このページは福井県立大学の田中求之が2006年1月まで運用していた Mac のサーバ運用に関する会議室 「Web Scripter's Meeting」の記録です。情報が古くなっている可能性がありますのでご注意ください。

Quid Pro Quo1.02のフリーズ

発言者:いしい
( Date Sunday, April 11, 2004 15:20:22 )


これまで自宅サーバーで用いていたQuid Pro Quo1.02ですが、
3月半ばくらいから、頻繁にフリーズしてしまうようになりました。
PowerMac 8500, 環境:OS 9.1, アプリケーション:QuidProQuoのみ
Easy BBS Plug-In作動, CodeRedKiller Plug-In適用済み
メモリ:96MB
どうも、あるアクセスがあると同時にフリーズしてしまいます。
アクセス状況ウィンドウにはアクセス中のグラフ表示がでてそのままフリーズです。
CodeRedの時のようにログにも残らない状況です。
検証のため、OSX(10.3)のClassic環境でQuidProQuo1.02を走らせましたが
同様にフリーズすることになりました。

同様な現象はWSMには報告がないようですが、心当たりの方いらっしゃいますでしょうか?



Dimage-B さんからのコメント
( Sunday, April 11, 2004 18:01:51 )

>同様な現象はWSMには報告がないようですが、心当たりの方いらっしゃいますでしょうか?

当方も同様の症状に見舞われ、仕方なくQuid Pro Quo2.1.3に替えたのです。
するとフリーズしなくなりました。以前、QPQ1には2000年問題が残されている
という
記事を見かけたのですが、それが原因でしょうか? あるいは例の喧嘩ワーム各種(笑)ですか。

それとMacHTTP2.6でも問題無しのようです。


→  ftp://ftp.st.ryukoku.ac.jp/pub/mac/network/www/qpq/

田中求之 さんからのコメント
( Sunday, April 11, 2004 18:24:06 )

QPQ 1.x は、Code Red ワームで異常終了してしまうという問題がおきたことがあります。
(くわしくは以下のページをごらんください。ただし、プラグインのリンクはもう切れて
います)。

ですので、似たようなワームでは異常終了してしまう可能性はあります。また、いまだに
Code Red が完全に除去されたとは言えないかもしれません。

→  Code Red (II) ワームによる Quid Pro Quo の異常終了について

田中求之 さんからのコメント
( Sunday, April 11, 2004 18:26:56 )

補足ですが、CodeRedKiller は、Code Red ワームしか防御できませんので、同じタイプの
ワームで別のものだと防げません。

いずれにせよ、現状では、QPQ 1.x で安定的にサーバを運用するのは難しいという状況に
なってしまったと、私個人は思ってます。

Dimage-B さんからのコメント
( Sunday, April 11, 2004 19:44:24 )

>現状では、QPQ 1.x で安定的にサーバを運用するのは難しいという状況に
>なってしまった

同感です。QPQ 1.xにせよ、CodeRedKillerにせよ、
サポートが全く無くなってしまったのが致命的だと思います。
最近のフリーズは qpqcg-plugin.sit でも防げないことを確認済みです。

http://www.zone0.ne.jp/classicmacos/webserver01.html

かくなる上は疎生したMacHTTPに期待と言ったところでしょうか。

→  MacHTTP.Org

しあわせのツボ さんからのコメント
( Monday, April 12, 2004 00:01:33 )

最近httpd.logを見てみたところ、やたら長いリクエストが
大量に届いていました。多分それだと思います。

アクセスのパターンは
219.*.*.* - - [*/Apr/2004:**:**:** +0900] "SEARCH /「"x02xb1"が1075回」「"x90"が6033回」" 414 338
のようなものです。
出所は何なんでしょうか。

たまちゃん さんからのコメント
( Monday, April 12, 2004 00:16:02 )

>出所は何なんでしょうか。

IIS の WebDAV の脆弱性をねらったスキャンだと思います。

→  CAN-2003-0226

前薗 健一 さんからのコメント
( Monday, April 12, 2004 00:32:02 )

> アクセスのパターンは
> [略]

だとしたら CodeRedKiller のバッファの制限の設定で回避できるかもしれません。
1075, 2150, 8183 とかに設定してにたらいかがでしょうか。

いしい さんからのコメント
( Monday, April 12, 2004 01:18:00 )

皆様
早速のご回答ありがとうございます。
ここ2,3週間ほどずっと気になっており、やはり最後の頼みの綱として
ここで質問するしかないと判断しました。
有益なアドバイスありがとうございます。
実はCodeRedが来たときも、ここにお世話になり、前薗さんのPlugInですぐさま
解決して非常に助かりました。

ちょっと今日は家でチェックできないので、前薗さんのアドバイス通り、バッファ
の制限設定で回避してみようと思います。

EasyBBSを使うのであれば、QuidProQuo+EasyBBSPlug-Inの組み合わせが一番
楽なのかと思っておりましたので。

うまくいきましたら報告致します。

いながき@宇部 さんからのコメント
( Wednesday, April 14, 2004 20:40:46 )

