このページは福井県立大学の田中求之が2006年1月まで運用していた Mac のサーバ運用に関する会議室 「Web Scripter's Meeting」の記録です。情報が古くなっている可能性がありますのでご注意ください。

SubjectShare for ASが音沙汰なし

発言者:さとう
( Date Tuesday, May 01, 2001 16:46:28 )


AutoShare4.2.2+EIMS3.0.3+MacOS8.6でメーリングリストが
動いています。稲垣さん、その節はありがとうございました。

先日SS for ASというものがあることを知り、
OSAX(4つ)インストール→コンパイル→起動をしてみましたが
動く気配がありません。
ML宛てに投げられたメールは「save as text file...」とし、
保存先としてS-Sフォルダの中のML名のフォルダへ、
コンパイルするときには
set receiveMails to MT List Files file currLsFldr of creator {"EIMP"}
として保存しました。
(もしやEIMSが吐き出すファイルのcreatorが変更になっているのか?
と思い確認してみましたが、そんなことはなかったです。)

EIMSがS-S:xxxx-mlフォルダへ保存後、
全く処理されないままになってしまうのですが、
何かお心当たりのことはありますでしょうか?

コンパイルするとき、マニュアルに書かれていること以外に
書き加えなければいけないようなことはあるのでしょうか?

稲垣 さんからのコメント
( Tuesday, May 01, 2001 20:55:24 )

 ん、御指名かな?

 基本的にいじる必要はありません。

 ただ、30秒に1度ファイルがあるかをチェックしていますので、
しばらく待って下さい。

 それ以外では、考えにくいですが・・・。

 後、SSではサポートMLで、先行公開等をしていますので、そちら
の方がレスポンスがいいですし、ユーザーの人もそれなりにいます
ので、比較等もできるかと思います。


さとう さんからのコメント
( Wednesday, May 02, 2001 17:11:25 )

稲垣さん、コメントお待ちしてました(笑)、ありがとうございます。
1.0b6をコンパイルして動かしたところ問題ないようです。
(1.0b3はどういうわけか全然音沙汰ありませんでした。)

早速SS-MLに登録させていただきました。よろしくお願いします。

稲垣 さんからのコメント
( Wednesday, May 02, 2001 18:09:08 )

 蛇足ですが、SSのサポートMLはあまり活発では無いです。

 何らかのトラブルがあった時や、マイナーバージョンを作った時等に
少し流れるだけですね。

 ただ、できる限りトラブル対応はしているつもりですので、そう言う
意味では是非活用して下さい。