10時26分 着信

じっと横になったまま聴くのに良いかなと持ってSpotify を使い始めた。ストリーミングの音質も良くなったみたいだし。最初に自分のお気に入りのアーティストを何人か指定しておくと、それをもとに Mix を作ってくれるのだが、これがけっこうよくできていて、自分は知らなかったけど似た傾向のアーティストの曲がかかる。

もっとも、40度近い高熱で音楽すら聞く気にならない日々が続いているので、せっかくなのにまだ上手く使いこなせていない感じ。

21年04月22日 09時23分 着信

なにもする気が起きない状態が続いているが、Apple Event は生?ストリーミングで見た。iMac 久しぶりにカラー展開なんだ。まぁ、自分にはすぐには必要ないかな。

21年04月18日 06時49分 着信

念のため書いておくが、治療の経過などは、Twitter (@tanaka_uvj) の方にぽちぽち投稿するようにしている。自分のTwitter はブクログに登録した本(趣味で買った本)の読み終えたものを淡々と流していたものだが、治療のこととかその感想みたいなのも織り交ぜてツイートするようにようにした。この雑感のページと、Twitter とブクログで、自分の活動の記録はほぼカバーって感じかな。

21年04月18日 06時41分 着信

強い雨音にふと気がつく。入院して初の本格的な雨という感じ。今日は昨日持ってきてもらった本がたんまりとあるので、1日、こってりと読書かな。

古本で買った『バーナードとヘンダーソン』が2,000円だったのだが(定価は12,000円)、これがスリップも入ったままのほぼ新品では?という状態だった。読まれた形跡がないんで、たぶん新品のままではないかと思われる(しおり紐お出荷時に挟まれた位置にそのまま張り付いていた感じだし)。『バーナード経営学入門』も綺麗な本だった。なんか今回のバーナード古本買いあさりは、先日の Organization and Management も含めて、あたりが多いなって感じ。

21年04月17日 16時41分 着信

自分の作業なんかに Slack を使い込んでみることにしたので、ついでにあれこれ調べていたら、Slack の API を Node.js で利用するってのがあって、Node Slack SDK という丁寧な解説サイトまであった。これは突っ込んでいくしかないでしょう。

色々と古本が手元に届き始めた。プロジェクトの方もじわじわと進行させていく。とはいえ、まずは夢枕猾『白鯨』がこの週末のお楽しみ。

21年04月16日 09時03分 着信

深夜に目が覚めて、そのままニュースチェックや文献の読み込みをやって朝があけ、朝食をすませると、気が緩んでぽよんとなる。そういう時には、アニメを見るに限るということで、昨日は「ゴジラ S.P」の新エピソード(しかし展開が小気味良い)、今日は Twitter などで話題になっていた「スーパーカブ」第1話をみた。抑え気味の細かな描写が心地よいアニメだった。これも今後追いかける番組に決定だな。

21年04月15日 10時57分 着信

このサイトに載せてあるバーナード読解のページを著書を想定してまとめてみるというプロジェクトを開始したので、このところ、書いそびれていたバーナード関連の内外の書籍の中古本を買い漁っている。過去に買いそびれた本とか、飯野先生に借りて読んで自分では買ってなかった本などである。しかし、バーナード関連は出版在庫なし重版未定ってのが多いなぁ、いつもぼやいていることではあるが。ま、ネット探せば、状態さえ問わなければ、そこそこ安く買えるのが救いではあるが。

著書としてまとめるのであれば、現在のページを踏まえて批判的註解とするのがいいだろうが(翻訳文の現代?訳と、原書の記述の対照などを踏まえて、組織論として批判的に論じる)、一方で『経営者の役割』の教科書ガイドみたいな内容も悪くないよなぁとも思う。『経営者の役割』を買ってしまって途方に暮れている人に、少しでも役に立つような本。そういう本は、かつては『資本論』のような古典についてのコメンタール本みたいなので出てたが、最近は見かけなくなった。そっか、先日読んだケインズの『一般理論』の超訳が最近のものかな。光文社古典新訳文庫の作品もそれに近いものはあるが。いずれにせよ、聖典ではなく道具としてきちんと読み解くという感じでやっていきたいかな。

