このページは福井県立大学の田中求之が2006年1月まで運用していた Mac のサーバ運用に関する会議室 「Web Scripter's Meeting」の記録です。情報が古くなっている可能性がありますのでご注意ください。

MacOS X Server 10.3(Panther Server) にfmlがインストールできない

発言者:稲垣
( Date Saturday, March 27, 2004 23:09:12 )


 ご無沙汰しています。

 なんとか別のMacを手に入れて10.3 Serverと遊んでいるのですが、早速つまずいています。

 fmlをインストールしているのですが、「makefml install」で一通り質問に答えた後
マニュアルをインストールしているときに止まってしまいます。
 なお、10.2.xからアップデートした10.3.3 Client版には問題なくインストールできています。

 fml 4.0系のstable最新版(fml-4.0-stable-20040215.tar.gz)で試しています。
対象法などがあれば、ポインタでもいいので教えてもらえないでしょうか?または、インス
トーラーに詳細のメッセージを出すようにできないでしょうか?

#まあ、ソースをみればいいのですが、最近どうも根性がなくて・・・。


→  fml

./ さんからのコメント
( Saturday, March 27, 2004 23:44:48 )

マニュアルのみ手動インストールしたらどうですか?
makefml install って初めて聞きました。ファイルメーカーの専用コマンドですか?
もし make installの間違いでしたら、エラーをじっくり観察すればよいかと。

ホントにmakefml installってのがあるならごめんなさい。

森下 さんからのコメント
( Sunday, March 28, 2004 00:33:40 )

マニュアルをインストールというのは、
Generate nroff manuals:
のところでとまるのでしょうか。
それとも、
Installing databases ...
のあとの
Installing doc
で止まるのでしょうか。

と、聞いても試せる環境がないので想像しか出来ませんけど・・・。(^^;;;

まず、確認してみるのは、ちゃんとgroupsにfmlが出来ているかですねえ。
クライアント版のMacOSXだと、
システム環境設定からユーザを追加すると、
同時に同名のグループが追加されます。
で、もしかしたらこの挙動がサーバ版だと違っているのでは?とか思ってみたり・・・。

perl的にはクライアント版でもサーバ版でも差異はないと思いますから、
やっぱりユーザ・グループとパーミッションが怪しいのではないかと思います。
どうでしょうか。

長官 さんからのコメント
( Sunday, March 28, 2004 00:58:01 )

MTA(10.3ならpostfix?)のログに何か出てませんか。
fmlはインストール時にsmtpのテストするんじゃなかったかな。

稲垣 さんからのコメント
( Sunday, March 28, 2004 08:26:53 )

 ./さんこめんとありがとうございます。えっと、fmlとはファイルメーカーではなくて、UNIX
由来の
MLソフトになります。

 森下さん、ちょっとコメントが足りなかったですが・・・。

Generate nroff manuals:のメッセージの後何も表示されず、10分程度放置していても
なにも変わりません。
 まずは、ワークグループマネージャー?でfmlのユーザーとグループは作成しています。
後で、実際のマシンからインストール状況を投稿します。

 長官さんコメントありがとうございます。とりあえず、stmpは動作させています。
させていなくてもクライアント版ではインストールできるんですよね。


稲垣 さんからのコメント
( Sunday, March 28, 2004 08:32:04 )

 インストール状況になります。

cube2:〜/fml-4.0-stable-20040215 fml$ perl makefml install
unshift(@INC, /Users/fml/fml-4.0-stable-20040215/src)
---NOT USING configuration file (for the first time)

   THIS HOST (cube2.mac-de.com) IS [powerpc-apple-darwin7.3.0]

---Please Define Your Fml System Configurations

Personal Use or ML-Admin-Group-Shared or fmlserv you use? 
Personal, Group, Fmlserv (personal/group/fmlserv) [personal] 

DOMAIN NAME               [mac-de.com] 
FQDN                      [cube2.mac-de.com] 
EXEC FILES DIRECTORY      [/usr/local/fml] /Users/fml/fml
TOP LEVEL ML DIRECTORY    [/var/spool/ml] /Users/fml/ml

