このページは福井県立大学の田中求之が2006年1月まで運用していた Mac のサーバ運用に関する会議室 「Web Scripter's Meeting」の記録です。情報が古くなっている可能性がありますのでご注意ください。

Tanaka's osax をどうするべきか?

発言者:田中求之
( Date Thursday, December 06, 2001 01:17:18 )


OS X 10.1 が出て、OS X を使う人たちが増えてきたのに連れて、Tanaka's 
osax の OS X 版はどうなるのという問い合わせが少なからず来るようになりま
した(メールしてくるのは圧倒的に海外の方が多いのは、この会議室を読めな
いからだと思いますが)。

そろそろ、自分としても、何らかの判断を下すべきかな、と感じています。

そこで、私の現時点での考えを書きますので、それに対して、皆さんの意見を
聞かせてもらえればと思います。

● Tanaka's osax OS X 版について

まず、私個人は、OS X 版の必要性を全く感じていないということがあります。

というのも、普段の仕事などで OS X を全然使っていないということがありま
す。OS X に移植されるのかどうかも分らないソフト、たとえばアイデアストー
ムと Nisus が、私の仕事にとっては中心的なソフトだということがありますし、
また、G3 400M では OS X を動かしても、今の MacOS の状況よりも快適になる
とは思えないのです。

OS X は、iBook に、一応、インストールしてありますが、めったに立ち上げま
せん。

また、Tanaka's osax は、このサイトの CGI を組むために開発してきた osax 
です。そして、このサイトを OS X に移行する予定は、当然のことながら、全
くありません。さすがに LC475 では辛い状況になってきましたので、そろそろ 
PowerMac にしようかなと思っていますが、MacOS 上で運用していくつもりです。
このサイト程度のものを、敢えて OS X に持っていくメリットが、私には全く
感じられない。

AppleScript Studio が出れば状況は多少は変わるのかもしれませんが、今の 
OS X の AppleScript の実装の度合いは、まだまだ未完成だと思います。そも
そも、Cocoa 環境において、osax がどれだけの意味を持つのか、私は、まだ、
分りません。

ですから、Tanaka's osax 自体は、今後も手を入れていくつもりですが、今の
開発環境を御破算にして、慣れない言語でドタバタしながら OS X 版を作って
デバッグしていくインセンティブが、私には全く無いわけです。

Tanaka's osax は、とにかく、自分が欲しいものをなんとか自分で作っていく、
ということで開発を続けてきたものです。この方針は、今でも変わっていませ
ん。そういう意味では、自分が使ってもいない(使いたいとも思わない) OS 
のために、ほとんどゼロに近いところから作り直しの作業をする気にはなれな
い。また、その気にさせるだけのものを、今の OS X は持っていない。

正直言って、OS X ってそんなに良い?ってのが偽らざる気持ちだったりする。
(ADC の会員ですので、Public Beta 以前の早い段階から、OS X には触って
きています)

ということで、現時点での私の考えは…

→ Tanaka's osax の OS X 版は、少なくとも、私は作る気はない

→ 欲しい/必要という声も少なからずあることを考えたら、Tanaka's osax の
うちから、OS X でも意味を持つものだけでも、誰か、他の人に開発を委ねても
よい。互換性をとるという意味では辞書(コマンド名など)は同じにしてもらっ
たほうが良いと思うが、実装についてはすべて任せる。名前も Tanaka's osax 
にする必要はないと思う(仕様などについては、できる限り相談に応じるが、
サポート等は任せたい)。

…ということなんですが、どうですかね?

