このページは福井県立大学の田中求之が2006年1月まで運用していた Mac のサーバ運用に関する会議室 「Web Scripter's Meeting」の記録です。情報が古くなっている可能性がありますのでご注意ください。

ページ書き換えの自動通知(続き)

発言者:のりちゃん
( Date Monday, July 02, 2001 18:05:06 )


横からちょっと失礼します。

エラーが出たりでなかなか試せなかったのですが,MT_FileWatcherをGM1から
試用させていただいています。
お聞きしたいのは,更新ファイルなどが何もなくてもメール通知がきてしまい
ます(一日24通)。

「...一定時間内に更新されたものがあれば、それをメールでレポートする
ようになってます。」
とのことでしたが,仕様変更されたのでしょうか?

LC630/36MB;MacOS7.6.1J;UVJ_Mailer_2.1_68Kで使用中です。


田中求之 さんからのコメント
( Monday, July 02, 2001 18:12:24 )

>更新ファイルなどが何もなくてもメール通知がきてしまい
>ます(一日24通)。

すいません、ドキュメントの方が間違っています (^_^;; 「定期的に
チェックを行って、その結果をメールする」というのが正しい仕様(表現)
です。

ドキュメントの方を、修正しておきますね。

たまちゃん さんからのコメント
( Monday, July 02, 2001 20:30:29 )

>一日24通

1日に1度にすることもできます。

のりちゃん さんからのコメント
( Monday, July 02, 2001 22:19:07 )

>ドキュメントの方が間違っています

そうでしたか。片手間管理者としては変更があった時だけ通知してくれると
とっても有り難かったのですが...
最近周りでIIJ絡みのWeb改竄事件が頻発していることもありますので。

>1日に1度にすることもできます。

ということにして使おうと思います。

どうもありがとうございます。

のりちゃん さんからのコメント
( Monday, July 02, 2001 22:27:10 )

IIJじゃなくてIISでした

ところでたまちゃん先生のMac OS によるサーバの講習会のレジメは公開される
予定はないのでしょうか?(聞いてみたいな〜)

たまちゃん さんからのコメント
( Monday, July 02, 2001 22:38:58 )

資料等は一切用意しませんので,悪しからずということで開きまし
た。

■ウェブサーバ 

・MacHTTP 2.3
・Quid Pro Quo 1.0.2
・Quid Pro Quo 2.1.3
・WebSTAR 4.2J
・WebTen 3.0(時間の関係で出来ず)


■メールサーバ 

・Eudora Internet Mail Server (EIMS) 1.3.1
・SIMS 1.8b8
・Eudora Internet Mail Server 2.2.2
・Eudora Internet Mail Server 3.0.3

の順に延々とデモを繰り返しました。

A:「Mac OS のサーバって,侵入されないって本当ですか?」
た:「本当です。でも自分でたまに爆発します。」

なんて調子でやってました。あ,もちろんきちんと設定すれば爆発
しないことも言いました。にわか仕立てのマシンだったので,エラ
ーが出て,あげくに凍ってしまい,看板に偽りありになってしまい
ました。

た:「こんなこともありますが,サーバの候補にするマシンは1年
くらい動かして,その後で仕立てましょう。」

なんて逃げてしまいました。(^_^;;

田中求之 さんからのコメント
( Monday, July 02, 2001 23:25:23 )

>片手間管理者としては変更があった時だけ通知してくれると
>とっても有り難かったのですが...

では、このように動作するオプションを 1.0 正式版では組み込みますね。
(組み込むのは簡単なことなので)

たまちゃん さんからのコメント
( Tuesday, July 03, 2001 00:18:41 )

>変更があった時だけ通知

WebSTAR などのログファイルは? 特定のファイルをレポートから
除外するオプションを。。

あ,そうか,自分で除外(ターゲットフォルダの外にログファイル
を置く)すればいいのか。

おやすみなさい。

田中求之 さんからのコメント
( Tuesday, July 03, 2001 00:49:03 )

>あ,そうか,自分で除外(ターゲットフォルダの外にログファイル
>を置く)すればいいのか

そうしていただけると助かります。さすがに、個々のファイルの識別を
やらせるとなると、ぐぅ〜っと処理が面倒になるので。せめて、クリエータ
での除外程度なら対応できるのですが(でも、ログファイルは他のアプリの
クリエータになっていることが多いですよね。WebSTAR のログファイルは
BBEdit のクリエータになっていたはず)。

猫の手 さんからのコメント
( Tuesday, July 03, 2001 07:24:45 )

おはようございます。この時間なら、ここもかなり軽いですね。

>1日に1度にすることもできます。

 便乗のresなんですが、2時間に1度ってなことはできないでしょうか。
非力なマシンで作業していると最近30分くらいかかってしまう作業があって、
1時間のうち半分busyってのも頂けないし、2時間に1回くらいの更新で十分なんですが。

田中求之 さんからのコメント
( Tuesday, July 03, 2001 12:29:28 )

