このページは福井県立大学の田中求之が2006年1月まで運用していた Mac のサーバ運用に関する会議室 「Web Scripter's Meeting」の記録です。情報が古くなっている可能性がありますのでご注意ください。

BSD と GPL に関する社会学的考察

発言者:田中求之
( Date Tuesday, May 14, 2002 17:48:23 )


BSD vs. GPL: A Framework for the Social Analysis というオンライン・
ドキュメントが公開されていて、読み始めたのですが、けっこう面白いか
なと思いますので、紹介しておきます。

作者は Nikolai Bezroukov 氏。現在、v0.9 の Draft という状況のよう
です。

Freeware/Open source あるいは「ただソフト」(^_^;; の動向とライセンスの
ありかたの問題というのは密接に関係しているわけですが、その辺の分析
(のフレームワークの提示)を試みようとしてるものみたいです。

分量がけっこうある(特に Social aspect of the BSD vs. GPL debate と
いうノートは半端じゃないです)んで、簡単に読むとはいきませんが、私の
ように、ある種の文化/社会ムーブメントとしてのインターネットに関心
がある人には面白いのではないかと思います。

→  Nikolai Bezroukov. BSD vs. GPL