このページは福井県立大学の田中求之が2006年1月まで運用していた Mac のサーバ運用に関する会議室 「Web Scripter's Meeting」の記録です。情報が古くなっている可能性がありますのでご注意ください。

アクセスログ

発言者:dai
( Date Sunday, March 12, 2000 04:05:50 )


大学の研究室でMacをWebServerにしています。MacOS Web共有を使っています。
置いてあるファイルが何回ダウンロードされたか等を調べたいと思っているのですがなにか便利なものはないでしょうか?
MacOS Web共有のログを見ろと言われてしまいそうですが...
ああいうのってみにくいですよね?もっと見やすく整理されて表示されると良いですね!
理想を言えばブラウザで見えるようになると良いのですが..
よろしくお願いします!

田中求之 さんからのコメント
( Sunday, March 12, 2000 18:00:33 )

Web 共有のログを解析するツールというのも探せばあるように思いますが、
自分で Perl や awk あるいは AppleScript でスクリプトを組んでしまう
という方法もあります。

192.168.0.1 - - [08/JAN/2000:16:53:16 +0900] "GET /test.html HTTP/1.0" 200 452

といった項目でログは記録されるようですから、"" で囲まれている部分に
ダウンロードされた(アクセスされた)ページの情報が入ることになります。

ですから、たとえば、

set myPath to "Macintosh HD:System Folder:初期設定:Web 共有フォルダ:Web Sharing Hit Log"
set myList to MT Pick Lines source myPath keyword "\"GET /myMails/wsm/" line delimiter (ASCII character 10)

というスクリプトを使えば(Tanaka's osax 2.0 を使った AppleScript)
myMailsフォルダーの中の wsm フォルダにあるデータに対するアクセスの
記録だけを抜き出すことができます。

jody さんからのコメント
( Thursday, September 28, 2000 02:46:20 )

インターネット上で画像データー等がコピーされないようにしたいのですが何か良い方法はありませんでしょうか?

よく聞くのですが、他の人の画像を無断でダウンロードして自分のOSに保存してしまうと次回からアクセス不可能にすることが可能だと聞きます。
これは、管理者側で無断で盗用した人を調べることができるのでしょうか?

ピーコ さんからのコメント
( Thursday, September 28, 2000 13:41:31 )

公開されている画像をコピーされないようにしたいというなら、
その発想がそもそも間違っています。
コピーされたくなければ公開しなければいいのです。

お金もちで暇なら、電子透かしを埋めておいて自力で盗用を探し出し、
片っ端から損害賠償を請求すればよいでしょう。

「よく聞く」すごい技術については聞いたこともありません。

jody さんからのコメント
( Thursday, September 28, 2000 18:15:58 )

ピーコさんからのコメントを下記のようにもらいました。
「電子透かしを埋めておいて自力で盗用を探し出し、片っ端から
損害賠償を請求すればよいでしょう。」ということですが、この電子透かしは、
アクセス制限をかけることができるのでしょうか?
またどういった方法で相手を探し出すことができるのでしょうか?

ピーコ さんからのコメント
( Thursday, September 28, 2000 21:19:03 )

いやいや、そうじゃなくて、電子透かしはアクセスを制限するとか
コピーできないようにする技術ではなく、コピーされることを前提に、
コピーされたものが自分のものであることを証明するための技術です。

サーチエンジンなどを利用して、
「電子透かし」や、"digital wartermark" などのキーワードで
検索して調べてみるとよいでしょう。

そもそもコンピュータを使って他の人に見せるためのデータを、
コピーできないようにするなどということ自体が不可能です。

田中求之 さんからのコメント
( Saturday, September 30, 2000 17:20:59 )

ピーコさんのコメントにあるように、基本的には、画像をダウンロードされるのを
防ぐのは無理です。

>他の人の画像を無断でダウンロードして自分のOSに保存してしまうと
>次回からアクセス不可能にすることが可能だと聞きます

これはどういうことでしょうか? もうすこし具体的に説明してもらえますか?

いその@とし研 さんからのコメント
( Thursday, October 19, 2000 20:29:41 )

> Web 共有のログを解析するツールというのも探せばあるように思いますが、

ログ解析の定番である Analog で解析できました。
LOGFORMAT は、AUTO ではだめで、COMMON と明示してやる必要がありました。
# ただいま勉強中...
# 一旦 Web 共有を停止しないとダメなのかな〜

→  Analog for Macintosh

田中求之 さんからのコメント
( Thursday, October 19, 2000 22:03:50 )

>一旦 Web 共有を停止しないとダメなのかな〜

ログファイルの複製を作って、そちらを解析するという手が使えませんか?

いその@とし研 さんからのコメント
( Friday, October 20, 2000 11:33:58 )

> ログファイルの複製を作って、そちらを解析するという手が使えませんか?

すいません。
Mac OS Web 共有 J-1.5.3 で、ローカルから操作すれば、起動したままで解析
できました。(^_^;;

# サーバが 475 なので、Personal Web Sharing 1.5 を使っているせいかしら?
# それとも、ファイル共有でマウントしたサーバのボリュームから、解析しよ
 うとしているから?
# 後日ゆっくり調査してご報告します。

Dynamite さんからのコメント
( Friday, October 20, 2000 13:33:11 )

ご無沙汰いたしております。
田中先生のおっしゃられている(発言の2つ目)のアップルスクリプトの
ログ解析もうちょっと詳しく教えていただきたいのですが・・・・
もし、自分で組める(プログラム?)ならばやってみたいですし・・・

おねがいできませんかね?

田中求之 さんからのコメント
( Friday, October 20, 2000 18:32:14 )

…といわれても、あのまんまですが (^_^;;  ??

ようは、AppleScript で該当する文字列を含む行だけを抜き出すという処理
を行っているわけです(実質的に Tanaka's osax で処理してるわけですが)。

どのようなことを具体的に知りたいのか(解説して欲しいのか)おっしゃって
もらえると、私の方でもコメントができるのですが…

Dynamite さんからのコメント
( Friday, October 20, 2000 19:38:30 )

どうも、レスありがとうございます。

なにせ素人な者で質問の仕方も知らないやつですので何とぞご容赦下さい。
というのも、よくPerlなどでみかける『アクセス解析』などをAppleScript
でできればいいなと思っておりまして、しかし、自分で組むにはあまりにも
知識がなさすぎな者でこのツリーを見て、『お!!』と思った次第です。

先生の書かれているScriptはCGIとして実行させてもいいのですよね?
これをWebブラウザで見れるようにできればいいのになな〜〜んて虫が良すぎ
ますよね?

AppleScriptが自由に使えればいっぱいやりたいことがあるのにな〜〜。

いその@とし研 さんからのコメント
( Friday, October 20, 2000 20:28:43 )

# 話題が錯綜してますが...

475 上の Personal Web Sharing 1.5 でも、ローカルから操作すれば、起動し
たままで解析できました。
# おさわがせしました。(^_^;;

田中求之 さんからのコメント
( Saturday, October 21, 2000 13:03:12 )

>先生の書かれているScriptはCGIとして実行させてもいいのですよね?

CGI の中の処理に組み込んで、たとえばアクセス状況を表示するような CGI を
作ることは可能ですが、当然のことながら、ページとして表示するための
処理が必要になります。あのままでは、単に、該当するアクセスの記録さ
れている行を抜きだしているだけですから。

それよりも、いそのさんのコメントにあるように、Analog で解析できる
のですから、Analog をうまく活用するほうが有効ではないかと思いますよ。

Dynamite さんからのコメント
( Saturday, October 21, 2000 13:26:36 )

わかりました。
どうもありがとうございます、