このページは福井県立大学の田中求之が2006年1月まで運用していた Mac のサーバ運用に関する会議室 「Web Scripter's Meeting」の記録です。情報が古くなっている可能性がありますのでご注意ください。

CGIKitにエラーがありました

発言者:後原しのむ
( Date Sunday, July 15, 2001 23:08:02 )


はじめまして。

ここにあったCGIKitを使おうとして構文チェックしたところ、
全てのスクリプトに構文エラーが見つかりました。
正しいソースを知りたいのですが。

fool さんからのコメント
( Monday, July 16, 2001 07:19:14 )

そんなばかな。一体どんな環境で実行したのですか?

重松修 さんからのコメント
( Monday, July 16, 2001 09:57:17 )

単にスクリプトが日本語になってるだけではないですか?
構文を英語にすればよいと思います。
はずしていたら、ごめんなさい。

稲垣 さんからのコメント
( Monday, July 16, 2001 10:23:52 )

 幾つかアドバイスが出ていますが、実際にはどんなエラーが出ているのでしょうか?

 キットに付属しているマニュアルに記載されているはずですが、コンパイルするために
必要な準備があります。

1.AppleScriptでの言語を英語にする
 複数の言語でかけますが、配付のキットは英語で書かれていますので、スクリプト編集
エディタで、構文を英語にする必要があります。
 ただし、MacOS 8.5?からは英語しか選べませんので、該当のOSのバージョンでは気に
しなくてもいいでしょう。

2.OSAXを所定の場所にコピー
 配付のキットは、AppleScriptの標準機能だけでは動作しません。AS用の機能拡張ファ
イルを所定の場所にコピーする必要があります。
 システムフォルダ内の「スクリプティング機能追加」にコピーします。
#古いバージョンのシステムだと、機能拡張フォルダ内あります。

3.OSAXのバージョンが正しく無い
 これは、Tanaka's OSAXのバージョンは1.xと2.xがありますが、微妙にコマンドが異
なりますので、互換性が殆どありません。また、両方のバージョンを同時利用はできな
いので、両方を入れている場合には、残念ながらどちらかを外して下さい。
 1.xように書かれたスクリプトは1.xで利用してみて下さい。多分、配付キット内に同
梱されているものを使えば問題は無いと思います。


後原しのむ さんからのコメント
( Monday, July 16, 2001 11:16:11 )

>一体どんな環境で実行したのですか?
Apple純正の最新のスクリプト編集プログラムの構文確認機能を
利用しました。OSのバージョンは9.0.4です。
まだコンパイルはしていません。

>OSAXを所定の場所にコピー
Tanaka's OSAX 2.0.1をスクリプティング機能追加に入れています。

稲垣 さんからのコメント
( Monday, July 16, 2001 11:37:11 )

>>OSAXを所定の場所にコピー
>Tanaka's OSAX 2.0.1をスクリプティング機能追加に入れています。

 で、配付パッケージを確認しましたが、CGI Kit 1.3は、Tanaka's OSAX 1.x用の
キットとありますので、Tanaka's OSAX 1.xシリーズにしないと動作しないはずです。
配付ドキュメントには、1.0以上とありますが、2.0シリーズが配付される前のドキュ
メントで、2.0は1.0シリーズとは互換がないので、入れ替える必要があります。
#少なくともWebページの記載を変えた方がいいかと>田中先生

田中求之 さんからのコメント
( Monday, July 16, 2001 11:43:09 )

そうですね、CGI Kit 自体を 2.01 対応に書き換えるか、引き下げるかした
ほうが、混乱がなくていいですね。

改善します。