このページは福井県立大学の田中求之が2006年1月まで運用していた Mac のサーバ運用に関する会議室 「Web Scripter's Meeting」の記録です。情報が古くなっている可能性がありますのでご注意ください。

Tango復活?

発言者:石津@RJC
( Date Wednesday, July 11, 2001 19:19:29 )


MacWIREの記事になっていましたが、Pervasiveに買収され、その後事業リストラで
開発中止になってしまったTangoが復活するようです。
Tangoの権利を購入したのはオーストラリアの会社でした。
製品名はWiTangoとなるようです。

HP上でユーザの意見をいろいろと集めているようですので、なんとかして
日本語環境への対応をお願いしようと思っています。
Web開発環境としては、かなり使いやすいですし。

#日本の企業に購入して欲しかったなー(^^;)

→  WiTango.com

広瀬@明治大学 さんからのコメント
( Thursday, July 12, 2001 09:19:26 )

私もその記事を読んで期待しているところです。今頃、Tangoを使い始めて
いますが、FileMaker本体が持っているWeb機能よりも開発しやすいと
感じます。それにセキュリティの面でも、FileMakerが採用した手法よりも
ましではないかと思います。

miyake さんからのコメント
( Thursday, July 12, 2001 19:33:18 )

私も期待しております、
Win版は出るとして、Mac版それも日本語版は、期待薄いですが、、、
Tango2000は結構高くなってしまいましたので、安くなることを
望みます。
しかしWiTangoですか、(ウィタンゴ?)
次はShall Wi Tangoですね (スペル違いましたWi→We)