このページは福井県立大学の田中求之が2006年1月まで運用していた Mac のサーバ運用に関する会議室 「Web Scripter's Meeting」の記録です。情報が古くなっている可能性がありますのでご注意ください。

ASIPと100BASEについて

発言者:イナモリ
( Date Wednesday, July 26, 2000 14:28:12 )


初めまして。
会社でネットワーク管理に携わっている者です。

社内の旧機種MACに100baseカードを装着して、コピー速度を早くしていのですが、
ASIPの入ったMACからデータをひっぱるとコピーが途中で止まる現象が起きます。
データを送り込むことは問題なくできます(2台はクロスケーブルで接続しています)。

ASIPの入っていない端末とのコピーは正常に機能するので、100baseカードに問題があるとは思えません(クロスケーブルで接続しています)。

同じような症例を経験された方、アドバイスをお願いしたいのですが・・・。
検証している環境は以下のとおりです。サーバーはファイルサーバーとしてのみ使います。

サーバー:B&W G3/350MHz/320MB
OS:8.6
ASIP:6.2

端末:7600/120MHz/192MB
OS:8.6
装着100baseカード:Macsense社 Fast Ethernet Adapter FE-551
コントロールパネル→AppleTalk→経由先:Ethernet スロット C1
コントロールパネル→TCP/IP→経由先:Ethernet スロット C1

2台をクロスケーブルで接続して、7600/120から、60MBのファイルをB&W G3に送り込む。→正常に機能。
2台をクロスケーブルで接続して、7600/120から、B&W G3上にある60MBのファイルをひっぱる。→コピーが途中で止まる。


            7600/120
B&W G3-----------------100baseカード
              ↑
      クロスケーブル


サーバーをOS8.5.1、ASIP:6.1にしても同様の結果となりました。
OS9、ASIP6.3.1にしたほうが良いのでしょうか?

POWERBOOK ARMY 飯嶋 さんからのコメント
( Wednesday, July 26, 2000 17:06:55 )

100Base-TXのネットワークをクロスケーブルのつなぎ換えで行うのはかなり
無茶なことだと思います。

基本的に,全二重通信のカード2枚でデータ通信を行なう場合,コリジョン
などのネットワーク障害は起こらないはずですが,両端のネットワークイン
タフェースの性能に差がある場合,問題が起こらないとは言い切れません。

こんな時にハブが間に入っていれば(ドライバの出来も含めて)カードの性
能差を吸収するわけなんですが...

原因がカード同士の通信に問題があるのか,システム,サーバ上の問題なの
かはわかりませんが,高速通信ゆえに生じる問題というのは,十分考えられ
ることであります。

ネットワークの管理者をしているのであれば,スイッチは絶対に導入すべき
だと思いますよ。

イナモリ さんからのコメント
( Wednesday, July 26, 2000 17:55:02 )

飯島様ありがとうございます。

上記検証用のネットワークではHUBは外してありますが、
実際に社内で稼動しているネットワークにはスウィッチングHUBを使っています。

ただ、

B&W G3(ASIP未インストール)------------7600/120 with 100baseカード
                ↑
             クロスケーブル


ではファイルの送受信はできますが、


B&W G3(ASIP6.2作動)------------7600/120 with 100baseカード
             ↑
           クロスケーブル


だと7600/120へファイルの受信が途中で止まるので、
ASIPに何か要因があると思うんですが。

fuku-chan さんからのコメント
( Wednesday, July 26, 2000 22:48:51 )

とりあえづ、AppleShare クライアント J-3.8.6を試してみては?
もし使ってなければ...。気休めですが....。

→  AppleShare クライアント J-3.8.6

POWERBOOK ARMY 飯嶋 さんからのコメント
( Thursday, July 27, 2000 01:21:36 )

飯嶋です。私はネットワーク製品のQA,カスタマサポートが本業です。


AppleShare IPということは,IPを使ってAppleTalkの場合よりも高速な
データ転送をしているわけで,それによって生じる問題はあると思うの
です。

AppleTalkだけの場合は,100Mbpsでつながっていても6Mbpsくらいしか
出ませんが,AppleShare IP Serverの場合は40Mbps以上は速度が出る
わけでインタフェースが問題になる場合もあり得る,という可能性の
お話をしています。

ASIPだけに問題を絞り込むことは,現時点では危険でしょう。

また,社内の環境と同じ環境で追試を行なうべきです。

クロスケーブルの100Mbps通信による追試というのは,正しくない状態
でのテストです。これで評価を行なうのは過った結果が導かれる可能性
が高くなります。

イナモリ さんからのコメント
( Thursday, July 27, 2000 09:40:06 )

fuku-chan様
飯島様ありがとうございます。

>AppleTalkだけの場合は,100Mbpsでつながっていても6Mbpsくらいしか
>出ませんが,AppleShare IP Serverの場合は40Mbps以上は速度が出る
>わけでインタフェースが問題になる場合もあり得る

確かに、昨日以下の様に設定を変えたら、7600/120へのファイル受信ができました。

ASIP Web&File Admin→Web&ファイルサーバーの設定

にて

"□Appleshareマルチホーミング(Appletalkを有効にする)"

にのみチェックを入れる。

今日は飯島様のおっしゃる通りにHUBをいれてテストしてみます。
ありがとうございます。

イナモリ さんからのコメント
( Saturday, July 29, 2000 11:50:53 )

ASIPと100baseの件、解決しました。
あれからHUBを入れたり、Appleshare3.8.6をインストールしたり、
OS9にASIP6.3.1を入れたりしましたが、コピーが途中で止まってしまうのです。
試しにPCI社NET-Gを使ったところ正常にコピーしました。
カードかドライバに問題がありそうだと思い、
internetから古いバージョンのドライバを落としてインストールしたところ、正常に動作しました。

飯島様、fuku-chan様
アドバイスいただきましてありがとうございました。
ASIPの問題などと早合点してしまい、御迷惑おかけしました。
反省しております。
うれしいやら情けないやらで、複雑な気持ちです。
これから社内のMacにドライバをインストールします(10台程)。

一つ疑問なのですが、TCP/IP接続に設定した2台のMac間では
データの転送をAppletalkで行うのでしょうか。
それともIP転送なのでしょうか。

気になる情報をAppleサポートにて見ました。以下、内容です。

サーバへの接続時にクライアントが動作停止する
 
この問題は、Apple 社で現在調査中です。サーバへの接続時にクライアントが動作停止する症状は、サーバボリュームがマウントされるタイミングで発生します。セレクタの強制終了を行うと、作業を続けることができる時があります。この問題は、管理者には影響なく、他の登録利用者のみに影響することが多く報告されています。 
回避策:「アップルメニューオプション」コントロールパネルの最近使った項目を記憶する機能を使わない設定にしてください。(値を「0」にするだけではなしに、この機能を使わない設定にしてください。) 


→  http://til.info.apple.co.jp/cgi-bin/WebObjects/TechInfo.woa/wa/showTIL?id=24577

イナモリ さんからのコメント
( Saturday, July 29, 2000 11:52:30 )

改行いれ忘れました。
すみません。

POWERBOOK ARMY 飯嶋 さんからのコメント
( Sunday, July 30, 2000 06:03:00 )

NET-Gっていうのはディアイティのカードの名前ですよ。

イナモリ さんからのコメント
( Monday, July 31, 2000 18:04:29 )

間違えました。dit社NET-G PCI-/BTXでした。

イナモリ さんからのコメント
( Monday, July 31, 2000 18:06:08 )

すみません。dit社NET-G PCI-10/100BTXです。