このページは福井県立大学の田中求之が2006年1月まで運用していた Mac のサーバ運用に関する会議室 「Web Scripter's Meeting」の記録です。情報が古くなっている可能性がありますのでご注意ください。

フォールト・トレラント機能とは

発言者:重松修
( Date Monday, January 15, 2001 12:29:51 )


タイトルそのままなのですが、フォールト・トレラント機能とはどのような機能でどのような役に立つのでしょうか。よろしくお願いいたします。

田中求之 さんからのコメント
( Monday, January 15, 2001 12:40:49 )

通常は、システムを冗長的に構成しておき、メインが落ちたら、即座に
控えのシステムが取って代わって運用することで、故障などの事故への
耐性を高めたもののことですよね。

業務に使われるシステムでは、こういう体制でシステムを構成するのが
普通ですね。

MacOS X Server の次期のバージョンで OS fault torelant って言ってるのが
どういうことなのかは、ちょっとわかりませんが。

哲司 さんからのコメント
( Thursday, January 18, 2001 13:36:41 )

ウィンNTでは、当たり前のように入っていますよ。
HDDを2つ用意あるいは、パーテションで切り分けて、ストライプシステム運用ではなく
別次元で考えられています。田中先生の解説どおりですが、ちなみにNTの場合でしたら
安価な外付けHDでもちゃんと構成できます。

重松修 さんからのコメント
( Friday, January 19, 2001 03:28:29 )

田中先生、哲司さん、コメントありがとうございます。
システムの多重化ですね。要するに。
私が興味があるのは、OSXでの事なんですが、詳細はまだ不明なんですね。