このページは福井県立大学の田中求之が2006年1月まで運用していた Mac のサーバ運用に関する会議室 「Web Scripter's Meeting」の記録です。情報が古くなっている可能性がありますのでご注意ください。

リモートアクセスサーバの自動立ち上げ

発言者:takaakin
( Date Wednesday, March 22, 2000 13:46:11 )


MacOS9のコントロールパネルにある
リモートアクセスの「かかってきた電話に応対」
をAppleScriptでコントロールする方法を知らないでしょうか?

目的は、自動的にリモートアクセスサーバの
立ち上げることが目的です。

AppleScipt(ネットワーク設定スクリプト)
のバージョンによるのですが、
answer callsという設定がある様ですが、
MacOS9ではつかえません。

良い解決方法がございましたら、おしえてください。

田中求之 さんからのコメント
( Thursday, March 23, 2000 00:40:21 )

「かかってきた電話に応答」をチェックした設定を作っておいて、作業環境
マネージャを使って切り替えるという方法ではだめなのでしょうか?
OS 9 を普段は使っていないため、詳しいことはわからないのですが。

takaakin さんからのコメント
( Thursday, March 23, 2000 11:41:21 )

田中さん。コメントありがとうございました。

教えていただいた方法では、解決できませんでした。
リモートアクセスの「かかってきた電話に応答」
の項目だけは、サーバに関する項目なので
作業環境マネージャでは反映されないみたいです。

しかしながら、教えていただいた方法を私の方でアレンジして
使ってみたところ成功しましたので報告させてください。

(1)標準のmodem scriptをコピーして、
そのmodem scriptのなかの「Answer calls」の項目をコメントアウトして、
「かかってきた電話に応答」ができないmodem scriptを作ります。
このmodem scriptをセーブして新しい名前を作ります。

(2)あとはモデムの設定を標準のmodem scriptと編集したmodem scriptを選択したもの
を2つ作ります。

(3)あとはAppleScriptで、この2つのモデム設定を切り替えるプログラムをすれば、よいです。

基本的アイデアは、リモートアクセス設定を切り替えるのではなく、
モデム設定の設定を切り替えることです。

田中さん。ありがとうございました。
またわからないことが、お聞きしますので、アドバイスよろしくお願いします。