このページは福井県立大学の田中求之が2006年1月まで運用していた Mac のサーバ運用に関する会議室 「Web Scripter's Meeting」の記録です。情報が古くなっている可能性がありますのでご注意ください。

インターホンのような使い方

発言者:小林@wants
( Date Thursday, August 31, 2000 15:20:50 )


お世話になっております。
実は、4ヵ月になる赤ん坊がおります。
2階で寝ているのですが、女房がたまに1階に降りてきて仕事をしています。

2階にいる赤ん坊の声を下で聞いていて、泣いたらあわてて2階に上がる。
というようなことをしたいのです。(つまりLIVE中継ですね)
2階ではLC475、1階にはiMACがあります。もちろんLANになっています。
WebSTARも動いていますが、外出してまで声を監視しなければならないような
ことはありませんので、インターネットに流す必要はありません(笑)

LANで繋がっていて、それぞれ端末としてMACがあるので、なんとかならない
かと考えました。
バカバカしいような話ですが、よろしくお願いいたします。

#映像が送れるならもっとすばらしいけど・・・。

田中求之 さんからのコメント
( Thursday, August 31, 2000 15:35:30 )

2階にあるのがビデオ取り込みもできる機種なら、CuCeeMe でつないでしまう
のが一番簡単なのではないかと思いますが、LC475 でしたら、インターネット
フォンが使えるかもしれませんね。

そういえば、かつて、QuickTime Conference システムなんてのもあったな。

ネットを通じて音声を流すソフトは、今でも探せばどこかで公開されている
とは思うんですが… (このサイトを立ち上げて、『構築術』を書こうかな
んてころに、よしもとさんと NetPhone の実験やって話したことがあったな、
そういえば)

今井真人 さんからのコメント
( Thursday, August 31, 2000 21:17:14 )

 マックとは関係ないですけど。赤ちゃん用品屋で、無線を使って泣き声を
モニタリングする製品がありましたよ。マックの電気代を考えるとこっちの
ほうが実用的じゃないのかな。FMマイクとFMラジオぐらいが適当かと。