このページは福井県立大学の田中求之が2006年1月まで運用していた Mac のサーバ運用に関する会議室 「Web Scripter's Meeting」の記録です。情報が古くなっている可能性がありますのでご注意ください。

無線による地域インターネット

発言者:SAWANO
( Date Thursday, January 04, 2001 13:13:19 )


明けましておめでとうございます。今年も宜しくお願いいたします。
さて本年は、地域のインターネット環境の整備について提案をする立場と
なりそうです。

半径30Kmでクライアントは500人〜1000人でのミニ(?)プロバ的なものを
作りたいわけで「INS1500を引いてRADIUSでどうのこうの〜」とか知識が
乏しい中いろいろ考えていたわけです。
が・・ 以前に「辺境のMac使い」さんなどが無線LANについて色々書き
込みされていたのを思い出しました。

結構速いようですし、クライアントは電話料が必要ないですしね。
それで ご推奨の機種や構築にかかる費用など どんなことでも結構です
ので皆さまにアドバイスをいただけたら嬉しく思います。

サーバについてはmail(EIMS),Web(WebStar)はMacで行きたいと思ってます

○条件&環境
 ・クライアントは500人〜1000人で、半径30kmに点在する。
 ・常時接続に近い使い勝手を提供したい。
 ・私の能力(笑)・・OCNエコノミーでのmail,Web,Ftpなどサーバ構築が
          できる。ダイヤルアップルータによるリモートアク
          セス、LAN間接続程度はできる。

○特にお聞きしたいこと
 ・速度
 ・サーバ側(拠点?)の必要機材と費用
 ・クライアント側が必要とする機材と費用
 ・ルーティングの際の認証はどうなるか
 ・この規模にみあう専用線の種類

以上 漠然としているかも知れませんが宜しくお願いします。

辺境のMac使い さんからのコメント
( Friday, January 05, 2001 00:35:54 )

この500〜1000というclient数はすべて無線LANで収容するのですか????

それとどういう設計にするのか解りませんが、
半径30kmというエリアの切り分けがどの程度できる環境でしょうか???

現在の電波法の状況下では最高の条件で10kmがぎりぎりくらいです。
今風の11MB版だとこの半分程度かそれ以下の飛距離になります。

また無線空間の切り分け(地形やビルなどの構築物、そしてアンテナ)の状況と、
それにマッチした中継の設計(半径30kmだとかなりの中継が必要になります)

で、とりあえず切り分けしないことには無線空間が使えないので、
実用数で切り分けたとした場合。

・速度・・・・現状では11MB(対抗だと半分)を何台で共有するかによります。
       11MBの無線LANだと実行値は最大で4MB程度。
       共有数とセキュリティ対策でこの速度は大幅に遅くなります。

ちなみに乗鞍で用いているのは2MBタイプの無線LAN(対抗で1MB)で、
実行値は350〜700kくらいです。(共有数は同一無線空間に約35台)

・server側の機材と中継機材は、切り分けの数によります。
 応答性の改善の為の中継の仕組みによっても数は違ってきます。
 費用は・・・・規模次第ですね。

・client側の必要機材と費用
 機材は無線LANのclient装置、アンテナやスイッチ(ハブ)などでしょうか。
 費用的には無線LANが数万から15万円くらいまでかな。

・認証はマックアドレスになると思うけど、
 こういう仕組みを動かすと・・・遅くなりますよ。

この規模にあう専用線ですが、これはどういう使い回しをするかによって違うでしょう。
例えばOCNは128kですが、一人でもアクティブというかヘビーな利用者がいたら、
同じ所に集線かけられている所は・・・動きません。

うちは現在128k+64kの帯域保証の2回線で30人弱で利用していますが、遅いです。(^-^;;
2月に256kにしますが、それほど改善はしないのではと思っています。
500人規模って・・・状況によっては・・・

ただ半径30kmという圏内の無線空間が24時間空いているか、
それとその空間が切り分けできるか。

50〜100なら迷わず無線LANが最適と言い切りますけど。。。

ちと無線LANには荷が重い規模だと思います。
そして、それだけの規模なら別の方法が良いと思います。

私は多段ホップが可能なDSLが向いていると思いますが。。。
(今年、うちはこれの展開をしようかと)


SAWANO さんからのコメント
( Friday, January 05, 2001 09:22:52 )

辺境のMac使いさん ご指名をしたみたいで恐縮です(^^;
必要であれば予算もそれなりに確保できそうな状況だったのですが・・

>ちと無線LANには荷が重い規模だと思います。
そうなのですか・・無線についての知識が乏しい僕としては素直に
従っちゃおうかと思います。

別案件で1対1のLAN間接続を無線に置き換えるっていうのは
どうでしょう。現在ISDN(64+64)でやっているのですが
ファイル転送なんかだと遅くて・・・

>私は多段ホップが可能なDSLが向いていると思いますが。。。
辺境のMac使いさんのところは提供可能なエリアなのですか?
嘆願なんかするんですかね
「いいなぁ」とは思っていたんですが、田舎なもんで最初から「無理だなぁ」
と思っていたんですよ(^^;

辺境のMac使い さんからのコメント
( Friday, January 05, 2001 17:56:42 )

予算が取れるのであれば、のれん分けみたいにして
とにかく無線空間を切り分けしないことには始まりません。
(数段階で使えるチャンネルが増えますが、それでも多すぎる)

50〜60単位の数のブロックにできるのならいけますよ。

1対1だと理論値に近い数字で使えますよ。
2MBなら1MB弱、11MBなら5MB弱くらい。

DSLですが、うちのような辺境は。。。。不可能エリアです。

嘆願は多摩でしたっけ、東京メタリックに直訴してDSLを引きますよね。

うちでも似たような戦法でやろうと思っています。
(身近にDSLの第一人者の佐藤千明さんがいるので)

田舎・・・辺境・・・でも専用線に対応してもらいました。

そして、無線LANはできました。

あなたのところでも利用者がかなりいるのですから、
仕掛け方と設計次第ではいろいろありそうですけど。