このページは福井県立大学の田中求之が2006年1月まで運用していた Mac のサーバ運用に関する会議室 「Web Scripter's Meeting」の記録です。情報が古くなっている可能性がありますのでご注意ください。

EIMS 1.3.1 のMail転送について

発言者:そろん
( Date Friday, May 21, 2004 17:00:25 )


お世話になります。

EIMS 1.3.1を使用させて頂いていますが、一つのアカウントで

2ケ所の転送アドレスを指定する事は可能でしょうか?

どうかお教え下さい。 m(_ _)m

GAKI さんからのコメント
( Saturday, May 22, 2004 01:16:57 )

EIMS の Mailng List 機能を使えば可能になると思います.

まず,複数の転送先アドレスを複数行に書いたテキストファイルを用意します.
そして,例えばそのファイルが tenso.txt という名前で Macintoch HD の中に
保存されているとします.

EIMS Admin の各ユーザの Mail Action の設定で,一カ所の転送なら Forward to...を選ぶと
ころを,Mailng List... を選んでおいて,その下の記載欄に,Macintosh HD:tenso.txt と書
いておけばよいわけです.

tenoso.txtを保存するフォルダを共有設定しておいて,AppleTalkなどでユーザーにリモートで
読み書きできるようにしておけば,ユーザーが自分で tenso.txt を書き換えることで,管理者
に EIMS Admin を使わせることなく,転送先を変更することができます.

他人に見られないようにするために,アクセス権限に気をつける必要がありますが...

そろん さんからのコメント
( Sunday, May 23, 2004 21:58:54 )

GAKI 様

 有難う御座いました!本当に素晴らしいお勉強を

させて頂きました。慎んで御礼申しあげます。

敬具