このページは福井県立大学の田中求之が2006年1月まで運用していた Mac のサーバ運用に関する会議室 「Web Scripter's Meeting」の記録です。情報が古くなっている可能性がありますのでご注意ください。

xserverでのwebdav/XPの接続障害(再)

発言者:zero
( Date Thursday, September 09, 2004 00:41:46 )


前回、こちらで質問させて頂いたのですが、その後、状況が変わらないため、追加の情報を
交えて相談させてください。

xserverでのwebdavなのですが、保護領域で全員にブラウズという形であれば、アクセス
できますが、ユーザーを作成(この場合はuser1)して、そのユーザーに許可してもXPから
下記ログのようにアクセスができません。

192.168.0.18 - 192.168.0.20\\user1 [08/Sep/2004:16:18:32 +0900] "OPTIONS / HTTP/1.1" 401 481

[Wed Sep  8 16:18:19 2004] [error] [client 192.168.0.20] Authenticating using checkpw failed, trying legacy method

XPですので、具体的にはマイネットワークからWEBフォルダを使用するのですが、ユーザー名にuser1、パスワードに設定値を入力してもサーバー名\user1で再度パスワードを要求され、アクセスできません。保護領域とwebの公開フォルダは同一なので、ブラウザでアクセスした場合もユーザー名とパスワードを要求されますが、不思議なことにこちらは正常に閲覧することができます。

もちろん、OSXのmac上からは、設定したユーザー名とパスワードでwebdavにてアクセスできます。

恐らくXP側の問題だと思いますが、対処法をご存知の方はいらっしゃらいないでしょうか?

sai さんからのコメント
( Thursday, September 09, 2004 11:32:55 )

XServerを使っていないので詳しくありませんがちょと調べたところ
 Authenticating using checkpw failed, trying legacy method
というエラーメッセージはmod_auth_appleというモジュールが吐き出しているようです
一般的なmod_authを使ってみてはということでは?
でもmod_authとmod_auth_appleとではユーザ認証情報の持ち方が違うのかもしれませんが..


→  参考

zero さんからのコメント
( Thursday, September 09, 2004 19:34:44 )

saiさんありがとうございます。ご指摘を参考にapple_auth_moduleではなく、anon_auth_moduleというモジュールを使用してみましたが、やはりユーザーを設定すると
アクセスできません。また、こちらのモジュールの場合、OSXでも同様にアクセスできません。
エラーのログは変わり、XP/OSXとも下記のようなものになります。

222.146.157.1 - user1 [09/Sep/2004:18:59:25 +0900] "OPTIONS /test2/?charset=X-
MAC-JAPANESE HTTP/1.1" 302 291

[Thu Sep  9 18:59:25 2004] [crit] [client 192.168.0.20] configuration error:  couldn't check
 user.  No user file?: /test2/

UNIXに関しては知識がほとんどなく、手探りでやっているのですが、そもそもはじめに書きまし
たようにデフォルトに近い状態でも不具合が出るので、同じ症状を経験された方もいると思ったの
ですが。

よ〜ちゃん さんからのコメント
( Friday, September 10, 2004 05:52:43 )

FAQでは無いですよね?

・「ワークグループマネージャ」の「アカウント」「詳細」のパスワードタイプが
 オープンディレクトリになっていない。(または、パスワードサーバが稼働していない)

・「ワークグループマネージャ」の「アカウント」の基本、ユーザー名のエイリアスに
 「サーバー名\user1」を登録していない。

の二点は大丈夫ですか?

sai さんからのコメント
( Friday, September 10, 2004 11:17:45 )

>anon_auth_moduleというモジュールを使用してみましたが
anon_auth_moduleは匿名アクセスの認証を行うモジュールのようです。
mod_authはApache標準のBASIC認証を行うモジュールです。
Xserver10.3ではダイジェスト認証を採用しているようなので本当は
mod_auth_digestを使うべきなのかもしれません。

>UNIXに関しては知識がほとんどなく、手探りでやっているのですが
Apache標準の認証モジュールを使うとX Serverのユーザー管理と
連動できなくなりそうなので、ちょっと面倒なことになるおそれがある
のでやらない方がいいかもしれません。

解決方法ではありませんが、Windows XPで動くWebDAV準拠のクライアントソフト
TeamFileなるものを発見したのでこれでやってみてどうなるかというのも何かのヒントに
なるかもしれません。シェアウエアですが30日の試用期間があるので試せるのでは...





→  WebDAV準拠 クライアントソフト

zero さんからのコメント
( Friday, September 10, 2004 14:41:48 )

エイリアスはログを見て192.168.0.20\\user1と設定していました。
192.168.0.20\user1に変更したら、正常にアクセスできました。結局はXPのパスワードの送信
方法に合わせて、エイリアスで別名設定すればよいということなのですね。今回の件、ケアレスミスに近い形であり、助言頂いた方々に大変申し訳ないと思っています。マニュアルなどにも載せて
てよいのではとは思いましたが。

ただ、自分一人では気がつかなかったというのが事実ですし、XP特有のパスワード送信方法やター
ミナルも色々と勉強できたので、大変良かったと思います。助言頂いたzeroさんとよ〜ちゃんさん
にお礼とお詫びを申し上げます。ありがとうございました。