このページは福井県立大学の田中求之が2006年1月まで運用していた Mac のサーバ運用に関する会議室 「Web Scripter's Meeting」の記録です。情報が古くなっている可能性がありますのでご注意ください。

DNSのSecondary Zoneについて

発言者:たなべゆたか
( Date Friday, January 14, 2000 04:34:20 )


はじめまして。

会社で近くサーバをたてることになり、しばらく前からこちらを拝見させて
いただき、大変、参考にさせてもらっています。

そうしたなかで、DNSサーバのSecondary Zoneのことがちんぷんかんぷんで
す。

ウェブを検索したり、本を探したりしてそれなりの情報を得ることはできま
したが、何分、素人なもので、その意味するところがわかりません。

Secondary Zoneの設定の意味、設定が必要な条件、そして一般にSecondary
Zoneを設定する必要はあるのでしょうか。

どこどこのサイトにある、という情報でも結構ですので、よろしければご教
授ください。

今井真人 さんからのコメント
( Friday, January 14, 2000 15:06:01 )

 セカンダリサーバは、プライマリサーバが止まったときの予備として
動いています。ネームサーバが止まると、ドメインネームでアクセスで
きなくなります。名前が使えなくなると、IPアドレスを暗記している人は
少数なので、インターネットが使いにくくなります。

 セカンダリサーバは、プライマリサーバのコピーなので、プライマリ
サーバが停止したときに、セカンダリサーバを読みに行くように設定し
ておくと安心です。

田中求之 さんからのコメント
( Friday, January 14, 2000 16:38:17 )

今井さんのコメントにあるように、セカンダリ・サーバというのは、
バックアップの DNS サーバです。通常は、自分たちのサイトの外部
の DNS サーバにセカンダリをお願いすることになります。

専用線を引かれるのだと思いますが、専用線の業者の方でセカンダリ
サーバのサービスを行ってくれませんか?

たなべゆたか さんからのコメント
( Friday, January 14, 2000 17:02:54 )

今井真人さん、田中求之さん、コメントありがとうございます。

お二人のコメントからすると、DNSをセカンダリとして運用する場合に
Secondary Zoneの設定が必要になるという理解でよろしいでしょうか。

田中さんのおっしゃるように多分、セカンダリは業者の設置するものを
借りる形になると思いますので、その場合、Secondary Zoneの設定は必
要ないわけですね。

サーバをたてるのは期限が切られているわけではないので、じっくり勉強
してから取りかかろうと考えています。

サーバソフトはWebTen3.0を第一候補としています。WebTen3.0に関して
何か情報がありましたらお知らせいただければ幸いです。

田中求之 さんからのコメント
( Friday, January 14, 2000 17:35:02 )

>お二人のコメントからすると、DNSをセカンダリとして運用する場合に
>Secondary Zoneの設定が必要になるという理解でよろしいでしょうか。

そうです。普通の DNS サーバとして動かすときには、Secondary Zone
は何も設定する必要はありません

今井真人 さんからのコメント
( Friday, January 14, 2000 18:02:42 )

 興味をお持ちなら一度はセカンダリネームサーバの設定をしてみると
面白いですよ。インターネット上に公開されてあるものどれでも、いい
ですから。

 なんせプライマリネームサーバのコピーですから、ネームサーバが
どんな設定をしているか丸見えになります。

 一応、勉強のためですよ。ホントに。

たなべゆたか さんからのコメント
( Saturday, January 15, 2000 03:24:31 )

今井真人さん、ありがとうございます。

おっしゃるようにセカンダリネームサーバの設定を試してみたいと思い
ます。理屈を頭でわかったつもりでも、実際に設定例を確認することで
理解が深まり、新しい疑問も生まれてくると思います。

サーバをたてるまでに、またこちらで質問させていただくこともあると
思いますが、よろしくお願いいたします。

今井真人 さんからのコメント
( Monday, January 17, 2000 06:40:13 )

 私は業と自分の管理しているネームサーバにセカンダリを
設定することがあります。

 単にアクセスを速くするためだったりがほとんどですが、
なぜかネームの問い合わせができない場合の抜け道だったり
もします。

 知っておいて損はないサーバ管理者のテクなのであります。