で、日本のバーナード研究の蓄積ぐらいは簡単に確認して踏まえておこうと古書を読み始めたわけだが、この蓄積の厚さはすごいよなぁと改めて思う。

21年04月14日 04時19分 着信

今週は連続で点滴が入っているのだが、左腕のやや手首よりのポイントに点滴のルートを設けたので、普段は左腕にしている AppleWatch を右腕に付け替えた。AppleWatch では、メッセージの入力といった凝った操作は行わない(せいぜいがアラームの時刻設定ぐらいか)ので、左から右に変更しても特に不便は感じないのだが、右腕に変更してから、バッテリーの減り方が遅くなったような気がする。きちんと記録して比べたのではないが、寝る前などに外すときに残量を見て、あれ?まだこんなに残ってるという感じがしたのだった。ふだん iPhone を置いてあるのはベッドの右側なので、iPhone と AppleWatch の距離がほんの少し短くなったのだが、そのせいではないと思う。たまたまのこと(通知とか電話などの処理が少なかった等)かもしれないし、なにより自分の勘違いの可能性もあるのだが、要観察ってところかな。

Apple が21日2:00AMからイベントを開催するとのこと。ストリーミングでライブ視聴できそうなので、カレンダーとイベントに登録。事前のリーク(噂)をみるかぎり、自分に関係ありそうな発表はなさそうだけど、さて。このところに入院生活で、Apple エコノミーの便利さ(Mac - iPhone - AppleWatch の連携と、AirPods Pro の快適さ)を改めて感じているので、なんか便利そうなものが出てきたら、夏のボーナスあたりで手を出してしまうかもしれない。もっとも、普段の自分の生活の中に iPad が出る幕なくなったので(初代、2代目共に、自宅で静かに待機状態が続いている)、iPad Pro あたりの話はパスだけど。

21年04月13日 08時41分 着信

昨日から『坊ちゃんの時代』をずっと読み続けて、先ほど5巻を読了。Oasis だと漫画を読むのはすこしきついな。内容は非常に濃くて、高橋源一郎の作品とかとも共鳴していて、楽しめた。

なんか勢いで Spotify の有料メンバーシップも申し込んでしまった。AppleWatch に現在演奏中の曲がちゃんと表示されるのも嬉しい。

日本の古本屋で購入した古本2冊(それぞれ別の店)は、いずれもカードの決済もすんなりと終了し、昨日のうちに発送されたようだ。

21年04月13日 06時35分 着信

Evernote のサーバが反応しないため、Web Clip ができない(同期中のままで終わらない)。毎日、朝一番に、ニュース記事などで面白かったものや授業に関連しそうなものは Evernote に Web Clip してるんだが、この機能がまともにうごかないと、自分にとっての Evernote の価値は全くなるくなると言っても良い。さて、いつになったら復旧するかな? ……そろそろ Evernote に見切りをつけるべきなのかもしれない。

21年04月12日 08時53分 着信

谷口ジローの漫画が予想通り素晴らしかったので、勢いで、Kindle 版『坊ちゃんの時代』全5巻を購入。ちょうど日経新聞でも夏目漱石の評伝小説が連載されているが、漱石はそれとはかなり描き方が違うようだ。『坊ちゃんの時代』を読み終えたら、青空文庫で夏目漱石の小説などを読んでみるかな。シェイクスピア、夏目漱石、カフカあたりは、いずれはきちんと作品を読んでみたいと思いながら、まだ果たせてない作家たちである。……いつのことになるやら、という感じではあるが。

21年04月11日 17時08分 着信

ちょっと古書でそこそこの値段で買えるなら買ってしまいたい本があって「日本の古本屋」を初めて使ってみたのだが、とりあえず横断的に検索がかかるのは便利。探していた本が見つかったので、注文してみた。さて、手元に届くまでのプロセスはどうかな?

21年04月11日 15時20分 着信

朝、家族が本を届けてくれた谷口ジローの『歩くひと』と『遥かな町へ』。漫画が2冊。明日からぶっ続けの点滴がまた始まるので、その期間にじっくりと味わいたい。

Apple Arcade のパズルゲームをいくつか遊んでいる。やっぱ広告が表示されないのは気持ちが良い。これまで遊んでいた、無料だが広告がうるさいアプリは消去した。そういや、過去にリリースされたアプリのメジャーなやつが、Arcade に移っていたことを初めて知った。Three! とか Blek とか Monument Valley とか。

21年04月11日 07時38分 着信

今日は、ちょっと気分転換に OpenJS Foundation のサイト (https://nodejs.org/, https://nodejs.dev/) のドキュメントを集中的に読んで、あとで気が向けば、AWS のガイドやチュートリアルの読み込みも行う予定。Github や VSCode なんかもぽちぽちいじりながら、プログラマー気分にひたる。

