このページは福井県立大学の田中求之が2006年1月まで運用していた Mac のサーバ運用に関する会議室 「Web Scripter's Meeting」の記録です。情報が古くなっている可能性がありますのでご注意ください。

MacOSのWebサーバーの不調

発言者:Roadster
( Date Tuesday, October 12, 2004 17:45:45 )


PowerMac7200/120、MacOS8.6でQPQ(2.1.3および2.0.1)を使ったweb serverとNetPresenz4.1Jを使ったfile serverを動かしています。

全部、仲間うちでの交流用ですので、パスワード・プロテクトで使用しています。

ADSLで接続している時は、問題がありませんでしたが、最近TepcoひかりのFTTHに
変えたところ、QPQが落ちたり、OSが落ちたり(画面が黒くなる)するようになりました。QPQのバージョンを下げてみても駄目でした。FTPの方は問題がないようです。

LAN内で、アクセスして画像をダウンロードしている最中に落ちることもあります。

NICは内蔵とカニさんマークのボードの両方とも使ってみましたが、直りませんでした。後は、OSを変えることを考えています。

ご相談は、OSを変えたら直る可能性があるかどうか? (8.1または7.5あたりにするか、9.2あたりにするか、どちらが良いでしょうか?)

ヒントでも結構です。教えて頂ければ有り難いです。

石津@RJC さんからのコメント
( Tuesday, October 12, 2004 23:11:23 )

ひょっとして初代CR-Xに乗っていたRoadSterさん?

QPQには不審なlogは残っていませんか?
特にないようならネットワーク周りの負荷やトラブルかもしれませんね。
MacはDoSなどのサービス不能攻撃の影響を受けやすいので、低い
バージョンのOSよりは9.1以上にされることをおすすめします。

ネットワークのアクセスを調べる方法もありますが、WinやUNIX系の
別マシンが必要か、EtherPeekみたいな高いソフトが必要になるので
とりあえず9.1以上に上げてみてはどうでしょうか?

Roadster さんからのコメント
( Wednesday, October 13, 2004 00:33:34 )

石津@RJCさん、コメント有難うございます。
私は、RoadsterでもSR311(フェアレディ)に乗っていたものです。

MacOS9.2.2を持っているので、それに変えてみます。

LANからのアクセスでも落ちることは、FTTHに変えたせいではないかも
知れません。ここの過去ログを検索していたら、QPQ2.0は大きな画像を送りだす際に、途中で転送が打ち切られてしまうというバグがあると書いてありました。QPQのバージョンを変えるのもやってみます。

logの設定がおかしいのか、10数行で古いのはどんどん消えていきますが、
不審なのは気が付きませんでした。

石津@RJC さんからのコメント
( Wednesday, October 13, 2004 03:12:22 )

すいません、人違いでしたね。

OSをアップグレードしても問題が起きる場合にはIntegoのNetバリアか
ノートンのインターネットセキュリティなどのファイアウォールソフト
を入れた方がいいかもしれません。
接続されたlogを残せるので問題解決の手助けになります。
オススメはNetバリアの方ですが、まだOS9版は入手できるのかな...?

今井真人 さんからのコメント
( Wednesday, October 13, 2004 06:37:21 )

IPNetSentry
http://www.sustworks.com/site/prod_ipns_overview.html

というのもあります。

たまちゃん さんからのコメント
( Thursday, October 14, 2004 20:02:39 )

> オススメはNetバリアの方ですが、まだOS9版は入手できるのかな...?

Intego 本社の方では販売しています。デモ版も入手可能でした。

https://www.intego.com/buynow/

いながき@宇部 さんからのコメント
( Tuesday, October 19, 2004 10:32:37 )

もう解決されているかもしれませんが、QPQが落ちる、
ということについて、下記記事は参考にはならないでしょうか。

→  http://mtlab.ecn.fpu.ac.jp/webcon.mtxt$040411152022.html

イッシー さんからのコメント
( Wednesday, October 20, 2004 01:21:16 )

QPQが落ちるとのことですが、
【1】QPQの再インストールは済ませてある。
【2】LANケーブルの劣化やプラグの差し直し、又は別のケーブルに
変えてみる
【3】Macの問題だったとしてPRAMのクリアー
【4】クリーンな状態に近いOSでQPQを利用しているか
又はほかにバックグランドで動いているアプリ(機能拡張含む)
等は無いか?
【5】初期設定ファイルがQPQ以外のものも含め破損していないか
Open TransportやTCP/IP関係の初期設定ファイルを一度ゴミ箱へ
捨てて設定をやり直してみる

【6】MTU変更ツールを試してみる。OTAdvancedTuner等

等はチェックされましたでしょうか?
あと別のマシンが在ればそちらにQPQをインストールしてみてQPQ
の挙動を観察してみるというのも手かもしれません。

関係ないと思いますが、
windowsでよく聞く話ですがADSLやダイアルアップで問題なく接続
できていたのにFTTHに加入したら接続状態が安定しなくなったとの話
を聞きます
原因はというとよくわからないです。
NICの性能やOSのMTU値にも関係してそうですが確実な原因は不明です。


あとOS9等では初期設定ファイルを捨てればTCP/IP関係をクリアーに
出来ますがOSXの場合ってどうなんでしょう?
TCP/IPのトラブルでWindowsの様にIPアドレスの書き換えや解放を
ターミナルで出来るのでしょうか?まだ問題は起こってないですけど
(コメントのつもりが最後に質問になりました)


森下 さんからのコメント
( Wednesday, October 20, 2004 08:34:59 )

書き換え方法は複数あるでしょうが、
システム環境設定のネットワークで、
新しい場所を作ればクリアになるでしょう。

現実問題として、OS9時代に初期設定ファイルを捨てて
回復させていたような状態に、TCP/IP関係がトラブルと言う
状況自体、あんまり考えにくい気がします。
よしんばそのようなトラブルが起こっても、
他のアプリケーションを道ずれに落ちることはないでしょう。

それとMTU値ですが、(今のXPはどうか知りませんが)、
Windowsはもともとこの値が固定されており、
だからそれを調整する必要が生じる場合があるのですが、
OS9までのOpenTransportは、上流のルータと相談して、
最適値に設定されるようになっています。
つまり、デフォルトでは固定されていないのです。
ですから、上流側のルータがタコで話にならない場合を除いて、
特に手動で設定する必要はあまりないと思いますよ。

ちなみに、Mac OS Xを含め、現行のUNIX系、LINUX系のOSは
たいていMTU値は自動で最適値になるようになっていると思います。

イッシー さんからのコメント
( Friday, October 22, 2004 02:48:24 )

>システム環境設定のネットワークで、
>新しい場所を作ればクリアになるでしょう。

なるほどOSX場合はそうでしたね
旧Macが体と頭に染み込んでいて、初期設定ファイルを捨てて
設定をクリアというのが常套手段になっていました。

Roadster さんからのコメント
( Monday, October 25, 2004 20:11:37 )

しばらく留守をしている間に、いろいろコメントを頂き有難うございました。

LAN内部や、外部から、自分自身でアクセス中に止まってしまうので、ネット
ワークに関係したハードのトラブルかと思い、NICは内蔵と変えて調べて
見ましたが、LANケーブルの劣化やプラグの挿入不具合などは未だやって
いません。

ここ1週間ほどは落ちていませんので、もうすこし様子を見てから、対処して
見ようかと思っています。

その他では、PRAMクリアはやりましたが、OSのインストールし直しは、
ファイル類の保存に手間が掛かりそうで、やっていません。OSは、8.1から
8.6にアップしたと記憶していますので、クリーンな状態のものではありま
せん。