このページは福井県立大学の田中求之が2006年1月まで運用していた Mac のサーバ運用に関する会議室 「Web Scripter's Meeting」の記録です。情報が古くなっている可能性がありますのでご注意ください。

Windows NTで rmdir コマンド

発言者:B. Uchina
( Date Friday, December 31, 1999 23:23:21 )


Windows と UNIX では使える perl のコマンドが違うそうですが、rmdir は
どうなんでしょうか?あらかじめ mkdir 0777 で作成し chmod 0777 したディ
レクトリでファイルの作成、読み書きを行い、終了後 rmdir で不要になった
ディレクトリを削除しようとしても windows server が「パーミッションがな
い」という理由で削除に応じてくれません。ファイルの方は全部 cgi から
削除できていてディレクトリにはファイルは残っていません。ローカル環境
(Mac)でテストした時は問題なくディレクトリも削除できました。ちなみに
スクリプトは $basdir を上位ディレクトリ名 $subdir をサブディレクトリ名
として

chdir $basdir or die $!;
# 上位ディレクトリでこの後しばらく作業
mkdir $subdir, 0777 or die $!;
chmod 0777, $subdir;
chdir $subdir or die $!;
# サブディレクトリで内でしばらく作業
opendir (SBDR, $basdir.$subdir) or die $!;
@dele = readdir SBDR;
closedir SBDR;
unlink @dele or die $!;
rmdir $basdir.$subdir or die $!;

です。