21年04月10日 15時39分 着信

NetFlix の動画を AirPods Pro で聴きながら観ていると、やっぱできれば空間オーディオで音響は味わいたいなと思う。4K HDR は自分にはとうぶんは関係なさそうだが(自宅で TV を全く観ないので、TV を 4K HDR に替える気はまったくない)、音声のドルビー対応はやって欲しいかな。しかし、色々な動画配信サービスが出てきたが、当たり前とはいえ、面白そうなのは独占配信になってる作品が多いんだよな。ビジネスだからしょうがないけど。

21年04月10日 10時38分 着信

病院内のATMで現金を引き出して、病院内のコンビニで固定資産税の支払いを済ませた。いったんpayapyにチャージしてから支払おうかとも考えたが、ま、ここは普通に納めておくかと現金で。入院してからコンビニの買い物はすべてpaypayで済ませているので、現金を手にしたのは久しぶりである。

固定資産税は口座引落しにしてもいいのだが、毎年、こんだけの税金を払っているのだということを自分で確認するために、自動車税とともに、そのつど支払うことにしているのだった。

21年04月09日 17時50分 着信

今日は書店開業の手引きみたいな文書を面白そうなので読んでいたのだが、やっぱ色々と難しいもんだなというのが正直なところ。もちろん、本屋を開く気などないけど。本屋よりも、自宅に倉庫を作りたいんだが、さて。

住宅ローンの償還完了通知が届いた。ふぅ。でも同時に固定資産税の請求書も。この後、車も来るんだよな。

21年04月08日 20時50分 着信

FANTASIAN の方は、最初の街でのイベントをこなして、次の場所へ移動するまえに、経験値とお金稼ぎのためにモンスターと戦ってる段階。ようやく色々なコマンドなどの操作方法などがわかってきた。しかし、視点(アングル)が勝手に変わる 3D には、やはりまだ馴染まないな……ゲーム用コンソールを繋ぐともう少し遊びやすくなるのかな? ……実は iPhone に Bluetooth で接続できる、コンソール&キーボードが一体になったもの(両端にジョイスティックやボタンがついたコンパクトなキーボード)を持ってたりするのだが(使うあてもなく、ただ面白そうなので買ったもの)、こいつの出番かな。

21年04月08日 20時42分 着信

Nertflix で配信が始まった「ゴジラ S.P 」、今週で第3話だけど、どっぷりと引き込まれている。この先が楽しみ。

21年04月08日 18時48分 着信

Organization and Manegement をぽちぽちと読んでいるのだが、こちらは比較的ストレートにバーナードが自らの思うところを語っていて、それはそれで面白い。しかし、なんでこれのペーパーバック版とかないのかなぁとは思う。まぁ、それをいうなら、翻訳の状況もなんとかならんかねぇ……

21年04月07日 12時50分 着信

このところ Kindle Unlimited で光文社古典新訳文庫を次々と読んでいる。久しぶりに読み返す作品(中身は新訳だが)から名前を知っていても、まともに読んだことはない(あるいは、小中学生向けのリライトのものを読んだことがある)ものを読んでいる。入院してから、『ロビンソン・クルーソー』、『梁塵秘抄』、『老人と海』、『方丈記』、『人間の大地』、『三酔人経綸問答』などを読み終わり、先ほど、『ロビン・フッドの愉快な冒険』を終えたところである。哲学思想関係の書籍も入手して読んではいるが、やはり文学・文芸作品が、特に体調がすぐれない時には読みやすい。複数冊になっている作品は Unlimited では1冊目だけなので、手を出さないつもりだが(だからロシア文学には手を出さない)、プルーストの『失われた時を求めて』の1巻だけは読んでみるつもり(これまで何度となく挫折してきた本なのだが、今なら読めそうな気がする)。

Fit の修理は今週中には終わるようだ。リサイクルのパーツなどを使って、凹んでたバンパーなんかを一式交換したようだ。仕上がりが楽しみだが、自分が運転できるようになるのは、まだずいぶんと先のことになる。

21年04月06日 05時50分 着信

以前にアップルのサブスクリプションは Apple ONE に変更したので、Apple Arcade のゲームも遊べるようにはなっていたのだが、これまで遊んだことはなかった。ちょっと前に FF の元開発者たちが Arcarde に FF 的な RPG をリリースしたことがニュースで流れてきていて、ちょっと気になっていたのだが、まぁ、手を出すと時間を吸い取らせそうなので、いずれ読むものが無くなって困るような事態になれば始めるか、などと思っていたのだが、昨夜(というか今朝かな)、夜中の1時に目が覚めてしまって、ぼ〜っと Twitter を見ていると、そのゲームに関するツイートが流れてきて、それに導かれるままに、Apple Arcade の FANTASIAN のプレイを始めてしまった。坂口博信氏が制作、音楽は植松伸夫氏とくれば、じたばた抵抗しても時間の無駄だとは思っていたが、FF6 あたりの感じで作られているとのコメントにど〜んとやられた。自分がプレイした FF は、FF I 〜 FF VI なので、PlayStation に行って、なんか違ってしまったなぁと手を引いた、あの手前の感じがあるならと思ってしまったのである(キャラが 3D なのはしょうがないけど)。……これで病院で時間を持て余すことは、とうぶん、なくなったかな。

