このページは福井県立大学の田中求之が2006年1月まで運用していた Mac のサーバ運用に関する会議室 「Web Scripter's Meeting」の記録です。情報が古くなっている可能性がありますのでご注意ください。

guestMail_2で Bccで送る方法ありますか?

発言者:nori
( Date Monday, January 31, 2000 21:31:47 )


guestMail_2 を改良して使用させて頂いてますが、
クライアント向けの送信に対し、Bccで自分の所にもメールを送るように
したいと思っています。
どうかご教授お願いいたします。

田中求之 さんからのコメント
( Tuesday, February 01, 2000 00:37:16 )

guestmail_2 のスクリプトはどちらをお使いですか?

メール送信の処理に手を加えることで、Bcc で送ることは可能になります。
(SMTP Session の開始の RCPT TO の部分に、自分宛の指定を追加する
だけなんですが)

TCP/IP osax 用と NetEvents 用ではスクリプトの書き換え方が異なりますので
お使いの方に合わせて説明します。

…UVJ Mailer 利用版を用意した方が話ははやいんだけど… (^_^;;

nori さんからのコメント
( Tuesday, February 01, 2000 10:05:33 )

田中先生 早速のコメントどうもありがとうございます。
NetEvents版を使用しております。
この機会にアップルスクリプトも勉強したいと思いますので、
説明お願い致します。


田中求之 さんからのコメント
( Tuesday, February 01, 2000 16:44:45 )

では、NetEvents 版の改造方法です。

メールの送信を行っている部分で、自分宛(スクリプトの冒頭のプロパティで
定義するようになっている YourEMail のアドレス)にも送るように変更を加え
ます。

具体的には、on send_message(email_address, email_subject, email_data)
で始まるハンドラーの中で   --- SMTP セッション  として NetEvents を
呼びだしている部分があります。この中を、一部、変更します。

以下のようになっている部分がありますが

        readresponse(sss) of me
        WriteStream sss data ("HELO" & crlf)
        readresponse(sss) of me
        WriteStream sss data ("mail from: <" & YourEMail & ">" & crlf)
        readresponse(sss) of me
        WriteStream sss data ("rcpt to: <" & email_address & ">" & crlf)
        readresponse(sss) of me
        WriteStream sss data ("data" & crlf)
        readresponse(sss) of me

ここを以下のように変更します

        readresponse(sss) of me
        WriteStream sss data ("HELO" & crlf)
        readresponse(sss) of me
        WriteStream sss data ("mail from: <" & YourEMail & ">" & crlf)
        readresponse(sss) of me
        WriteStream sss data ("rcpt to: <" & email_address & ">" & crlf)
        readresponse(sss) of me
        WriteStream sss data ("rcpt to: <" & YourEMail & ">" & crlf)  ---*
        readresponse(sss) of me --- *
        WriteStream sss data ("data" & crlf)
        readresponse(sss) of me

具体的には ---* の付いている2行を追加するわけです。これで、自分あてに
Bcc でメールが送られてくるようになります。

nori さんからのコメント
( Wednesday, February 02, 2000 12:05:38 )

田中先生 どうもありがとうございました うまくいきました

メールの宛先は下記2行を足すことにより、何人でも送れるのですね
WriteStream sss data ("rcpt to: <" & xxxxx & ">" & crlf)
        readresponse(sss) of me

今度はUVJ Mailerをやってみます
これからも宜しくお願いします



田中求之 さんからのコメント
( Wednesday, February 02, 2000 12:50:54 )

>メールの宛先は下記2行を足すことにより、何人でも送れるのですね

基本的にはそう考えてもらって構いません。ただし、限度があったはず
なので(RCPT の繰り返しによる指定)、どんな場合でも大丈夫とは
言えなかったはずですが。

なお、気をつけて欲しいのは、今回紹介したのは Bcc で送ることになる
方法です。つまり、RCPT の部分で指定しただけでは、メール本文の
ヘッダの中には、その人の情報はあらわれません。ですから、Cc や
単純な同報の場合には、RCPT を追加する以外に、メールの本文の
中でヘッダを作成する作業も必要になります。


>今度はUVJ Mailerをやってみます

UVJ mailer そのものが、メール発送のための CGI として使えるようにも
なっていますし、日本語の Subject なども安心して使えますので、色々と
試してみて下さい。

解説ページの説明が、ちょっと不十分なところもあるのですが、まもなく
2.0 を出すときに、もう少し詳しく書き直す予定でいます。