Web共有で EasyBBS++ を使う方法


基本的には、Web共有のルートフォルダー(ページを入れておくフォルダー)にEasyBBS++を入れておけば使えるようになります。

インストールしたままでWeb共有を動かすと、起動ディスク上のWebページというフォルダーがルートフォルダーとして選ばれているはずです。たとえば、以下のような設定で動かした場合…

Web フォルダの項目に書かれている(指定している)フォルダーがWebのルートフォルダーになりますので、上の場合、Plexus というディスクのWebページという名前のフォルダーが、Webのルートフォルダーになります

このフォルダーの中にEasyBBS++のセットをインストールします。といっても、ダウンロードしたものを解凍して入れておけばいいだけです。ただ、アクセスの際に少しでも問題が起きないように、解凍した後に、フォルダーの名前から++を削っておきます。

easyBBSフォルダーの中の bbs.acgi をダブルクリックして起動します。

これで準備完了です。ブラウザで以下のように

http://your.host/easyBBS/bbs.acgi

にアクセスすれば、会議室のトップページにアクセスできるはずです。あとはeasyBBSをカスタマイズして、ご自分の会議室を作ってください。

他の CGI を利用する場合でも、MacHTTP 互換の CGI を、ルートフォルダーに入れておけば使えるはずです。