このページは福井県立大学の田中求之が2006年1月まで運用していた Mac のサーバ運用に関する会議室 「Web Scripter's Meeting」の記録です。情報が古くなっている可能性がありますのでご注意ください。

FileMakerを動かすScriptが Type2 or 11のエラーで落ちる

発言者:Junnama
( Date Thursday, October 12, 2000 04:37:30 )


PowerMacG4 + MacOS9 + Quid Pro Quo 1.02 で動かしているサーバーでのこと
です。
AppleSriptで作成したCGIからFileMaker4.1のデータベースを検索させて、検
索結果を返すものを動かしているのですが、これが時々落ちるのです。
メモリー割当を20MB位まで上げたりしてみましたが効果無しです。
同じ環境で FileMakerを使わないものは1度も落ちていません。

クライアントからScriptで1分間に100回アクセスしたら、確実に落ちました。
そこで(苦肉の策として)これをREALbasicに移植したら落ちなくなりました。
移植したといってもScriptを組み込んで、GETしたデータをパラメーターにして
Scriptに渡してやる(返値をリプライする)だけの移植ですが、これで見事に
解決したのです。
落ちなくなったのでまぁそれでいいのですが、同様の経験をされた方はいらっ
しゃいますでしょうか。

PowerMacG4+MacOS9.04+AppleScriptJ1.4.3+ FileMaker 4.1
REALbasicは2.1です。