このページは福井県立大学の田中求之が2006年1月まで運用していた Mac のサーバ運用に関する会議室 「Web Scripter's Meeting」の記録です。情報が古くなっている可能性がありますのでご注意ください。

ファイルメーカー内のオブジェクトフィールドの画像変換

発言者:植田省吾
( Date Wednesday, December 05, 2001 17:40:24 )


現在、ファイルメーカーPro. v5.0を使用しています。そのファイルのオブジェクトフィールドにピクセラからビデオキャプチャーした動画をQuickTime4.12でみて、その静止画をカットアンドペーストして、ファイルメーカー内に入れています。そのDATAをネットワークを組んでいる他のパソコン(WINDOWSNT、QuickTimeはインストール済み)で見ても、見ることができません。たぶん、ファイルメーカー内の画像DATAはPICT形式と思われますが、WINDOWSでも見ることができるようにする方法は何かないでしょうか?
JPEGにでも、一括変換できれば、良いのですが。今まで、1000枚ほど、ペーストしているので、一つ一つするのは大変です。
よろしくご教授下さい。

やすもと さんからのコメント
( Wednesday, December 05, 2001 18:20:10 )

ファイルメーカに入れてある画像をWINで見るには、
いくつかの方法があると思いますが、
(現在、の状況がわからないので?)
一番簡単な方法は、WINにもFP5をインストールして、
もとの、ファイルメーカーのファイルをマルチユーザーにして、
共有設定にして、このファイルをWINの端末から指定して開けば見えるはずです。

また、インスタントWEBの設定を入れて、
WINからブラウザーでファイルのあるマシンのIPを指定すればみえますが、
たしか、FP5のWEBの制限で5クライアント以上の接続できなかったと思いますので、
クライアントが多い場合はFP5のアンリミテットを使用しないといけないかもしれません。

最後に、JPG/GIF/にはもとからFM5は対応しているので変換なんていりません。

もう少し、FP5を動かしているマシンの状況とかWInの状況がないと情報がえられませんよ!!
(サーバー機能がついているのか/ただのFP5しかインストールしていないとか)
LANの状態とか(かくマシンにプライベートIPが振り分けられているのか/
グローバルIPなのか?)

えむ@長浜 さんからのコメント
( Wednesday, December 05, 2001 18:42:11 )

PICTは基本的に Windows では見られませんから厄介ですね。
GraphicConverter を使えば一括変換できるはずです。
拡張子の追加や変換までやってくれるかどうかは分かりませんが。
(なにぶん、この機能を使ったことがないので......)
フリーウェア、シェアウェアにも画像ファイルの一括変換機能を
持ったものはあると思いますよ。

よもぎ さんからのコメント
( Thursday, December 06, 2001 00:15:08 )

メーリングリストで同じ質問が出ています.
http://www.ogawa.tokushima.tokushima.jp/~fmjuser/fmjml_logf/mllog/28800/028933.html

http://www.ogawa.tokushima.tokushima.jp/~fmjuser/fmjml_logf/mllog/28800/028945.html
で回答しましたが,誤解があるのか,ファイルメーカのバグや環境のせいなのか,MAC側で
ペーストしたデータもWINDOWSでみることができるはずです.

ファイルメーカのヘルプの「グラフィック,サウンド,およびむーびの操作について」という
項目をご覧ください.PICTはWINDOWSでも見ることができるように書かれいます.

最近思うのですが,事実確認をひとつづつやって行かれない方が多くて,技術情報が蓄積
されていきません(悲).


えむ@長浜 さんからのコメント
( Thursday, December 06, 2001 11:16:29 )

こんにちは。PICTの話は前にも出ていたんですね。

実は「PICTはWINDOWSでも見ることができる」というのは正しくもあり、
間違いでもあるのです。
「MAC POWER 2001年1月号」の230ページの柴田文彦さんによる連載記事
「Mac OS 進化の系譜 12」に、この件に関する記述がありますので
引用します。少々長くなりますが、必要だと思われるので省略しないで
おきます。

「同じMac同士とMac-Windows間でのデータ交換ではPICTの意味が全く
異なることをご存じだろうか。それは、PICTが持つ二面性をそのまま
反映した違いでもある。
 Mac同士でのデータ交換の場合は、PICTフォーマットで保存された
データを解釈するのはあくまでもQuickDrawそのものだ。従って、本来の
PICTとしてQuickDrawの描画命令のほとんどすべてを持つことができる。
それに対してMac-Windows間のデータ交換では、QuickDrawを搭載しない
Windowsは、フルスペックのPICTを解釈できない。例えば、ファイル
サイズが小さく非常に単純な構造のPICTがあるとする。それでも、ある
1つを除く様々な描画命令を含んでいると、Windows版のPhotoshopでは
読み込めないのだ。
 それなら何が解釈できるのか?ビットマップ(ラスター)画像を描いた
PICTだけである。つまりこの場合のPICTは、QuickDrawのメタファイルと
してでなく、TIFFやGIFなどと同様に1つのビットマップ画像フォーマット
として使用されているにすぎない。」

私自身、この記事の内容を十分に理解してはいないので、何か質問され
たとしても困ってしまうのですが......