昨日は、アマゾンの Prime Video で「蜂蜜と遠雷」を観た(レンタル)。悪く無かったし、楽しめたが、あの原作を映画化したものとしては、自分としては不満が残るものだった(完全な映像化などは無理だとわかっているけど)。でも、演奏シーンの情感の盛り上がりは、やっぱ映像と音楽ならではだった。

21年04月05日 12時29分 着信

LG Electronics がスマホから撤退か。このところずっと噂はあったので、たぶんそうだろうとは思っていたが。スマホは使ったことないが、Wi-Fi ポケットルーターは LG のを使っていたので、ちょっとだけ馴染みがあったりする。

21年04月05日 09時49分 着信

昨日届けてもらった『トミー・リピューマのバラード』を、昨日の夕食後に読み始めたら面白くて止まらなくなって、最後まで読み切って、気がついたら3時だった。

トミー・リピューマの名前で自分の記憶にあるのはボブ・ジェームス&デイヴィッド・サンボーンの「ダブルヴィジョン」とかマイルスの「TUTU」なんだが、どっちも本の中に出てきた。ボブ・ジェームスとサンボーンって、けっこう昔から共演してるので、仲が良くてこのアルバム作ったと思ってたのだけど、リピューマが仕掛けて、二人はそれほど乗り気じゃなかった(へんに張り合ったりした)ということか、TUTU でマーカス・ミラーがプロデュースしたのも、マイルスが指名したのではなくてリピューマの提案だったとか、色々とそうだったのか!というエピソードがあって、面白かった。

21年04月04日 12時49分 着信

雨がしとしと降り出した。入院してから雨だった日が無かったように思うのだが、どうだったっけ?

バーナードの Organization and Management の 1952年 print のものを入手した。もちろん古本なんだが、アマゾンのマーケットプレイスで状態は良ということで購入。届いたをざっと見たところ、書き込みや汚れもなく綺麗である。さて、まずはこいつをじっくり読み込んで、研究室に行けるようになったら電子化だな。飯野先生がこの本の翻訳の監修作業をしている時に、手伝いで原稿と照らし合わせながら原文を読んだのは、もう30年以上前か。

そういや、今年は仮面ライダー50周年とか。自分は V3 までしか見ていない。同時期のものだったら、キカイダーの方が好きだったかな。どっちも石森章太郎だけど。

「銀の匙」の画集も届いたので、久しぶりに「銀の匙」の世界に浸っていたのだが、やっぱ大学編をもう少し描いて欲しかったなという気持ちはある。

21年04月02日 10時27分 着信

AppleTV でビデオを二本続けてみた。いずれもレンタル。細野晴臣のドキュメンタリーである「No Smoking」と、OED 誕生秘話を描いた「博士と狂人」。AirPods Pro で視聴したので、音声は空間オーディオなんだが、改めて思ったのは、iPhone の画面で映画を見ているときに、音が頭にこもらないのは楽ということ。会話などの音声は手に持った iPhone から「聞こえ」、背景音や音楽は、病室全体とまではいかなくても、ベッド周辺に展開して広がって「聞こえる」ので、イヤフォンで聞いてるという感じがしなくなる(外音取り込みモードで使っている)。何気にこれはすごいわ、と改めて思った。

21年04月01日 05時49分 着信

損保会社から修理費用の見積もりの連絡。修理費が30万を超えるようなので、全損扱いになるとのこと。もう13年乗ってる Fit なんで、車両時価額がかなり低く、いわゆる経済的全損ってやつだな。まぁ、しょうがないか。

4月である。新年度を入院して迎える。

21年03月31日 07時00分 着信

そうそう、今年も4月末には出るだろうと調べてみたら、やっぱそうだということで、小路幸也の東京バンドワゴン・シリーズの新作の予約をした。三体の新刊と時期的にはいっしょになるのかな。さて、どこで読むことになるのやら。

21年03月31日 06時56分 着信

もう3月も終わるのか。病室で過ごしていると気温の変化などがないので季節感といえば窓越しの景色の変化と、日の出・日の入の時間の移り変わりぐらいだが、それでも春というか夏に向かっているのは感じる。