Language (Japanese or English) [English] Japanese


TimeZone (TZ: e.g. +0900, -0300) [+0900] 


  --- summary ---
      DOMAIN: mac-de.com
        FQDN: cube2.mac-de.com
    EXEC_DIR: /Users/fml/fml
      ML_DIR: /Users/fml/ml
    Language: Japanese
    TimeZone: +0900


The current configuration is saved in /Users/fml/fml/.fml/system
   mkdir /Users/fml/ml

---Install the Fml system to /Users/fml/fml. (y/n) [n] y

Installing fml system to /Users/fml/fml
Fixing Path: src ............................................................................ libexec ..... sbin . cf . bin .................... www/cgi-bin ......... www/lib ... sys ......... module ..
        Done.

Generate nroff manuals:

Tashiro さんからのコメント
( Sunday, March 28, 2004 20:30:13 )

稲垣さんには、Macjordomo、AutoShare使用時から、SubjectSharaでお世話になってました。
稲垣さんがfmlに移られたとお聞きしましたので、私もfmlに変更したのであります。(*^_^*)
現在は、OS-X10.1と10.3でfml(+postfix)稼働させております。
# mkdir /usr/local/fml /var/spool/ml
# chown fml  /usr/local/fml /var/spool/ml
が基本ですよね。
Installing fml system to /Users/fml/fml
パスが変ですよね・・・

#私の場合、インストールは、上手く行きましたが、MLを作る際、何故かPerlのパスが/usr/bin
になってませんでしたので、ちょっとはまりました。
#もう解決されたのではないでしょうか?

森下 さんからのコメント
( Monday, March 29, 2004 00:38:28 )

パスが変なんではなくて、パスを変えたということですね。
それを自由に変えられるように、わざわざインストーラが聞いてくるわけですから。
UNIX流儀の場所にインストールするか、
MacOSX流儀の場所(ユーザの場所的にですが)にインストールするかというだけの話です。
どちらでもかまわないでしょう。
PhotoShopをApplicationフォルダ以外の場所にインストールしたって
使えるのと同じことです。

ただ、GUI側で作った、/Users/fml/fmlと、CUIで/usr/local/fmlを作った時の
パーミッションが何か違っている可能性はありますねえ。
一度、管理者ユーザでダウンロードして、sudo perl makefml install
で、/Users/fml/fml以下にインストールしてみてはどうでしょうか?

##試せる環境にないので、想像でしかいえませんが(^^;;;;;

ちなみに、10.3.3のクライアント版だと、うちでもちゃんとインストールできました。

稲垣 さんからのコメント
( Monday, March 29, 2004 01:07:42 )

 はい、自分ではマルチアドミンユーザー/マルチドメインで管理をする場合がおおいので、
それぞれ管理者のアカウントの直下においています。

 なお、フォルダは事前にTerminalから作成して、オーナー類をすべて整えても同じ状況
です。
 で、止まっているあたりはmakefmlの3072行のdoc/manの処理をしている所を除外して
みましたが、その後のbin/archive.plなど用のシンボリックリンクが作成できないとの
ことでエラーが出て止まってしまいます。
 で、調べていくと&Convというサブルーチンで処理をしているところで止まっています。
とりあえず、今日のところはここまでであきらめます。
 明日以降にもう少し掘り下げて調べてみます。

#う〜ん、いっそのことfml8をインストールしようかな?

稲垣 さんからのコメント
( Thursday, April 08, 2004 23:51:32 )

 自己報告です。なんとかインストールができました。

 悪かった点は、インストール時にコネクションチェックをしているのですが、そこがだめだった
ようで、あえてPostfixを止めて操作をすると無事にインストールができました。
#ただ、エラーでstmp connectができない旨のメッセージは出ますけど・・・。

 で、さらに新規のMLを作成する場合にも関連するらしく、ML作成時にもPostfixを止めて
おく必要があるみたいです。

 今のところテスト投稿/テスト登録は無事にできているようなので、もう少し様子をみて
から本番運用に移そうかなと思っています。