このページは福井県立大学の田中求之が2006年1月まで運用していた Mac のサーバ運用に関する会議室 「Web Scripter's Meeting」の記録です。情報が古くなっている可能性がありますのでご注意ください。

RealBasicとQuark

発言者:sy
( Date Tuesday, July 27, 2004 14:49:01 )


RealBasicでQuarkのボックスサイズを変更できるプログラムをくんだのですが、フローティングウィンドウのエディットフィールドにテキスト入力ができません。Quarkのほうに入力がいってしまうようです。テキスト入力をできるようにすることはできませんか?

通常の実行時は入力可能なのですが、ビルドすると入力できなくなってしまいます。また、フローティングしなければできるのですが、Quarkが非アクティブになり毎回切り替えて使用しなければなりません。

田中求之 さんからのコメント
( Thursday, July 29, 2004 15:29:04 )

使用している OS と RealBasic のバージョンはいくつですか?

MacOS 9.2 + REALBasic 4.0.2 でエディットフィールド付きのグローバル
フローティングパレットを組んでみたんですが、テキストの入力・編集とも
に問題ないようですが(Quark は持っていないので確かめられません)。

sy さんからのコメント
( Monday, August 02, 2004 11:44:39 )

コメントありがとうございます。遅くなってすみません
使用している環境はMacOS 9.2とREALBasic 4.0.2 です。
田中さんと同様の環境のようですが、ビルドするとアプリケーション上で
入力ができなくなってしまいます。

解決策としてフローティングパレットのエディットフィールドをクリックすると
アクティベイトするようにし、テキスト入力をできるようにしました。
(QuarkがアクティブのためQuarkに入力がいってしまうようです)
しかし、アクティブにするたびに再描画され、ちらつきがでてしまいます。
フローティングパレットを再描画せずにアクティブにすることはできますか?
質問ばかりですみません。よろしければコメントをお願いします。


田中求之 さんからのコメント
( Monday, August 02, 2004 16:02:09 )

あ、もしかして、ビルドするときに MacOS X / Carbon でビルドしてませんか?

カーボン版でビルドすると、おっしゃるような不具合が出ます。

Build Settings で Macintosh にして、Classic アプリとしてビルドすると
問題ないようです。

私はアプリケーションは Classic 版しか作りませんので(それも普段は
REALbasic 1.1 で 68K 版を主に作ってます)、カーボン版にすることは
思いつかなかったのです (^_^;;

sy さんからのコメント
( Wednesday, August 04, 2004 08:58:26 )

Classic 版で試してみたら動作しました。ありがとうございます。
これで制作に幅がひろがりそうです。本当にありがとうございました。