Junnama さんからのコメント
( Thursday, December 06, 2001 01:43:45 )

Tanaka's OSAXと同列に述べるのはさすがに気が引けますが、私も同じような悩
みを抱えています。
Ju's iEditというHTMLエディタを公開しています。元々私と私の周りのスタッフ
のためのものです。未だにインライン変換もできませんし、OS Xには対応してい
ません。

実はWebサイトのアクセシビリティをチェックするツールを作って公開した時に
「今さらCarbon対応でも無いソフト等...」と一部のサイトで批判され、やりき
れない思いになったことがあります。また、ちらほらとOS Xに関する要望も来て
います。

次回のリリース時にアンケートでもとろうかと思うのですが、
私自身限られた労力の中で何を優先するか、という問題と同時に、「フリーであ
るが故に特に責任は生じないけれど、ユーザーが増えてしまったために生じる様
々な要望」と自分のためのツールであるということの狭間で結構悩ましい思いを
しています。
ただ、実際私がOS X での開発を行うとしたら、それはOS Xが自分のデフォルト
な環境になった時であって、決して今ではない。
自分が日常的に使っていないプラットフォーム上で動かすソフトを公開できる程、
私は無責任では無い。

少なくとも、OS Xに移行するために、私がOS Xで開発を行う以前にAppleが行う
べきことがたくさんあるような気がして、まだまだ私はこの(OS 9)環境を捨て
ないでしょう。

sendai-mt さんからのコメント
( Friday, December 07, 2001 12:43:20 )

話題から少しはずれますが、
OSXについては、少なからず疑問も持っておりますので。
512Kも頃からマックを使っておりますが、OSXほど移行しにくかったマックは
有りませんでした。現在ではWin98SEもWin2000もマックと同居する環境に
なってしまいましたが、起動することが一番少ないOSがOSXです。
使いやすさと言う点において、OSXは逆行してしまったと思っています。
Win2000の方が、よっぽど使いやすい。OSXに移行するなら、真剣にWinでも
良いのではないか?などと考えてしまう今日この頃なのです。
OS9は、今までのマックOSの中で、一番使いやすいと思っておりますが、
アップルが何時までフォローしてくれるか心配ですし、新しいソフトも
OS9用を用意することも少なくなって行くでしょう。
OSXの内部が素晴らしいと言うことは何となく理解出来ますが、
アプリケーションを使うだけのエンドユーザーとしては、そんなことは関係
無いと思っているんです。クラッシュは困りますが、OSXに魅力を感じない
のです。ソフトウェアを作られる方々も、そう言うところに不安を感じて
いるのでは無いでしょうか?メジャーなソフトはOSXに対応して行っており
ますが、これらは別にマックじゃないといけない物ではありません。
私のようなユーザーに受け入れられるようにするために、
アップルはもっとOSXの開発をすすめるべきでしょう。
もっと魅力があれば、田中先生やJunnamaさんも、ソフトの移植を考えて
頂けるようになるのではと思っております。
まぁ、本音はOS9にマルチスレッドとかメモリー保護とかを入れて欲しいの
ですけど。そうしたらOSXは不要になってしまうけど。

Hideaki Iimori さんからのコメント
( Friday, December 07, 2001 17:55:38 )

田中求之 san wrote:

》AppleScript Studio が出れば状況は多少は変わるのかもしれません
》が、今の OS X の AppleScript の実装の度合いは、まだまだ未完成だ
》と思います。そもそも、Cocoa 環境において、osax がどれだけの意味
》を持つのか、私は、まだ、分りません。

 OSAXは AppleEventを parameterに使う単純な pluginですので、大げ
さなことはできませんが、どこでも利用できますので用途が無くなるこ
とは無いでしょう。
 私は Unicode対応もしていないへなちょこ Terminal.appは使いたくな
いので、拙作 system OSAXを利用した dropletを使っています。Dorpし
た fileを chmod +xしたり、sudo rm -frしてしまう恐い物まで取り揃え
ています。
 私の OSAXは C/C++で最初から移植性を意識して書いていますので、
OSX対応は初期化絡みの codeを修正する位で簡単でした。

 現在の OSAXで問題なのは global namespaceしかないので、名前や 
parameter codeの衝突が起り易いことでしょう。私はこれが直れば他は
現在の単純な仕組みのままで一向に構いません。

