このページは福井県立大学の田中求之が2006年1月まで運用していた Mac のサーバ運用に関する会議室 「Web Scripter's Meeting」の記録です。情報が古くなっている可能性がありますのでご注意ください。

停電対策について

発言者:Takeshi Uno
( Date Monday, March 26, 2001 12:44:59 )


昨日サーバが停電に逢いましてUPSが作動して自動的に終了しました。
終了したところまではよいのですが、たまたま日曜日だったこともあって
メールもさほどこなかったのでそのままでも良かったのですが
普段だと大変困るので何時間後かにリスタートが出来るようにするような
アプリケーションをご存じの方はおられますか?
 もしご存じでしたら入手方法など教えていただけたら幸いです。
宜しくお願いします。

Smile さんからのコメント
( Monday, March 26, 2001 14:07:17 )

UPSコントロールソフトに、
電源が回復したら自動起動する設定がありませんか?
普通、あると思うんですが。

kozka さんからのコメント
( Monday, March 26, 2001 14:37:05 )

Mac用のUPS製品には、起動させる設定はあまり見られませんね。

MacSafeという製品は、自動起動の設定があるようです。

→  MacSafe

kozka さんからのコメント
( Monday, March 26, 2001 14:44:15 )

PowerKey Proを使うという方法もあります。

「PowerKey ProとUPS」に関してのスレッドがありますので、参考にしてみて下さい。

→  PowerKey Pro と UPS

SOS さんからのコメント
( Friday, July 13, 2001 09:43:38 )

ビルン法定点検による停電があります。
その際、メールサーバ、ファイルサーバが使えなくなります。

クライアントとして停電対策法としてとるべき処置を教えてください。
停電の時間は12時間ぐらいです。

お願いします。

今泉克美 さんからのコメント
( Friday, July 13, 2001 10:04:53 )

私の職場も
2年に一回法定の点検で
停電になります。

このあいだ失敗したなと
思ったのは
無停電電源装置が
ひあがってしまったことです。

手順良く各種マシンを終了させて
UPSはマシンからいったん
離しておくべきでした。

(停電後しばらく、ある種の機械が
通電状態だったので)

−−−−−−−−−−−−−−

私のところのシステム担当のソフトハウスでも
停電がありますが
事前に顧客には、充分な余裕をみて
停電のアナウンスを行い
さらに
直前にアナウンスをしています。
アナウンスにはレスを要求されましたが
こころよくレスしました。
顧客としての私も
心構えが出来て嬉しいサービスです。

アナウンスの内容の中身は普通のものですが
停電のせいで、いつもの電話が使えないので
「ここにかけてね」というのが一番
嬉しかったです。


稲垣 さんからのコメント
( Friday, July 13, 2001 10:36:57 )

> クライアントとして停電対策法としてとるべき処置を教えてください。
> 停電の時間は12時間ぐらいです。

 質問の意図が読み切れないのですが、何を心配しているのでしょうか?
一般ユーザーであれば、使わない様にするしかないと思いますが。
 といっても、全館停電だと、本体を含めハブやルータも止まるので使え
ないかと思います。

 管理者であれば、できるだけ早い時期に停電の告知を行って、利用でき
ないことを周知するしかないでしょう。
 その際には、サーバを停止/起動するための時間を考えて、実際に停電
する時間に前後30分から1時間ほど時間は使えなくなると告知するべき
です。
 残念ながら12時間も利用できるUPSは存在しないので、サーバをとめ
る必要があるでしょう。

今井真人 さんからのコメント
( Friday, July 13, 2001 10:58:12 )

私が心配するとしたら、メールでしょうね。メールサーバの設定によりますが、
標準ではだいたい3日間ぐらいは、未送信完了メールは保持してくれるはず
です(自分が管理していない外部のメールサーバ)。

停電が3日間を越えるようだったら、別な電源系統と別な回線を用意
する必要があるでしょう。

今泉克美 さんからのコメント
( Friday, July 13, 2001 12:10:04 )

そうそう、思い出してきました。
うちの場合には
代替電源が細くて細くて。

事前に各部署にお願いして
不要不急のものは全部OFFに
させてもらいました。

代替電源は通常電源とは
別回路になっていましたが
事前のチェックで
各機器の電源の
停電後の切替を検討しておいたにも
かかわらず、
思いまちがいや、配線ミスで
かなりご迷惑をおかけしたものです。

要は、人間系が問題なのであって
機械そのものにはなんら罪はなかったですね。

ビルの中なので
バックヤードの事務所は真っ暗だったし
フォワードの営業エリアには
最低限の電源しかなくて
それだけでもかなり心細かったことを
覚えています。

基幹業務サーバもどういうわけか
いったんこけちゃったし。

あ、また、やってくるんだなー
法定停電。辛いなー。

今井真人 さんからのコメント
( Friday, July 13, 2001 13:27:00 )

まず、ないとは思いますが、念のため。

ネームサーバがプライマリとセカンダリ両方落ちてしまうようだと、
ドメイン自体が存在しなくなるので、メールは3日間保持なんてこ
とはなくて、直ぐ未達で返信されてしまいます。メーリングリストに
入っているユーザがいる場合なんかは要注意です。

これは絶対に避けるべきです。普通はセカンダリネームサーバが複数
別なところにあったり、するんで問題ないと思いますが。

今井真人 さんからのコメント
( Friday, July 13, 2001 13:31:56 )

うちのところも、法定点検のために停電します。今年は7月25日。
サーバやルータの電源を切られるのは、管理者として面倒が増えるんで
嫌です。

KOY さんからのコメント
( Friday, July 13, 2001 19:04:51 )

法定点検だか何だか分かりませんが、ほぼ毎年ビルの停電があります。
驚くことに、「絶縁の検査をするので故障の恐れがあるため全ての電気器具
をコンセントから抜くように」という指示が出ます。

最近では5月の連休の後ろの方の日にあったのですが、むちゃな要求なので、
どういう検査をやって何ボルトが何秒間どことどこの間にかかるのか説明しろ
と要求しました。
結局、「パソコン類は大丈夫なので繋いでおいても良いですよ」という
訳の分からない返事で、繋いだままにしましたが被害は出ませんでした。
今のOA事情ではとんでもない話だと思います。

サーバー類は、停電の前に止めて、終わったころにリスタートするように
設定したかったのですが、ASIPサーバをスケジュールで止める方法が
分からず(できないのではないでしょうか?)連休中に出てくる羽目に
なりました。
リスタートの方もなぜかうまく行かず連休明けの朝に立ち上げました。

この次はもう少しうまくやらなければと思っています。
連休前に停止して連休明けに立ち上げるのではメールが全て戻ってしまいます。



今井真人 さんからのコメント
( Friday, July 13, 2001 19:28:30 )

法定点検は、建物の電源を全部カットしたあと、アースと電源の間を
エンジン付きの発電機で接続して、電気的な絶縁をテスターで調べます。

電圧はAC100Vなので、普通は問題ないでしょう。

KOY さんからのコメント
( Friday, July 13, 2001 19:46:02 )

今井様コメントありがとうございました。