このページは福井県立大学の田中求之が2006年1月まで運用していた Mac のサーバ運用に関する会議室 「Web Scripter's Meeting」の記録です。情報が古くなっている可能性がありますのでご注意ください。

Macサーバーのモバイルからの管理用マシン

発言者:eno
( Date Wednesday, January 28, 2004 00:35:59 )


弊社は8年ほど、MacServerオンリーで運営してきました
管理/保守出来る人間が私一人と言うこともあり、
休暇時や、外出時にも、遠隔で管理作業が出来る環境の必要があるので、
apple製の一番軽いマシンを持ち歩く生活を送ってきました。
去年あたりから、サーバーもOSXになり、AppleTalkが必須ではなくなってきたので
次期のモバイル管理用のマシンは
Winのサブノートも、考慮に入れています。

私のようにMac管理者でモバイルをしてる人、どんな環境で皆さん
やっておられるんでしょう?
特に、Win機を持ち歩いて、Macサーバーを管理している人
ハード、ソフトの環境、その利点、不満点などを
参考までに、お聞かせ頂ければw。

たまちゃん さんからのコメント
( Wednesday, January 28, 2004 19:58:10 )

普段は・・・ Zaurus ですべて用が足りるようになっています。でも管理作業を
やろうとまでは思いません。

すっぴんの Mac OS X であれば Windows マシンはなんでもいいと思います。モ
バイル環境で一番の問題は足回り,つまり通信環境ではないでしょうか。この点
は地方に住む私などにとっては致命的で,日本通信などの回線を利用しています
が,途切れることはないものの通信状態が不安定になることがあります。

かつてサーバ無人運転を Mac OS でなしとげるためにありとあらゆることをやり
ましたが,Mac OS X になって少し事情が変わってきました。

でも何か急に設定をしないといけないときは外回りの時が多いんですよね。今回
のウイルス(最悪です)の時もそうです。

eno さんからのコメント
( Wednesday, January 28, 2004 22:29:47 )

Zaurus...Linuxの奴ですよね。

私の場合は、GUIで管理が出来るところに、Macサーバーの魅力を感じていますので、
管理作業はTimbuktu Proを使うことが前提となります。

会社と自宅のデーターの運搬だけなら、iPodでもOKなのですが、
万一のことを考えて、フル機能のpowerbookG4/12を持ち歩いています。
モバイル環境での作業と言えば、何かトラブルがあったときのみ、と言う考えなので
使わないマシンを持ち歩く事には、もう疲れてきましたw。
(もうチョット軽くたっていいのに!)

そこで、最近気になっているのが、シャープのMURAMASAです。
これ、USB2.0で外付けディスクになるんですね。
(Macで言うところのターゲットディスクモード機能です)
以前のMURAMASAは、Macに繋いでも使えたらしいです 最新版はどうかなあ?

これなら、重量910gのポータブルハードディスク(WinXP機能付き)
と言う考えで、使ってみようかな、と思うんですけど。
誰か、ためしたひと、いらっしゃいますか?

あ、ちなみに、通信環境はDDIの64Kで現在 しのいでます。
FOMAのF900iTっていうの、気になりますねえ。

→  Macに繋がるMURAMASA

たまちゃん さんからのコメント
( Wednesday, January 28, 2004 22:49:25 )

あ,もちろん Windows マシンには Timbuktu を入れてます。

メールサーバはブラウザで細かい設定ができるようになってます。