このページは福井県立大学の田中求之が2006年1月まで運用していた Mac のサーバ運用に関する会議室 「Web Scripter's Meeting」の記録です。情報が古くなっている可能性がありますのでご注意ください。

DNSなのか?MAILなのか?

発言者:xto
( Date Thursday, August 03, 2000 19:04:23 )


どなたか教えてください。

グローバルアドレスのMAILサーバが、内部の
プライベートアドレスで、サブドメインの
MAILサーバへメールを配送出来るのは、どのような
仕組みになっているのでしょうか?

nslookupの返事を見ると、

>nslookup -q=mx sub.abc.co.jp
Server:  ns.xxx.or.jp
Address:  210.x.x.x

Non-authoritative answer:
sub.abc.co.jp MX preference = 10, mail exchanger = mail1.abc.co.jp
sub.abc.co.jp MX preference = 20, mail exchanger = mail2.abc.co.jp

abc.co.jp       nameserver = ns1.abc.co.jp
abc.co.jp       nameserver = ns2.abc.co.jp
mail1.abc.co.jp   internet address = 202.x.x.1
mail2.abc.co.jp   internet address = 202.x.x.2

となっているので、abc.co.jpのDNS設定になにか
あるのでしょうか?

場違いな質問だったら、すみません。
よろしくお願いします。

田中求之 さんからのコメント
( Sunday, August 06, 2000 13:24:17 )

>グローバルアドレスのMAILサーバが、内部の
>プライベートアドレスで、サブドメインの
>MAILサーバへメールを配送出来る

この部分がよくわからないのですが、具体的にはどういうことでしょうか?

xto さんからのコメント
( Monday, August 07, 2000 12:17:10 )

コメントありがとうございます。

ご指摘の部分についてですが、これは
ファイアウォールの外側と内側のやりとりを意味しています。
外側のメールサーバが、内側のメールサーバや、内側のサブドメイン宛の
メールを自分が受け取り、さらに内部へ配送する事が出来るのは
誰がどのような情報を持っているのか?
と言うことです。
nslookupでは、内側のサブドメイン宛のメールは、外側にあるメールサーバが
受け取ることを教えてくれますので、DNSが知っているのかな?
と思ったわけです。


xto さんからのコメント
( Friday, August 11, 2000 09:38:49 )

コメントがつかないようなので
自分で試した結果を記載して終わろうと思います。
まず
>nslookupでは、内側のサブドメイン宛のメールは、外側にあるメールサーバが
>受け取ることを教えてくれますので、DNSが知っているのかな?
については、zone "abc.co.jp"で指定したファイルに

sub IN MX 10 mail1.abc.co.jp
sub IN MX 20 mail2.abc.co.jp
*.sub IN MX 10 mail1.abc.co.jp
*.sub IN MX 20 mail2.abc.co.jp

を記入すれば、nslookupの様な結果が得られる事が
わかりました。

この後は、まだ理解できていませんが
mail1やmail2が、プライベートアドレスの
subドメインや、*.subドメインのメールサーバへ
転送するところまで辿り着いていません。

では。