以前より参考にさせていただいております。
初めて発言させていただきます。

私もQuid Pro Quo1.02でサーバを立てておりますが、
3月下旬から、頻繁にフリーズしてしまうようになりました。

PB1400、OS 8.1、48MBメモリです。

ログに何ものこらないことから、ハード起因?とも考え、
バックアップ用のPM7600/200 OS9.1 144MBメモリでも稼動
してみましたが、同じくフリーズしてしまいます。

HDDのフォーマット、OSの再インストール、QPQなど、Web用のhtml以外は
ほぼ全て元の圧縮ファイルから入れなおしましたが、やはりフリーズして
しまいます。

>いしいさん>
>どうも、あるアクセスがあると同時にフリーズしてしまいます。
>アクセス状況ウィンドウにはアクセス中のグラフ表示がでてそのままフリー
>ズです。

の発言のとおりの状況でした。
困ったものだと思っていたら、ここを見つけ、前園さんがご指摘

>だとしたら CodeRedKiller のバッファの制限の設定で回避できるかもしれ
>ません。
>1075, 2150, 8183 とかに設定してにたらいかがでしょうか。

を拝見してバッファの制限設定で1075として動かしています。
今朝7時ごろから一応ノンストップで稼動できています。もう少し様子を見て
対策完了か否か判断したいと思います。

長文にて申し訳ありませんが、事例報告まで。

たまちゃん さんからのコメント
( Wednesday, April 14, 2004 21:17:24 )

そういえば SSL exploit で WebSTAR(旧バージョン)がクラッシュ
するということも最近ありましたね。

前薗 健一 さんからのコメント
( Wednesday, April 14, 2004 21:44:32 )

>バッファの制限設定で1075として動かしています。
>今朝7時ごろから一応ノンストップで稼動できています。

とりあえずですが、なんとかなりそうですね。(^^)
よかった。

いながき@宇部 さんからのコメント
( Friday, April 16, 2004 23:19:04 )

その後、

>バッファの制限設定で1075として動かしています。
>今朝7時ごろから一応ノンストップで稼動できています。

でなんとかなってくれていればよかったのですが、やはり同じ症状でフリーズしてしまいました。

非常に残念ですが、QPQをあきらめようかと思っています。
サーバのほうはMacHTTP 2.6で環境移行しました・・・

Dimage-B さんからのコメント
( Saturday, April 17, 2004 02:22:09 )

あれからしばらくたちますが、結局Quid Pro Quo2.1.3に落ち着きました。
メモリフラグメント解消アプリCyberDustMan Lite1.11を定期的に起動することで、安定して動いています。
不安定との評判のため、ずっと1.0.2を使用してきましたが、当方の環境(ほぼ素のOS9.1)では問題ないようです。
アクセスパフォーマンスが良くなったのは、○!!

okso さんからのコメント
( Monday, April 19, 2004 11:33:01 )

初めQPQ2.1.3を使っていたのですが,
WindowsのIEでキャッシュが更新されないというトラブルがあり,
ずっと,1.0.2で運営してきました。
前薗さんのおかげで,Code Redの問題も乗り越え,
順調だったのですが…
愛着があるので,バッファーの制限で問題解決できればと
思ってましたが,当方でもうまくいかないようです。

2.1.3にもどってみようか,MacHTTPにしようか,
いっそWeb共有でいくか,いろいろ迷ってます。

たまちゃん さんからのコメント
( Monday, April 19, 2004 21:19:05 )

>当方でもうまくいかないようです

IPNetSentry でうまく回避している方が多いようです。

ききょう さんからのコメント
( Monday, April 19, 2004 23:45:34 )

初めまして。
やはり、ここで取り上げられてたんですね。
当方もここ1ヶ月くらい、まともにQPQ1.0.2が使えない状態です。
ネットバリアに1025、2745、3127、3389、6129などのポートに
頻繁にアタックがあるようなのですが、
この辺が関係してるんでしょうか?

イッシー さんからのコメント
( Monday, April 19, 2004 23:46:02 )

 QPQ2.1.3の話題に便乗ですが「いしい」さんはQPQ2.1.3+OS 9.1という事
ですが、実は以前にもしもの時の為に別のマシンでQPQ2.1.3+OS 9という
環境で動かした事があるのですが、QPQ2.1.3のセッテイングの時に動作が
通常の68K+7.5.5の環境より重い感じがしたので他のアプリも動作と比べ
てみても明らかに重かった事が記憶にあります。
 他にもOS8.6で試してみましたが私の環境ではOS 9と比べると68K環境と
同じくらの体感速度(?)でした。私的判断でOS 9+QPQ2.1.3は余り相性
が良くないと判断してQPQ2.1.3を動かすOSはOS9以前ということにしてい
ます。他のマシンからのアクセスは問題のない速度だったと思います。
(結構前だったので記憶あやふやですが…)