このページは福井県立大学の田中求之が2006年1月まで運用していた Mac のサーバ運用に関する会議室 「Web Scripter's Meeting」の記録です。情報が古くなっている可能性がありますのでご注意ください。

Rumora SQL Plugin for FMP/AS

発言者:佐々木
( Date Wednesday, January 05, 2000 08:11:41 )


蘭Rumora社から、ODBC/JDBC経由でSQLサーバに接続するための、Mac版
FMPおよびAppleScript用プラグインが結構前からでていますが、
どなたか使われた方はいらっしゃいますでしょうか。

ODBCだと現状Macからは使用困難なので、JDBCを主に試しました。
MRJ2.1+JDBC thin driver(Oracle製Oracle用、inet software製
MS SQL Server用)からの接続で、
FMPスクリプト、AppleScriptともに、Oracle8、MS SQL Server7に対し、
日本語データを含め正常にqueryできました。


→  Rumora SQL Plugin for FMP/AS

theSong さんからのコメント
( Monday, January 10, 2000 23:50:14 )

私にとって興味津々の話題です。

勤務先にWindows NT Server によるネットワークがあります。
顧客データベースをMicroSoft のSQL Server で構築し
クライアントマシンからはVisual Basic で作成したインターフェースで
アクセスするという構成になっているようです。

私の部署はスタンドアローンのMacintosh において
FileMaker Pro 4.0 による独自の顧客データベースを構築しています。
顧客の共通の基本情報をやむを得ず手入力していますが、
できればネットワークからquery したいと思っています。

このプラグインがあれば可能なのでしょうか?
どうか具体的に御指導お願い致します。


佐々木 さんからのコメント
( Tuesday, January 11, 2000 05:12:07 )

状況はtheSongさんと似たような形で、利用できていますが、
それなりにSQL、JDBCの知識は必要です。

さらに、なんせ直接の国内情報は皆無みたいで、私も試行段階なので
全く保証できません。

まずは、該当するSQL Serverの管理者へこの利用法をトライしてみたい旨を
一度相談なさってからにしたほうがいいと思います。結局は管理者の
協力がないと不可能です。

必要なものはRumora社のJDBC SQL pluginを入手して(評価版あり)、
その中のREADMEを読むと見当はつくと思います。
1. MRJ2.1以上がインストールしてあるMac
2.JDBCドライバ(私はi-net software社のものを使用しました。
http://www.inetsoftware.de/English/produkte/jdbctreiber/Default.htm)
3.Rumora JDBC plugin
4.FMP4.0以上
です。
あとは、READMEをよく読むことです。

theSong さんからのコメント
( Tuesday, January 18, 2000 01:48:11 )

さっそくのコメント、本当に有難うございます。
それにひきかえ、お礼が遅れました。

>結局は管理者の協力がないと不可能です。

その通りだと思います。しかし、勤務先の管理者は
Macintosh にはあまり理解がありません。相当の勉強が必要ですね。
Windows NT Server とSQL Server を自分で持っていないので
実験できないのが辛いですね。

素人の質問ですが、JDBCドライバを使うという事は通信プロトコルが
TCP/IP であって、NT のMacintosh サービス(AppleTalk)よりも
管理者に喜ばれるんでしょうか?

いずれにせよ、頑張ってみますので今後も御指導宜しくお願い致します。



佐々木 さんからのコメント
( Tuesday, January 18, 2000 14:02:43 )

今の場合,JDBCドライバはJavaを利用したデータベース接続方法で,
クライアントのプラットホームを問わないので,Macでも利用できる
可能性があるという意味です.NT Macサービスは何の関係もありません.
TCP/IPを当然下層プロトコルとして用います.

システム構築ポリシーがオープンな運用に意欲的ならばいいのですが,
逆にクローズドな運用を前提としているならば結局無理です.

また,オープンシステムを前提とするなら,今回の方法のようなMac FMP用の
姑息的救済処置ではなく,より汎用性のある解決法がいろいろ
あるわけですから,別に決定打でも何でもありません.
長期的に利用価値があるかどうかも疑問です.
一応こういうことも可能だ程度に考えておいたほうがいいかもしれません.

今後自分では限られた範囲でこの方法で参照系の運用をしてみようと
思っていますが,なにかわかりましたら適宜ご報告します.