このページは福井県立大学の田中求之が2006年1月まで運用していた Mac のサーバ運用に関する会議室 「Web Scripter's Meeting」の記録です。情報が古くなっている可能性がありますのでご注意ください。

QuickDNSPROでの別ゾーンの逆引き設定?

発言者:原田
( Date Thursday, June 29, 2000 21:13:39 )


これまでDion スタンダードでプライマリーはQuickDNSproで社内に立て、セカンダリーはDionの物を利用して接続してきました。
この度、支社でも Dion スタンダードを契約したのですが、プライマリーセカンダリーとも本社で利用している物にする事にしました。
その際、支社で契約したDIONで指定されているセカンダリーDNS情報を設定するようにとサポートからは言われました。
それでプライマリーパレットのリバースドメインを開き、
***h.***.***.***,in-addr.arpa. NS dns3.dion.ne.jp
というレコードを追加したのですがこれではダメでした。
※ ***h.***.***.***は支社のIPの物
※本社で利用しているセカンダリーDNSはdns1.dion.ne.jp

Dionサポートへ問い合わせると逆引き設定を新しいIP空間用に新規作成する必要があるとから言われました。
この様な場合どのように設定すればよろしいのでしょうか?

どなたかお助けください。




田中求之 さんからのコメント
( Friday, June 30, 2000 13:06:15 )

状況がわかりにくいのですが…

新たに支社で契約したドメインのセカンダリ・サーバとして、
今まで使っていたドメインの QuickDNS を指定する

ということですか?

原田 さんからのコメント
( Friday, June 30, 2000 15:51:26 )

** WSM Express に返答されていたのを転載します 田中 as 管理者 **

申しわけございません。こちらが知識不足の為説明もわかりにくい事になっ
てしまったようです。

支社ではインターネット接続用にのみ利用するつもりです。
そのため本社で利用しているプライマリーおよびセカンダリーDNSを利用し
ようとしました。

上記のような運用の場合、DIONより本社で利用しているDNSに支社のIP空
間の逆引き設定を登録する必要があるとの事でした。
実は、これらに関してつい先ほど解決いたしました。

設定した内容は

QuickDNSPROのプライマリーパレット上で新規をクリック。
そちらのレコードを下記のように設定しました。

***h.***.***.***.in-addr.arpa. PTR *****.co.jp.
***h.***.***.***.in-addr.arpa. A  255.255.255.240
***h.***.***.***.in-addr.arpa. NS dns.*****.co.jp.
***h.***.***.***.in-addr.arpa. NS dns3.dion.ne.jp.
※dns3.dion.ne.jpは支社用に指定されたセカンダリーDNS

これらの設定を施し逆引き自体は出来るようになったのですが、何故か
分からないのですが、ドメイン/ドメイン情報の「プライマリー:」
「ホストマスター:」の箇所にカタカナの名称が勝手に入ってしまって
おり、それらを後から修正する必要がありました。

プライマリー:プライマリー
   ↓修正
プライマリー:dns.*****.co.jp.

ホストマスター:ホストマスター
   ↓修正
ホストマスター:hostmaster.dns.*****.co.jp.

と変更しました。

どこかまだおかしい点があるかもしれませんがお気づきの方いらっしゃい
ましたらお教えください。