実際にクラリスワークス4のドロー機能で作成したPICTファイルを、
Mac版とWindows版のとPhotoshop 5.5で開いてみたところ、Mac版では
なんなく開けましたが、Windows版ではエラーが出てダメでした。

結局のところ、どう解決したらいいのかというと、やはりJPEGあたりに
一括変換するのがいいんでしょうね。

えむ@長浜 さんからのコメント
( Thursday, December 06, 2001 11:22:44 )

「JEPGにでも変換すればいい」と書きましたが、「オブジェクトフィールドに
ペースト」されているんですね。
これだと画像ツールを使った変換はできないんですよね?
ファイルメーカーProのスクリプトとAppleScript を組み合わせて、処理を
自動化できたりするといいのですが、私にはそれだけの知識がありません。
お役に立てそうになくてすみません。

今泉克美 さんからのコメント
( Thursday, December 06, 2001 11:42:33 )

どういうかたがたがを対象に
PICT画像を見せるのかにもよると思いますが、、

日経BPサイトの記事によれば
http://pcgaz.nikkeibp.co.jp/qa/win/oth/oth_81.shtml
【PICTファイルを開くには、
アップルが提供する「QuickTime」の
Windows版を使います。
QuickTimeは動画やストリーミングの
再生から静止画の表示までできるソフトで、
同社のWebサイトからダウンロード可能です。】

とあります。参照されるユーザが了解すれば
よろしいだけになります。
無料版もあるはず。

−−−−−−−−−−−−−−−−−

MicrosoftOffice97のProfessional版を
カスタムインストールすると
グラフィックフィルターを選択できて
PICT形式がサポートされていました。
「MSIE」や「MSPHOTOEDITOR」で
画像表示をするためのものと考えられます。
既定値インストールでは確か
サポートしなかったはずです。

ただし、フルスペックのPICT画像を解釈できるのかは
不明です。実験要。また、MsOffice2K以降では
どうなっているのか、私には不明です。

こういったこともあるので
一概にはいえないですね。

なお、私の職場のパソコンでは(WIN98)
なぜか不明ですがPICT形式は見れません。
おとなりの席のパソコンは見れます。
pict画像がはってあるサイトページを見たときに
私は、多少、がっかりします。

こういうユーザもまだまだいるのではと思います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−

Serizawa さんからのコメント
( Thursday, December 06, 2001 13:24:15 )

ファイルメーカーのMLにも出ていたと思いますが、ファクトリー社のFactory's FileMaker Plug-inの関数を利用すれば、オブジェクトフィールド内の画像を外に出すことなく、例えばJPEG変換することも可能ですよ。
お試しあれ。

→  Factory's FileMaker Plug-inのページ

Serizawa さんからのコメント
( Thursday, December 06, 2001 13:25:44 )

先のコメントに改行を入れるのを忘れてしまいました。
読みにくいコメントをして申し訳ありませんでした。

やすもと さんからのコメント
( Thursday, December 06, 2001 18:43:38 )

すみません!!
てっきりWINでも標準でサポートされていると思いました。
とゆうのは、以前私のところでもWINで見えていたからです、
ただの、ファイル共有で!!
なので、通常のWINでも見れるとおもっておりました!!

FP5のインスタントWEBではだめなのでしょうか?
これなら、勝手にコンパニオンが画像をWEB様に変換して
ブラウザーから見ることができます、
(基本的にFM5がサポートしているものなら何でも可能です。
EPSでも勝手にJPGに変換してブラウザーから見ることができますよ!)
適度な検索もつきますので!!

植田省吾 さんからのコメント
( Friday, December 07, 2001 11:16:03 )

たくさんのコメントありがとうございます。
説明不足ですみません。
現在、G4(OS9.1),G3(OS9.1),Windows NT, WINDOWS 98の4台でネットワーク(PC-MAC LANを使用)
Fm5、QuickTimeはWINDOWSにもインストールしています。
Fm5はマルチユーザーとし、WINDOWS NTをサーバーにして、入力はG4の方からFM5にしています。QuickTimeでの静止画をFP5のオブジェクトフィールドにカットアンドペーストしたものがWINDOWS側から見えません。(G3からは見えます。)
現在はJPEGに保存して、取りこんでいますので、WINDOWS側からも見ることが出来ますが、そのDATABaseで、過去にカットアンドペーストした画像DATAが1000枚ほどあり、それを何とかWINDOWS側でも見れるようにならないと悩んでいます。