このページは福井県立大学の田中求之が2006年1月まで運用していた Mac のサーバ運用に関する会議室 「Web Scripter's Meeting」の記録です。情報が古くなっている可能性がありますのでご注意ください。

EIMSを利用して。

発言者:docs
( Date Tuesday, August 24, 2004 19:57:15 )


初めまして。docsと申します。

最近携帯への迷惑メールが増える中で、以下の様に出来ればいいなと思い、
リストサーバ等と併用でどのようにしたら実現出来るのか、皆様のお知恵を
お借りしたく思いました。

EIMSで一つアカウントを作るとします。例)hp@xxx.co.jp
このアドレスにメールを送信すると、携帯電話側へメールが転送される
のですが、普通の転送ではなく、携帯側からhp@xxx.co.jpのアドレスだけ
を許可したいのです。

つまり、送信元アドレスが、一度第三者のアドレスからhp@xxx.co.jpになり
携帯電話へ届くという感じです。
さらに、reply-toに元の送信者のアドレスが入れば問題ないのですが。。

これを実現しようとすると、EIMS+リストサーバ(Macjordomoを考えています)
で可能でしょうか?またはどのように設定すれば出来るようになるでしょうか?

環境はOS9.2.2でEIMSを走らせております。

どうか、ご教示お願いいたします。



たまちゃん さんからのコメント
( Tuesday, August 24, 2004 22:51:05 )

Macjordomo のことはよく知りませんが,Open discussion list で
Reply To を Original Sender にすればご所望のことはできるんでは
ないかと思います。

ただケータイへの迷惑メールが減るのとどう関係するかは私には分
かりません。

森下 さんからのコメント
( Wednesday, August 25, 2004 00:43:31 )

> ただケータイへの迷惑メールが減るのとどう関係するか

多分、ご自分の携帯側でhp@xxx.co.jpのみ受け取る、あとは拒否と設定されるものと思います。

docs さんからのコメント
( Wednesday, August 25, 2004 00:45:45 )

レスありがとうございます。

前の説明が分かりづらかったですね。
詳しく言うと、fromの欄がメーリングリスト用のアドレスで届き、reply-toが送信元のアドレスで
届くような状態にしたいということでした。

携帯電話のキャリアはvodafoneなのですが、fromの欄のアドレスで指定受信することが出来、
hp@xxx.co.jpだけを許可しておけば、その他のアドレスからのメールは全く届かない状態に
出来るからです。
この状態にし、reply-toに元のアドレスが入っていれば、誰から来たメールかアドレスで判断すること
が出来るので、迷惑メールが一切こない状態になると思います。

早速Macjordomoで、そこらへんの設定を見つけreply to:をLISTかOriginal Senderにする設定が
あったのですが、

LISTにすると、fromが設定されたメーリングリストのアドレスで届いてしまい、
Original Senderにすると、fromが送信元のアドレスで届いてしまいました。
どちらもreply-toはfromと同じアドレスになってしまいます。

これでは意味がなくなってしまい、なんとかfromをメーリングリストのアドレス、reply-toを送信元
アドレスにしたいのですが、他のリストサーバでは可能なのでしょうか?

どなたか、こうすればいけるんではないか?と分かる方はいらっしゃいませんか?

たまちゃん さんからのコメント
( Wednesday, August 25, 2004 10:11:55 )

Moderated list にすればどうなりますか。結果を教えてください。

docs さんからのコメント
( Wednesday, August 25, 2004 18:35:36 )

こんばんは。助言下さりありがとうございます。

結果から先に申し上げますと、無理でした。
というのも、勘違いしていた部分があり、vodafone自体の受信設定で、reply-toが有効になる設定が
あるのですが、fromかreply-toのどちらかしか表示は出来ないという事になっておりました。m(__)m
送信時の設定にはreply-toを有効にする設定があり、fromで通知、返信時にはreply-toを参照する
ようになっていたので、vodafone端末以外からの受信時にもこうなるとばかり思っていました。

さて、moderated listですが、上記が発覚する前、後とPCを受信側にしてどのような状況か改めて見てみたのですが、やはり、reply toの設定をLISTかOriginal Senderにするかの設定が効いてしまい、
Open discussion listと同じ結果になってしまいました。

結局vodafone自体がそこまで対応出来てないというのもありますが、リストサーバでreply-toに送信
元アドレス、fromにリストアドレスという、本来とは逆の状態にするのは、リストサーバの本来の機能
から見ても、意味がないような設定と思われるので、結局どちらにしろダメだったということですね。

いろいろお知恵を貸していただくことができ、成功ならずともリストサーバの仕組みがよく分かりまし
て、本当にありがとうございました。

結局、受信拒否アドレスに迷惑メール業者のアドレスを入れても、ランダムに生成されるアドレスなの
で意味を成さず、逆に受信許可アドレスを全て設定しましたが、今日の迷惑メールの多さには呆れ返る
ばかりです。

森下 さんからのコメント
( Wednesday, August 25, 2004 20:39:10 )

うちでは以前、自前で組んだPerlで、相手のアドレスを本文の先頭行に付加して転送してました。
ただ、Mac OS Xなので、Mac OS 9のMacPerl環境で動くかは不明です。
UVJMailerなどを使って、AppleScriptで組んじゃうのも悪くないと思いますよ。

docs さんからのコメント
( Thursday, August 26, 2004 00:46:38 )

どうもレスありがとうございます。

なるほど。perlでそういう処理をしていたのですね。perlは自分は見て、なるほどというくらいの
スキルしかないので、骨を折りそうですが、Apple Scriptなら多少はまだ馴染みがあるので
やってみたいと思います。