このページは福井県立大学の田中求之が2006年1月まで運用していた Mac のサーバ運用に関する会議室 「Web Scripter's Meeting」の記録です。情報が古くなっている可能性がありますのでご注意ください。

Powerkey ProをB/WのMacで使えますか?

発言者:koko
( Date Tuesday, December 18, 2001 15:04:56 )


初めて投稿します。いろいろ検索してみて、以前Powerkey Pro の話題があったので、投稿させて頂きました。どうぞよろしくお願いします。

電話で起動できると聞いて、外出先でTimbutukuで遠隔操作をできると思い、PowerKey Pro 200と600をオークションで落札したのですが、両方とも、キーボードのPower ONキーで起動できたりできなかったりします。(電話で起動しても同じです。)
起動できていない時は、マシンの電源は入っても起動しないのです。
しょうがないので、そういう時は、Mac本体の再起動キーを押すと、起動はできます。

インターネットでいろいろ検索してみたら、蒼白之館というページで、この様な事が書いてありました。
『当時使っていたインテリジェントタップ(PowerKey Pro)との相性が悪く、電源のオンオフに伴うトラブルが出たりもしました。このあたり、最後のレガシーインターフェイスとして残されたADBポートまわりの問題という感じで、結局そのタップの使用をあきらめることになってしまいました』

ADBが使えるMacならPowerkey Proが使えると思っていたのですが、B/WタイプのMacには、実際のところ対応できないのでしょうか?
B/WタイプのMacを使っていて、PowerKey Proを使っていたり試してみたという方、ぜひ教えてください。

尚、私の環境ですが、青白のPower Macintosh G3 350(後期型)、キーボードはADBタイプの、Apple Extended keybord 2 を使用しています。
ドライバソフトですが、バージョン3.3.3と、3.4両方試しました。

→  蒼白之館

koko さんからのコメント
( Tuesday, December 18, 2001 15:17:19 )

すみません、発言者ですが、改行入れてませんでした。
読みにくくって、申し訳有りませんでした。

k2 さんからのコメント
( Saturday, February 09, 2002 11:14:06 )

初めまして、kokoさん。
私はos10の導入に際して機能拡張のバージョンアップを考え機能拡張を探していますが
どうやら10には対応していない様ですね。
私の環境(bw350dvd初期型os9.2.2)にpowerkey200を使用していますが
起動動作は問題なく(電話による起動は使用したことがありません。あしからず)
出来ています。たまーにだんまりがありますが再起動で問題なく起動します。
現在の機能拡張のバージョンは3.0です。
ちなみにコントロールパネル系は全て外しています(使用しないので必要無いため)
キーボードはポピュラーなアップルキーボード2です
こんな内容ですがお役に立てば幸いです。
ps powerkey以外にadbには、ケンジントンターボマウス、ワコムアートパッドを接続しています。

koko さんからのコメント
( Friday, February 15, 2002 22:56:40 )

k2さん、ありがとうございました。

私もOS9.2.2です。
Powerkey200は起動操作に問題なかったのですね〜。
最初、200を試したのですが、私の場合、起動がうまくいったり、いかなかったりしたのです。でも、200と600だと、600の方が起動がうまくいかない印象があります。

先程、メーカーのホームページに行って、青白のマックについて書いてありました。参考までに下記に書いておきました。
無料の翻訳なので、あまりよくは分かりませんが・・・・
参考ページURLに行った方が見易いと思います。

関係ないですが、USBタイプも出てる見たいですね。でも、私はどうしても、Apple Extended keybord 2でないとだめなんです。使用ソフトの関係で。



---------------------------------------------------------------------
青&白いG3 

青&白いG3は標準のADBポート(それは私たちのADB製品を接続するために使用することができる)を含んでいます。 

はね返る!、ちょうどそれらが他のADBマック上で行うように、デスクトップ・ダイアル通信者およびPowerPadは働くでしょう。あなたがチェーン中の他のADB装置にそれらを接続することができるように、これらの製品はすべて、ポートをパス通り抜けて含んでいます。しかしながら、これらの装置は他のハードウェアと無関係に作動します。したがって、それらはそれらに接続されて、キーボード、あるいは他の装置も必要としません。 

PowerKeyおよびPowerKey賛成論は2つの青&白いG3互換性問題を持っています。1番目は予定された操業開始の信頼度です。時々、PowerKeyがADBを送る場合、青&白いG3は完全には開始しません「力、の上で」信号。代わりに、コンピューターの力光は進行します、しかしモニター滞在、ブランク、そこに、ない、チャイムおよびシステムを開始する、ロードしません。私たちの試験で、これが、6〜20の操業開始ごとにおよそかつて生じます。 

これが起こる場合、システムを開始するためにコンピューターの正面に「リセットされた」ボタンを押すことができます。私たちは、なぜこれが起こるか知りません。また、私たちはどんな他のものも仕事まわりに持っていないか、この問題のための解決を自動化しました。私たちは、同様の青に関する報告書&白いG3が私たちの製品を含まない問題を開始するのを見ました。しかし、私たちは任意の解決策のことを知りません。 

第2の問題関係は操業開始をキーボード入力します。PowerKeyおよびPowerKey賛成論は、それらの出口をつけるADBキーボードの「電源投入」信号を使用します。あなたがADBキーボードの力ボタンを使用していれば、あなたがコンピューターを開始する時、PowerKeyおよびPowerKey賛成論の両方はそれらの出口をつけるでしょう。コンピューター上でUSBキーボードあるいは力ボタンを使用して、あなたが開始すれば、「古典的な」PowerKeyは操業開始を感じることができ、その出口をつけるでしょう;しかしながら、PowerKey賛成論はこの信号を検知することができません。したがって、その出口は操業開始でつけません。 

PowerKeyのモデルに依存するUSBキーボードを備えたPowerKeyを使用するためのいくつかの可能な仕事-aroundsがあります: 

PowerKeyは「古典的である」 
単に、青&白いG3のADBポートにPowerKeyのADBケーブルを接続して、ボタン上でUSBキーボードの力を使用して、あなたのシステムを開始してください。さらに、PowerKeyによりスケジューリングされる操業開始出来事(それは選ぶどんな時でも自動的にあなたの全システムをつけるだろう)を作成するためにPowerKeyエディターを使用してもよい。 

PowerKey賛成論600 
システムを開始するPowerKeyプロ600の「電源投入」キーを使用してもよい。このボタンは、マックのADBキーボード上の「電源投入」キーのように正確に働き、あなたの全システムを開始するでしょう。 

PowerKey賛成論200 
ホットキーかアップル・スクリプトの使用により操業開始の後にPowerKeyプロ200の出口をつけることができます。さらに、出口を自動的につけるために起動項目フォルダの中にアップル・スクリプトを入れることができます。 

ホットキーのイベントおよびAppleScriptingはユーザ・マニュアル(それらは今利用可能である)に記述されます、アドビPDF形式でオンライン、の中で、私たちの ソフトウェア図書館 .高度なスクリプトを書く情報は、余分の物のフォルダーにPowerKeyソフトウェアで含まれています。

→  http://www.excite.co.jp/world/url/?wb_lp=ENJA&wb_url=http%3A%2F%2Fwww.sophisticated.com%2Ftech%5Fnotes%2Ftn%5F99001.html&wb_dis=2&wb_co=excitejapan