このページは福井県立大学の田中求之が2006年1月まで運用していた Mac のサーバ運用に関する会議室 「Web Scripter's Meeting」の記録です。情報が古くなっている可能性がありますのでご注意ください。

LC575にLC-PDSとCSスロットのEthernetCardは2枚同居可能?

発言者:長野谷
( Date Monday, February 14, 2000 01:45:26 )


現在、LC575(OS8.1)にLC-PDSのイーサネットカードを差し、IP Netrouter
を動作させてルーターにしています。

これに、CSスロットのイーサネットカードを足した場合、両方認識されるもの
でしょうか?

SCSI-Etherのアダプタ(EtherLAN SC)を試してみたものの、「Nu-Bus上に
イーサネットカードがすでにあるため使えない。そっちを抜いてくれ」という
メッセージが出てきておりました(^^;。


今井真人 さんからのコメント
( Monday, February 14, 2000 16:10:40 )

 LC-PDSのイーサネットカードが大きくて場所を取り、CSスロットが
アクセスできない場合もありますので、注意してください。

今井真人 さんからのコメント
( Monday, February 14, 2000 17:11:33 )

 私も興味があったので、試してみました。

 LC575+MacOS 8.1J+IPNetRouter 1.481+
 Reudo CS Ethernet Card+Reudo PDS Ethernet Card

 の構成です。

 アップルトーク上は、イーサネットスロット1と2とちゃんと認識され、
IPNetRouterの起動までうまく動いてます。大丈夫でしょう。

なおReudo CS Ethernet Cardは特別にドライバを入れる必要があります。
 

長野谷 さんからのコメント
( Tuesday, February 15, 2000 05:15:06 )

うっ! そうですか。実は今日秋葉原に走ってReudoのCS Ethernet Cardを
購入してきました。ドライバもインストールしてみました。
その結果、

「Ethernet スロット 1」CSスロットに入っているReudoのイーサカード
「Ethernet スロット 2」LC-PDSにささっている純正のイーサカード
「代替の Ethernet」

の3つがTCP/IPコンパネで経由先として選択できるようになりました。
CSをケーブルモデムに、LC-PDSの方を内部LANにつなぎました。

LC575上でWebブラウザを起動した場合、「Ethernet スロット 1」ではなく、
「代替 Ethernet」をTCP/IPコンパネで指定しなければなりませんでした。

IP NetRouterを起動したところ、、、、この「代替 Ethernet」を選択でき
ておりません(IP NetRouter 68k Ver. 1.481)。このような症状は発生して
おりませんでしょうか?>今井様

# LC-PDSのカードもReudoにしないといけないのだろうか(--;;;



今井真人 さんからのコメント
( Tuesday, February 15, 2000 07:42:53 )

「Ethernet スロット 1」
「Ethernet スロット 2」

 の2つは確認できましたが、「代替の Ethernet」は私は出てきませんでした。

 Reudo のイーサネットカードをインストールするときに、カスタムインス
トール(SONIC CS Ethernet Card用のみ)しましたか?

 余分なものがインストールされた可能性があります。このインストーラ
Systemファイルをいじるので、もう一度OSを入れ直す必要があります。

今井真人 さんからのコメント
( Tuesday, February 15, 2000 07:46:04 )

> CSをケーブルモデムに、LC-PDSの方を内部LANにつなぎました。

この構成だと、イーサネットカード1枚でルート出来るのでは?

長野谷 さんからのコメント
( Tuesday, February 15, 2000 10:37:00 )

うっ! カスタムインストールはしておりませんでした。(ーー;

しかし、時間的に後戻りができない状況なので(Expo向けのシステムが、、)
OS(8.1)を新規インストールし直しています。

仰せのとおり、いままでもイーサネットカード1枚でルーティングを行って
おりました。ただ、内部ネットワークでデータベースをc/s構成で共有して
いたりするので、内部のパケットがケーブルモデム側にもれることを防ぐため
2枚差しをトライしてみた次第です。

今後にさまざまな検討課題(カスタムインストールなど)と可能性を残しつつ
現時点ではトライし切れませんでした。残念!!!

貴重なご助言をありがとうございます。Expoが終わったらもう一度トライして
みることにいたします>今井様

今井真人 さんからのコメント
( Tuesday, February 15, 2000 15:02:38 )

 ケーブルモデムの仕様がわからないと盗聴されそうで、恐いですよね。

 今回のテクは、LC630にも応用できますね。未だLC630で
1.5MByte/Secをルートさせてます。イーサネットカードを2枚差し
して、さらにルートさせようっと。


今井真人 さんからのコメント
( Wednesday, February 16, 2000 20:42:41 )

 LC630でイーサネットカード2枚差しルートに挑戦してます。
いまのところ特に問題なしです。しばらく様子見をします。

長野谷 さんからのコメント
( Thursday, February 17, 2000 01:40:57 )

そうですか、快調ですか、すごく魅力的なお言葉、、、、(^ー^;

実は、現状の内部LANでc/s通信を行ってしまうと、ネットワークの帯域幅を
すべてふさいでしまうことが分かりました。その他の、メール送信やFTP転送
などすべて外部に向けての通信が行えなくなってしまうのです。

そこで、ない智恵しぼって考えました。対処方法を。

「ファイルメーカーProデータベースファイルのバケツリレー転送」
数台のG3 Macで分散処理を行っていたものを、処理の上流から下流へと
データベースファイルを文字どおり「コピー」して個別に処理を行うように
してみました。Finderが他のマシンをマウントしてはファイルコピーを行い、
自動的にアンマウントします。

こんなに苦労をしているのに、Expo会場にはシステムを置いていないので
来場者の方々に実感を説明できないのがくやしいです(^-^;;;

よかったら、Webでも見てやって下さいまし(^^;;;

→  FM-Battler2ホームページ

今井真人 さんからのコメント
( Thursday, February 17, 2000 07:05:44 )

 私のLC630場合、microSCSIのイーサネットドライバも入れてあるんで
「代替のイーサネット」も表示されているんですが、使えてます。

 イーサネットスロット1はCS側
 イーサネットスロット2はPDS側

 に自動的に設定されていました。ここらでポートがずれる可能性があります。
昔は、イーサネットスロット1=PDS側しかなかったですからね。

 それよりなによりスイッチングハブでトラブりました。昔の情報を覚えて
しまうんで、ネットに問題があるたんびにハブをリセットです。その都度、アップル
トークが切れたダイアログがマックサーバに出てそれを消すためにクリックをして
まわらないとだめだし、もう大変す。