Junnama san wrote:

》実はWebサイトのアクセシビリティをチェックするツールを作って公開
》した時に「今さらCarbon対応でも無いソフト等...」と一部のサイトで
》批判され、やりきれない思いになったことがあります。

 実用的な物を作り出す苦労や工夫の意義を解らない人間は放っておき
ましょう。私は自分で作った古い toolを最新の物と喜んで一緒に使って
いますし、未だに Actaやら SuperPaint 2.0も使っています。

sendai-mt san wrote:

》OSXの内部が素晴らしいと言うことは何となく理解出来ますが、

 OSXは application levelの APIも内部もまだまだ酷いものです。
 OSX上でまともに MacOSらしく動く applicationを作ろうとすると、
bugやら杜撰な設計やらを回避する処置が山の様に必要なことが解りま
す。

》まぁ、本音はOS9にマルチスレッドとかメモリー保護とかを入れて欲し
》いのですけど。そうしたらOSXは不要になってしまうけど。

 MacOS 8.6以降は symmetrical multi processingかつ preemptive 
multitaskです。
 OS9での「本当の」問題は I/O等周辺の部分が preemptive multitask
を前提に設計されていないため、ごりごり計算する処理以外は 
preemptive multitaskにしてもほとんど効率が良くならないことです。
 Dual processor機種で iTunesの MP3 encodingや拙作 MTFractal等を
使ってみれば、OS9の symmetrical multi processing / preemptive 
multitaskの偉力は解ります。

Junnama さんからのコメント
( Tuesday, December 11, 2001 02:25:14 )

本題(田中先生の問いかけ)に戻れば、例えばMacOS XでCGIを開発する場合に例
えばPerlなら文字コードの変換にはJcode.pl やJcode.pmがあって、フォームデ
ータの分解にはCGI.pm等があって、PerlでなくともPHPも使えるだろうし、とい
うことがあるわけですね。

OS X で、CGIにAppleScriptを使うということが私にはまだまだ分かっていない
ということもありますが、じゃあ例えばDTPの世界でOS Xがどうかっていうと多
分まだまだ(というか最も移行のハードルが高い分野だと思う)でしょうし、少
なくともOS XとAppleScriptのもっと素敵な関係を示していただかなければ、移
行する必要性・メリットは無いと思います(「Tanaka's osaxのようなツールで
あるからこそ」移行のメリットはあまり無いように感じます)。
少なくともOS XでのCGIやサーバーサイドスクリプトなら(現在なら)、私はPerl
やPHPを使うでしょう。

実際、Classic(OS9.xまで)のCGI開発とAppleEventというのは切り離せない存在
だった訳で、そうではない(OS X)環境では、数あるUnix系OSの開発環境を超える
メリットがなければ、AppleScriptでCGIを書く意味が無い。であれば、あとは移
行の問題と田中先生の全く個人的な動機ということになります。

> Tanaka's osax の OS X 版はどうなるのという問い合わせ

どこにその必要があるのかを示していたかないと、「どうなるのという問い合わ
せ」だけでは何とも動きようがないような気がしますね。ニーズがある、という
ことはメリットがあるということでもあって、今は逆に「どこに使うのか」って
聞いてみたら答えが見えるかもしれません。

田中求之 さんからのコメント
( Monday, December 17, 2001 00:57:05 )

AppleScript Studio をようやくインストールして(しかし 200M 強のファイルを
ネット配付するかねぇ? もっとも CD が来るのを待つよりは、少しでも早く
手に入るのはうれしいですけど)、色々と触り始め、なんとなく OS X の
AppleScript の感触を感じ始めています。

Tanaka's osax について、皆さんの意見などを読んで思ったこと、考えたこと
は、改めて書き込みますが、AppleScript Studio があっても、OS X に移行する
気にはならない(自分のメインの OS を)私です。