このページは福井県立大学の田中求之が2006年1月まで運用していた Mac のサーバ運用に関する会議室 「Web Scripter's Meeting」の記録です。情報が古くなっている可能性がありますのでご注意ください。

UVJ Mailer 3.0(予約メール機能)

発言者:hayashida
( Date Tuesday, April 02, 2002 17:39:56 )


はじめまして。林田と申します。
UVJ Mailer 3.0について質問させて下さい。

UVJ Mailer 3.0では予約メール機能が実装 されていますが、
UVJ Mailer 3.0をメール発信 CGI として用い、
フォーム入力から予約の設定を行い予約送信することは可能でしょうか?

使用方法を読んだ限りでは
フォームからの予約送信は無理なのかなと思ったのですが、
もし可能であればグループウェア的な使い方ができるなと思った次第です。

よろしくお願いします。

田中求之 さんからのコメント
( Tuesday, April 02, 2002 20:24:21 )

UVJ Mailer 本体の CGI 機能では予約メールは利用できませんが、AppleScript
などを使って CGI を作成すると、Web (Form) からの入力で予約メールを送
ることは可能です。

AppleScript でよければ、簡単なサンプルをお示ししますが?

hayashida さんからのコメント
( Wednesday, April 03, 2002 11:00:21 )

林田です。
早速のお返事ありがとうございます。

AppleScriptは以前少しかじったぐらいで
自分用のスクリプト作成を行う程度ですが
是非、チャレンジしたいと思います。
サンプルお願いできますか?

今、CGI(Perl)を勉強中です。
本当はPerforma5420にMKLinuxを入れてCGI(Perl)の
テスト環境を作る予定でしたが、
どうしてもインストールがうまくいかず、
MKLinuxは結局、Power Mac7300で動かしています。
Performa5420を活用できる方法を探していました。

こちらのサイトを参考にPerforma5420を
有効に活用できればと考えています。

よろしくお願いします。





田中求之 さんからのコメント
( Wednesday, April 03, 2002 15:32:45 )

UVJ Mailer を使って予約メールを送信する CGI のサンプルを登録しておきました。
基本的な機能を組み込んだだけですので、実際のサーバ上での運用には
絶対にそのままの形では使わないでください(入力された宛先にそのまま
メールを送るようになっているので、spammer に悪用されるなどのセキュリ
ティ上の脆弱性を抱えています)。この点、警告しておきます。

*セキュリティ対策の組み込み方は、各自で自分のサイトの都合にあわせて
考えてください。


なお、実験の際には、同じマシンでサーバとブラウザ(特に Explorer)を
使うと、まともに実験できませんのでご注意ください。Explorer が CPU タイム
を貪り食うため、バックで動いている CGI が時間内に処理できなくなると
いう問題が発生します。

Tanaka's osax 2.01 を必要とするスクリプトですので、Tanaka's osax も
入れておきました。

→  scheduledMailer.acgi.sit

hayashida さんからのコメント
( Wednesday, April 03, 2002 17:56:51 )

お世話になります。林田です。

サンプルありがとうございます。
早速、中身をのぞいて見ているのですが
ApplScriptから遠ざかっていたのとPerlがごっちゃになっていて
理解するのにしばらく時間がかかりそうです。
セキュリティの問題もありますのでしっかり理解してから
活用させて頂きたいと思います。
ありがとうございました。

田中求之 さんからのコメント
( Thursday, April 04, 2002 00:14:24 )

念のための補足ですが、MacOS 9.2 で CGI を動かすときには、あらかじめ、
手動で CGI を立ち上げておく必要があります。この点は気をつけてください。
(AppleScript 自身のバグです)

hayashida さんからのコメント
( Friday, September 27, 2002 12:08:56 )

お世話になります。林田です。

前回の投稿からだいぶ間があいてしまいましたが、
質問させて下さい。

UVJ Mailerを使って予約メールを送信するCGIサンプルを頂いてから、
もう一度AppleScriptを勉強しなおしまして、自分なりにサンプルを
カスタマイズして便利に使わせて頂いております。

サンプルを用いてテスト送信を行っている際に気付いたのですが、
送信されるメール本文に改行が2つ入ってしまうようです。
(改行を入れると1行おきの文章になってしまいます。)

いろいろ調べてみましたが、どの時点で改行が挿入されるのか
わからないでいます。

アドバイスお願いできますか?

田中求之 さんからのコメント
( Friday, September 27, 2002 13:22:04 )

あ、改行処理を忘れてました。ブラウザから送られてくるテキストは、改行が
CRLF になっているので、これを CR に変換する必要があります。

スクリプトの中の

-- 本文
set myBody to (item 9 of myList)

の次の行に

set myBody to MT Unify LineBreaks myBody

という1行を挿入して下さい。

hayashida さんからのコメント
( Friday, September 27, 2002 16:02:22 )

お返事ありがとうございます。林田です。

さっそくテストしてみました。

set myBody to MT Unify LineBreaks myBody

を挿入することで解決しました。

※テスト確認後に気付いたのですが、
 この件、AppleScriptリファレンス(P774)に記載されていますね。
 見落としていました。