このページは福井県立大学の田中求之が2006年1月まで運用していた Mac のサーバ運用に関する会議室 「Web Scripter's Meeting」の記録です。情報が古くなっている可能性がありますのでご注意ください。

メールの行方

発言者:こうじ
( Date Friday, October 20, 2000 10:44:16 )


初歩的な質問でお恥ずかしいのですが・・・

Apple Share IP 6.3をつかっています。
Macjordomoと組み合わせてメーリングリストを走らせていますが、宛先が不明だとそのメールをじーっともっているのか、MacOS Adminのメールサーバーの状況でみると、何通か(宛先不明の人の人数分だけ)メッセージ数があります。

そこで
1) この宛先不明のメールはいったいサーバーのどこに格納されているのでしょうか?(たぶんApple Share IP Mail Folder なのだとおもうのですが)

2) これを部分的に削除したりすることはできるのでしょうか?
たとえば、Aさんのぶんはもうしばらくおいておいて、Bさんへ行く分は消してしまいたい・・・といったことです。

だんだん宛先不明が増えていってやたらとメモリを食うのが心配です。よろしくお願いいたします。 

稲垣 さんからのコメント
( Friday, October 20, 2000 11:34:09 )

 メールは、明らかにエラーでない場合、何度か送信しようとするようになっ
ています。
 たしか、どの程度送信を試みるかの設定があるはずですので、その辺を確認
してみて下さい。大抵のソフトは、チャレンジ間隔と回数(or 総合時間)を指定
するはずです。

 ちなみに、UserUnkownやServerUnkownでは直ぐにエラーで戻りますね。
#あと、over quotaも・・・。

 MLを運用しはじめるとどうしても起きてしまう現象ですね。

たまちゃん さんからのコメント
( Friday, October 20, 2000 11:55:51 )

ASIP を使っていないので,メーリングリストの過去の記事から
抜粋します。

>1) この宛先不明のメールはいったいサーバーのどこに格納されているのでしょうか?(たぶんApple Share IP Mail Folder なのだとおもうのですが)

メールデータベースに格納されているそうです。

>2) これを部分的に削除したりすることはできるのでしょうか?
>たとえば、Aさんのぶんはもうしばらくおいておいて、Bさんへ行く分は消してしまいたい・・・といったことです。

a) Individual messages can be deleted by selecting a host in the
   host list window and clicking "view messages"...
b) outgoing messages can be deleted via the IMAP Administration port
   simply by pointing your IMAP eMail client at port 626 on the
   AppleShare IP Mail Server.  Find the host in the list of folders
   and delete the message

この手順でいいかどうか,ご自分でお確かめください。

こうじ さんからのコメント
( Friday, October 20, 2000 13:30:00 )

ありがとうございました。
なんとかけすことができました。

これからいろいろやってみようとおもっています。
また、おしえてください。