>2時間に1度ってなことはできないでしょうか。

対応しましょう。UVJ Mailer の方はいじりたくないので、Watcher の方で
対応します。

現在、ダイレクトパラメータは空欄にしておくようになっていますが、ここに
2 と書けば2時間ごと、4 と書けば4時間ごと、にチェックを行うように
します。

ようするに、パラメータで渡された数字で割り切れる時間だったときには
チェックを行うようにしよう、ってことです。それ以外の場合には、チェックは
行わないようにします。

A_齋藤 さんからのコメント
( Wednesday, July 04, 2001 03:00:27 )

ファイル単位の監視は可能でしょうか?データベースの特定ファイル
のみを監視したいのですが(ディレクトリを変えたくありません)。

田中求之 さんからのコメント
( Wednesday, July 04, 2001 10:12:18 )

>ディレクトリを変えたくありません

これがどういうことなのか良く分らないのですが、あるファイルに変更が
あったかどうかを確認したいということでしょうか?

ファイルが一つなら AppleScript でチェックするスクリプトを書くという
方法もありますが。

A_齋藤 さんからのコメント
( Wednesday, July 04, 2001 11:04:36 )

ちょっとへんな書き方ですみません。フォルダー中の数ファイルだけを
監視し、他のファイルは無視したいのです(データベースなので頻繁に
変更が起こるため)。

> ディレクトリを変えたくありません
これは無視してください。

田中求之 さんからのコメント
( Wednesday, July 04, 2001 11:29:22 )

あ、なるほど、特定のクリティカルなファイルの動向だけを監視したい、と
いうことなんですね。

残念ながら MT File Watcher のコンセプトとは大きく異なりますので、
MT File Watcher で対応することは出来ません。

ただ、処理としては簡単なことなので、ソースを改造すれば、比較的簡単に
ファイル単位での監視を行うものを作れます。時間があれば作ってみますね。

田中求之 さんからのコメント
( Wednesday, July 04, 2001 14:12:53 )

1.0GM2 を登録しておきました。今回はアプリケーションしか入れてません。

今回のバージョンは、内部的なコードの変更以外としては、UVJ Mailer から
呼びだす際の direct parameter によって動作を変更させるようにしたこと
です。

1 から 24 までの数字を渡すことで、その数字で割り切れる時間であった場合
のみチェックを行います。たとえば 13 を指定すると、午後1時(13時)
の時間帯であった場合だけ、チェックするわけです。

また、マイナスの数( -1 から -24 まで)を渡した場合には、変更等が
見つかったフォルダーに関してだけのレポートを発行します。もし target
内のどのフォルダーにも変更がなかった場合には、レポートは発行されません。

たとえば -1 を指定すると、呼びだされるたびに、チェックと情報のアップデート
は行いますが、チェックの結果、何の変化も見つからなかった場合には、
メールは送られません。


→  MT_File_Watcher_1.0GM2.sit

猫の手 さんからのコメント
( Friday, July 06, 2001 07:31:15 )

 早速、1.0GM2を試させていただきました。
ネットワーク上のファイル情報もきちんと取得できていました。動作時間帯を割り振る
機能も実装していただき、ありがとうございました。

 で、何であんなに速いんですか。私もTanaka's Osax(Thanks!!!)を使わせていただい
て、スクリプト組んでファイルリスト作ってますが、速さが、全然違いますね。今まで
のスクリプトを今回のレポートを元に解析するものに作り替えようかな。

 

田中求之 さんからのコメント
( Friday, July 06, 2001 12:19:39 )

GM2 にもまだバグは残っている( - と時間の組み合わせがうまく機能しない
と思います)んですが、とりあえずうまく動いたようで何よりです。

>で、何であんなに速いんですか。

このところ処理速度を上げるために色々と手を加えていたので、そう言って
いただけるとうれしいです。

細かいこと(実際に効果があるのかどうか分からないことも含めて)を
あげるとけっこうになるんですが…

・PPC Native で処理している

・処理速度の鍵を握るのはやはりファイルの情報を取得する部分だと思い、
 この部分を REALbasic 内で Toolbox を直接呼んで処理するようにした
 (この部分では Rb のファイル操作のコマンドも使わないようにした)

・情報を単純な文字列で記録・比較している

・ファイル/フォルダーを ID で追跡している

…あたりが効いているかな、と思います。


この週末には、正式版としてリリースしてしまおうと思っています。本当は
AppleScript から利用できる機能をもっと充実したかったのですが、そこに
こだわるときりがなくなるので。

田中求之 さんからのコメント
( Saturday, July 07, 2001 14:51:42 )

MT File Watcher 1.0 をリリースしました。

1.0GM2 からは、内部的な改良以外に、ダイレクトパラメータの処理のミス
を修正してあります。Rb 2.1.2 のプロジェクト付き。

→  MT File Watcher

しあわせのツボ さんからのコメント
( Wednesday, July 18, 2001 11:27:08 )

同じようなことを考えた人がいるようです。(^^;

→  One Trick Pony