このページは福井県立大学の田中求之が2006年1月まで運用していた Mac のサーバ運用に関する会議室 「Web Scripter's Meeting」の記録です。情報が古くなっている可能性がありますのでご注意ください。

ASIP 6.3を使用するとフォルダ内のファイル数が減少してしまいます

発言者:わたやん
( Date Thursday, December 02, 2004 02:32:19 )


皆様お世話になります。
PowerMac G4 (Digital Audio) 533MHz にメモり640MB、AppleShare IP 6.3.3
という構成でファイルサーバにしているのですが、外付けのFireWire HDD 320GB
の中に、1万点以上の画像ファイルが1フォルダに入っているものがあります。

カタログ流し込み用の実画像データなのですが、支給データで日々増えていると
いうことと、同じファイル名のものは新しく支給されたもので上書きしていくこと
から、管理上一番楽なので、1フォルダにまとめています。

ところがなぜかASIPを起動させると8,191点しか認識しません。(違う点数の場合
もあったのですが、ほとんどの場合この点数でした)
で、ASIP をオフにして起動すると、正しい総数12,045(現在)を表示するし、
フォルダを開いた(フォルダ内のファイル数が表示された)まま、再起動を選ぶと、
前述の8,191点からゆっくりと点数が増えてゆき、12,045点に戻ったところで、
再起動されるといった具合です。

また、再起動時に該当HDDのデスクトップの再構築を行うと、再構築の終了の
タイミングがASIPが完全に起ち上がるのよりも後になり、その場合、一応12,045点
認識するようになります。一応、と書いたのは、そのフォルダの開閉をしていると
いつの間にか8,191点に戻ってしまうことがあるからです。

「1つのフォルダにこれだけファイルを入れるのはあんまし良くないのだろうなあ」
と思いつつも、確か1フォルダのファイル数の上限は32,767だったので、「まだ
まだ大丈夫」とも思っていたのですが...ちなみにボリューム内のファイル
総数は、3万7千ほど、これも上限の65,536にはまだまだと思っていたのですが。

どなたか、原因、解決策をご存知でしょうか。

しあわせのツボ さんからのコメント
( Thursday, December 02, 2004 11:55:04 )

表示上カウントがおかしいだけで、全てのファイルにアクセスできるのであれば
問題はないと思います。
# 1フォルダに400以上入れたことがないので、本当に大丈夫かは責任をもてませんが…
ちょっと気持ち悪いものの、OS 9ではよくあることです。(苦笑)
症状からすると、OSの問題ではなくASIPが悪さをしているように見えます。

ところで、64Kファイル/ボリュームの制限は旧HFSの仕様で、HFS+では
理論上4Gファイルまで収めることができます。
まさかとは思いますが、そのボリュームはHFSですか、HFS+ですか。
うちの会社では「何で160GBのHDDがHFS標準でフォーマットされてるんだよ!」という
信じ難いことがよく起こってて、泣けます。

わたやん さんからのコメント
( Thursday, December 02, 2004 15:57:35 )

しあわせのツボさん、コメントありがとうございます。

いえ、カウントの問題だけでなく、8,191点表示の場合は、残りの3千点ほどはアクセス
できなくなります。検索しても出てきません。ただ、上記のようにASIPを切ると、
普通に使えるんですよ。不思議なことに...

1ボリュームあたり64Kファイルというのは、以下のページ「AppleShare and AppleShare 
IP File Sharing: 制限の一覧」にある「ボリュームあたりの最大ファイル数」の情報をもとに
しました。これはおそらく、ファイルの収納可能数とは別に「共有可能」数がそれだけに
制限されるということだと思うのですが。どちらにしろ、少ない方にも達してないので、
それが原因ではないと思っているのですが...

ちなみにフォーマットはHFS+です。

→  AppleShare and AppleShare IP File Sharing: 制限の一覧