このページは福井県立大学の田中求之が2006年1月まで運用していた Mac のサーバ運用に関する会議室 「Web Scripter's Meeting」の記録です。情報が古くなっている可能性がありますのでご注意ください。

Windows 2000+QuickDNS Pro 2

発言者:今井真人
( Date Thursday, May 17, 2001 21:33:01 )


私のサイトで、面白い現象が出たので報告をしておきます。

QuickDNS 2でDNSサーバを構築しています。クライアントは様々です。
問題があったのはWindows 2000クライアントだけです。Windows 2000をインス
トールしたマシンだけQuickDNS 2サーバを見失って、名前引きがおかしくなり
ネットワーク接続できなくなります。

どう見てもWindows 2000がおかしいのですが、マックでネームサーバをつくって
るからと悪口を言われるんで、頭にきて延々と調べました。

結局、悪いのはWindows 2000のDynamic DNSでした。Windows 2000クライアント
のIPアドレスとMACアドレスをDNSサーバに登録しようとする妙な仕様です。

最悪の場合、DNSサーバをダウンさせてしまうクラッカーです。

対策はWindows 2000クライアントのTCP/IP詳細設定の「この接続のアドレスを
DNSに登録する」というデフォルトオプションを外してやることです。これで完
治します。

UnixのBindでは8.1.2以降で、この仕様に対応しているみたいです。

ifook さんからのコメント
( Saturday, May 19, 2001 01:01:47 )

私も雑誌で読みました。Windows 2000のDynamic DNSはサーバー側が対応
していしていないと、DNSに登録しようとし続けるのでネットワーク全体に
負荷が掛かるようです。何も知らないでWindows2000を導入して
トラブルになったケースが多いと記事にありました。