21年03月30日 15時23分 着信

電子書籍に関する電子書籍(『電子書籍2020 本の在り方は変化する』萩野正昭)を読んでいるのだが、その中で触れられていた電子書籍に関する論点のうち、自分のこのサイトのページなんかも含めて、ネットのコンテンツの保存というのは、大きな課題だよなと思う。書籍であれば、本という物理的な存在になるため、作者の意思を超えて残っていく可能性があるが(たとえ誰に気がつかれることもなくどこかの倉庫の中に眠り続けたとしても)、ネットのコンテンツは、自分が管理しつづけていても消失のリスクはあるし、まして自分の意思でコントロールできなくなったら、消滅するのは間違いない。まぁ、それでいいのだという感じもするのは事実だが。

しかし、ボイジャーのスタック版なんかをいじっていた頃が懐かしいな(スタック版はむちゃ重くて使い物にならなかったけど)。

21年03月29日 17時04分 着信

今日は曇りだと思っていたが、これって、もしかしたら黄砂なのか?!

21年03月29日 17時03分 着信

長女が事故を起こした Fit は、今日、修理工場に入って、先ほど、修理見積もりが30万を超えそうだとの連絡。この後、精査の上で正式な修理見積もりが出てくるが、さて、どうなるかしら。

21年03月29日 16時07分 着信

ぼんやりとした天気。

なんか3月の忘れ物的な感じの日。しかし、もう4月か。早いな。病院の窓からの風景の中に、あちこちに忘れられたように植っていて咲いている桜が目につくようになった。毎年書いている気もするが、この時期、こんなところに桜が?という木が、年に一度の全面的な自己存在アピールをしているのを見るが好きだ。

ネットのニュースや Twitter をみていると、普段は地域などの差異が目についてそれが面白かったりするのだが、年に一度のこの時期だけ、ソメイヨシノという共通する人工種(クローン)で全国が塗りつぶされる(抽象的・仮構的共通平面の具象化?)の、考えて見れば、シュールだよな。

21年03月28日 16時51分 着信

14:30から16:00まで停電。電源には2系統あって、医療機器などを使う方は停電なしだが(自家発電かな?)、通常の照明やエアコン、あるはベッドのリクライニングなど、すべてが停止。エアコンなどが止まったことで、病棟が静かだった。自分は黙々と Kindle で『ロビンソン・クルーソー』を読んでいた。ジュブナイル版とかは読んだ記憶はあるのだが、きちんと正式なやつを読むのは初めてなんだが、主人公の悶々とした内面の話なんかは、確かにヤングアダルトでもどうかな?という内容だな。

21年03月28日 09時29分 着信

日曜日。朝から雨。3月最後の日曜日か……

午後に2時間ほどの停電があるらしい。念のため、いろいろなものを午前中のうちに充電しておくことにしよう。

Kindle Unlimited に光文社古典新訳文庫の本が数多く登録されているのに気がつき、これまで登録したやつを全部解除して(読み放題とはいいながら、一度に10冊までしか登録できないのだ)、10冊分、すべてを光文社古典新訳文庫にした。『リヴァイアサン』とか『君主論』あるいは『ロビンソン・クールソー』など。何冊かに分かれているものは、第1冊が Unlimited で、残りは通常の商品になっているのだが、それでいいやと、カントは『純粋理性批判』、『実践理性批判』の各1冊目を。マルクスの『賃労働と資本』も。Oasis に並んでいる本が、そうそうたる顔ぶれって感じだ。

21年03月27日 11時51分 着信

病院の窓からも桜に気がつくようになってきた。一気に世間では春が降ってきたようだ。

iOS, watchOS のアップデートが出ていたので、アップデート。特に問題もなく完了。

そういや、一昨日、次女の吹奏楽部の定期演奏会の YouTube ストリーミングをみた。会場に持ち込んだビデオカメラの映像と音声をそのまま流しているという感じではあったが、なかなか楽しめた。映像はコマ落ちしていて、音声も途切れることも多々あり、演奏会を楽しむと言うよりは、演奏会に出ている娘を観察するものではあったが。

ただ、たとえば、オンラインの授業がこのレベルの質だったら、受講する学生には苦行でしかないだろうな。

今日は空海に関するドキュメントを読んでいる。ちょっと前に空海の「哲学」って面白そうだなと少し首を突っ込んだことがったのだが、あれっていつの話だったっけ?と調べてみたら、ちょうど1年ほど前だった。そうか、もう1年か。小中高の休校に始まって、コロナ対策に振り回され始めた頃だったか。