このページは福井県立大学の田中求之が2006年1月まで運用していた Mac のサーバ運用に関する会議室 「Web Scripter's Meeting」の記録です。情報が古くなっている可能性がありますのでご注意ください。

こんなことがあるのですが…

発言者:たけちゃん
( Date Friday, May 18, 2001 13:20:28 )


※すみませーん!!改行入れるの忘れました!
いつも皆さんの会話には勉強させられます。
さて、私は最近転職しある会社のシステム管理をするようになったのですが、(ネ
ットワーク管理は勉強中。)4月ぐらいからWin NTサーバーがフリーズする(電源ケ
ーブルを抜かないと再起動できない)というトラブルに悩まされております。それも
同じ機種・スペックのサーバーが…。当然、エラーログ、ハード、サービスパック
等自分たちで考えられることはチェックしているのですが、はっきりとした症状が
ないのです。2つのサーバーのゾーンの共通するところは、
・Macintoshクライアントが多い
・重たいデータのやり取りがある
ということです。そこでズバリ!Macintoshクライアントの数によって、サーバー
がフリーズするという影響はあり得るのでしょうか?ただいまMacは10Baseのスイ
ッチング、サーバー、基幹は100baseスイッチです。はずかしながらMacintoshネッ
トワークに関しては、詳しい資料もなくわからないのです。

何卒、宜しくお願い申し上げます。

ショージ さんからのコメント
( Friday, May 18, 2001 23:06:53 )

クライアントの数によってサーバがフリーズすると言うことはあります。それはサーバの能力以上の仕事をクライアントがさせた場合です。

他のメッセージにもあったのですが、サーバ/クライアントのシステムで
は、どちらかの負荷、もしくはネットワークの負荷が高まって作業ができな
くなるとフリーズしたような現象(ネットワークを待っている)になること
があります。

サーバにはログが必ずありますので、フリーズしたときには直前のログをみ
るようにしましょう。それが管理者としての最低限の仕事です。これはサ
ポートベンダーなどとの交渉ネタとしても有効です。もちろん、こういった
会議室に投稿するときも同様です。

また、安モンのスイッチングハブを多重化していると、ハブ同士が会話がで
きなくなって(覚えているポートをしっかり把握できなくなる)ネットワークがだめになってしまうこともあります。物理的に問題がなければ無駄なカスケードはしない方が良いと思います。

たけちゃん さんからのコメント
( Monday, May 21, 2001 12:15:10 )

ショージ様!、ifook様こんな私に早速のコメント誠に有難うございました。
ifook様、もうすこし詳しい状況をお知らせさせていただきます。
バージョン:Windows NT 4.00.1381サービスパック6a
サーバー機:富士通GRANPOWER 5000 MODEL180(PIII 600)
メモリ:128MB
調子が悪いサーバーAのクライアント数:Mac126台、Win228※全台が常にアクセス
していることはありません。また、通常はエクセル、ワードなどのファイルをクラ
イアントからサーバー上で開くといった使用がされています。(たまにどっかの××がいっきに数百メガのファイルをサーバーにコピーしてしまう時があります。)
調子が悪いサーバーBのクライアント数:Mac58台、Win45台※ここはAと違い主に
Macで印刷用の重たいデータをサーバーに入れることが多いです。また使用頻度も高
いです。たしかに負荷は大きいかもしれません。
各種共有:Aサーバーはファイル共有のみです。
     Bサーバーはファイル共有とWinのみプリンタサーバーとして使用してま
す。
その他:フリーズの後のログを確認しても、なんのエラーも出ていないんです。調
子が悪くなる以前から”UnicodeをANSIに変換できませんでした”というMacクライ
アントに対してのエラーはバンバン出ているのですが、いろいろな情報筋に確認す
ると、「あ〜それはMacサービスを利用すれば必ず出ちゃう(みたい)し、出てても
ぜんぜん問題なく稼動しているところはいっぱいある」とのことでした。また特にこ
の「富士通GRANPOWER 5000 MODEL180」だけが調子悪いので、メーカーに問い合わせ
をしてみても再現性も特定できていないのではっきりとした答えも無く…。ハード
エラーらしいものもぜんぜん出ず。エ、エ〜ン、エ〜ンおがーちゃーん(T;T)。
ショージ様、ハブはカスケードしている部分もあるかもしれませんので、確認して
みます。!!
皆様、何かございましたら何卒宜しくお願い申し上げます。