このページは福井県立大学の田中求之が2006年1月まで運用していた Mac のサーバ運用に関する会議室 「Web Scripter's Meeting」の記録です。情報が古くなっている可能性がありますのでご注意ください。

ADSL利用時のDynamicDNSについて

発言者:松本
( Date Wednesday, June 13, 2001 17:52:31 )


伊豆へもようやくADSLが来ました。
現在はOCNエコノミーなのですが、固定IPのないADSLサービス等でも
DnyamicDNSを使用する事によってサーバーを運用する事ができるというのを
最近よく目にするのですが、本当に使えるのでしょうか?

「DDNSでは、IPの切り替えにタイムラグが出る場合があり、その間は外部か
らサーバーにアクセス出来ない。安定性にやや欠けるので、ビジネスには不
向き。あくまでも趣味の範囲の利用に限られる。」

という文章を雑誌で読んだのですが、やはり、あまり実用レベルではないの
でしょうか?アメリカなんかではかなりそういう業者が沢山あるという事も
よく目にします。
128Kで月に30,000円も払っているので、ADSLの帯域と価格を見ると、切なく
なってきます...(^^;

スーパーOCN DSLアクセス-->静岡県はまだまだ先の予定だそうです。
→<http://www.ntt.com/NEWS_RELEASE/2001NEWS/0006/0607.html>

御存じの方、どうか御指導下さいませ。

Roadster さんからのコメント
( Thursday, June 14, 2001 00:19:15 )

私は自宅で、フレッツADSLの常時接続にして、米国のDynDNSを利用して、Web,
 Mail, Fileサーバーを運用してます。このDynDNSは無料ですが維持のために
寄付を希望しており、20ドルしたらDomain nameを20貰えました。フレッツ
ISDNのころから通算すると、半年くらい使用してます。IPアドレスは接続し直
した時に送ります。(その後1時間おきに自動的に送るように設定)


松本 さんからのコメント
( Friday, June 15, 2001 12:28:59 )

Roadsterさん、コメント有難うございます。
実際に使用していらっしゃるのですね。(^^)
タイムラグがあって、HPが見れないとかは、ないのでしょうか?

色々調べてみると、やはり固定IPのサービスまで待つ方が
イイ様な気がしてきました...(^^;
料金は、魅力なんですが...

Roadster さんからのコメント
( Friday, June 15, 2001 19:29:03 )

タイムラグというのはDynamic DNSサイトを経てWeb serverへ達する時間の
ことだと思いますが、他の原因によるのと判別できませんが、あまり気になり
ませんでした。外出先から自宅のWeb serverへアクセスした時に見れない
ことはありませんでした。

このDynDNSサイトのRedirectionのサービス(プロバイダーの長いURLの代わ
りに、このサイトが持っているdomainの範囲で自分の好みの短い名前をつけ
て、プロバイダーにおいてあるWeb pageにアクセスを転送する)も利用し
ており、この時もライムラグは気にならなかったです。

ただ、長期の信頼性やその他もろもろから言って、おっしゃる様に固定IPの方
がはるかに安心だと思います。私の場合は限られた人の間の気楽な目的に利用
していますので。

フレッツISDNの時のDynDNSの使用方法は、下記参考ページにコメントして
ます。

→  フレッツISDNでサーバ構築