このページは福井県立大学の田中求之が2006年1月まで運用していた Mac のサーバ運用に関する会議室 「Web Scripter's Meeting」の記録です。情報が古くなっている可能性がありますのでご注意ください。

【ゴミ?】アップルルーム問題

発言者:割物には注意
( Date Friday, March 28, 2003 14:41:26 )


この問題に関する田中先生の見解を伺いたい。

→  アップルルームのSafari Seed問題まとめページ

田中求之 さんからのコメント
( Friday, March 28, 2003 15:20:46 )

最近、Mac 関係の情報サイトをほとんど見なくなったこともあって、私は
アップルルームというサイト自体、全く知りませんでした。Safari の
seed が中止になったことや、それがネットでの流出が原因らしいことは
知っていましたが。

そんなこともあって、この件に関しては、今日まで知らなかった(私が入っ
ている UGの ML で初めて今朝知った)ということを、まず言っておきます。
事の次第などは、割物には注意さんのリンクされているページなどの情報
でしか知っていません。

ですから、何か見解を述べるような立場ではないし、限られた情報で偏った
結論を振りかざす愚はおかしたくありません。

ただ、私自身も ADC の会員であり、Seed されたプログラムなどでテストを
行っていた(今では OS X ばっかりになったんで、そういうこともやって
ませんが)ものとして、また、皆さんからの情報が色々と寄せられる会議室の
運営者として思うこととして:

・seed を公に流したり、それを助長する行為は行ってはならないし、自分の
 会議室がそのような情報提供を行わないように気をつけないといけない。

と、まぁ、あまりにも一般論過ぎてはいますが、そういうことはあります。

たぶん、割物には注意さんには満足していただけるような返答にはなっていない
と思いますが、なんせ、事情とか状況がよくわからないので、今の時点で
言えることは、これくらいです。

割物好き さんからのコメント
( Saturday, March 29, 2003 09:33:38 )

>私自身も ADC の会員であり

どーせ、大学の研究費だろ。

田中求之 as 半分管理者 (^_^;; さんからのコメント
( Saturday, March 29, 2003 10:36:55 )

ADC は個人の資格で入ってます。ですから、会費は私費で払ってます。なんか
誤解があるようですが、大学の研究費といっても、ほ〜ら研究費だよといって
現金を渡されるわけではないんですよ。研究費で購入する場合には、指定業者
があったり、一定金額以上は入札に掛けられたり等々、色々と制約があって、
そんな好き勝手に出来るものではないんです。他の大学ではどうか知りません
が、私の大学で、研究費で ADC の会員になることは出来ません。無理なシス
テムになってます(そういったことが、不便に感じることはあるのは事実です
が)。

そういったこととは関係なく、私は、このサイトの運用に関しては、基本的に
私費で行っています。以前、雑誌のインタビュー等でも言ったことですが、こ
のサイトの運用に使っている LC475 は、ある教授の研究費で(その教授の Mac 
のサポートを行うことを条件に)買ってもらったものです。また、回線は大学
の回線を使っていますから、その意味では、インフラは公費(少なくとも福井
県の皆さんの税金)によって成り立っていることは事実です。

ただ、それ以外の点、ハードディスク、メモリ、あるいは各種ソフトウェアの
購入は、すべて私費を投入しています。自分のやりたいようにやっていくため
には、自腹を切ってやるしかないと考えているからです。サーバだけでなく、
開発用のソフトウェア等も含めて、全部、私が個人として購入したものです。

「ど〜せ研究費だろ」というご意見がどのような意図の発言なのか、はっきり
とは分かりかねるのですが、ADC の会費は、確かに安いとは言いがたいことは
認めます。ただ、あまたの情報サイトに流れる曖昧な憶測記事というか、かなり
灰色なリーク情報に基づいた記事に振り回されるぐらいなら、ADC の会費を払っ
て、Apple から直接、「こういうのを作ってるだよ、どうかな?」という情報を
もらえるほうが良いと私は思っています。かつては CompuServe の MacWeek の
記事を読みたいがために CompuServe にアクセスしてもいた人間ですから、少し
でも Apple の動向や情報は知りたいとか、新しいシステムやソフトの情報は欲
しいという気持ちは分かります。私自身は、だからこそ、ADC Select の会員の
会費を払うことにしたわけです。情報はできるかぎりフリーであるべきだという
原則には賛成ですが、それを営利企業にも要求するのは無理があると考えてい
ます。ですから、私は、Apple に金を払って情報を買うことにしているわけです。
そして、それに伴う契約事項(守秘義務)は守るのは当然だと考えています。
(いっぽうで、なるべく自由なほうがよいと考えているからこそ、自分の作った
ささやかなソフトウェアは、すべてフリーウェアとして公開して、できるかぎり
ソースも公開するようにしています)。

アップルルームの件は、私は、管理者の態度が間違っている(すくなくとも公に
語るような内容ではないことを、何の配慮も無く口にしてしまう想像力の欠如は
問題)と思ってます(って、ようはこれを最初から言えばよかったのかしら?)。