このページは福井県立大学の田中求之が2006年1月まで運用していた Mac のサーバ運用に関する会議室 「Web Scripter's Meeting」の記録です。情報が古くなっている可能性がありますのでご注意ください。

WebSTAR4のMail Plug-InをAppleScriptで操作するには? +Rumpus

発言者:HA
( Date Wednesday, May 23, 2001 17:06:10 )


はじめまして。HAともうします。
使っている人が少なさそうな.....WebSTAR4のMail Plug-Inと結構つかってそうな
FTPについて質問です。(過去ログをみてそんな感じでした)よろしくおねがいし
ます。

社員20人分のメールをWebSTARのMail Plug-Inで運用していました。パスワー
ド変更などを留守がちな私が毎回やるのは手間がかかると思いWEBブラウザ上から
メールパスワードの変更ができるAppleScriptのCGIを作成しようと思いました。
が、Mail Plug-InやFTP Plug-InにはEVENTがないみたいです。

他に方法はあるのでしょうか?

FTPサーバーのRumpusってAppleScript対応なんでしょうか?
(DEMO版をダウンロードしましたが、AppleScriptの辞書は表示されないのに
FTPユーザーIDの追加サンプルスクリプトは実行できました。表示されないだけか
な?)

ちなみにEIMS3はAppleScript対応でした。
WebSTARの保護領域や保護領域に対するユーザーIDとパスワードのAppleEvent
類は用意されています。

よろしくお願いします。

田中求之 さんからのコメント
( Wednesday, May 23, 2001 17:28:44 )

Plugin を AppleScript で操作することはできません。ですから、Mail や
FTP の Plugin の設定を AppleScript で行うことはできませんね。

Rumpus は、AppleScript に対応しているようですが、辞書情報が登録されて
いませんね(v1.3.4)。ただ、付属のサンプルをみればわかるように、ちょっと
変則的な書き方(AppleEvent ナマ書き)ですが、ちゃんとコントロール
できるはずです(充分には試していませんが)。

HA さんからのコメント
( Friday, May 25, 2001 12:37:21 )

ありがとうございます。
やっぱりPluginをAppleScriptで操作できないみたいですね。

EIMS3を購入しようとしているのですが
http://mtlab.ecn.fpu.ac.jp/webcon.mtxt$001127113914.html
を参考にbeyond.comにアクセスしました。

EIMSの最新版3.0.3についてなんですが、

ダウンロード購入できるEIMSのバージョンは3.0でしょうか?

アップデータとして3.0.1と3.0.2と3.0.3のパッチが出ていますが、順番にパッチをあて
ていくのでしょうか?それとも3.0に3.0.3のパッチをそのまま当てられるのでしょうか?

海外ショッピング初めてなものでして、よろしくおねがいします。

田中求之 さんからのコメント
( Friday, May 25, 2001 12:54:09 )

>ダウンロード購入できるEIMSのバージョンは3.0でしょうか?

これについては分からないのですが(最近購入された方、いますか?)
パッチは、順番にあてていくことになります。

さとう さんからのコメント
( Friday, May 25, 2001 13:06:46 )

3月23日に購入しましたが、バージョンは3.0(.0)でした。
いっぺんにアップデートできないので
1つずつ順番にアップデートします。
EIMS ADMINもアップデートがあります。

HA さんからのコメント
( Friday, May 25, 2001 14:31:51 )

日本の代理店がないので心強いです。

EIMSはこれから購入します。
バージョンについてですが
EIMS 3.0.3
EIMS ADMIN 3.0.2
が現在の最新版と確認しました。
ほんとうにありがとうございます。

購入後にダウンロードしたEIMSのバージョンをお知らせします。

HA さんからのコメント
( Monday, May 28, 2001 12:17:17 )

EIMSをを購入いたしました。

クレジットカードでの支払い後、「Beyond-com Download Manager」とかいう
ダウンロードソフトをダウンロードしてEIMS製品版インストーラをダウンロードしました。(説明がややこしい)
バージョンは3.0でした。

シリアルNoなど入れる箇所はなさそうなのでこれで製品版として使えそうです。