このページは福井県立大学の田中求之が2006年1月まで運用していた Mac のサーバ運用に関する会議室 「Web Scripter's Meeting」の記録です。情報が古くなっている可能性がありますのでご注意ください。

WSM Markers for Sherlock

発言者:田中求之
( Date Wednesday, December 22, 1999 17:17:08 )


すでに別発言で触れているように、このサイトのアーカイブを作成したのですが、
その際に、Sherlock の検索インデックスだけを配付できないかなと思いついて
作ってみました。それが WSM Markers です。

ダウンロードしたファイルを解凍して、DiskCopy 6 でマウントしてもらうと
WSM Markers というボリュームになります。このボリュームに対して、
Sherlock (MacOS 8.6) で検索を行うことができます。

検索結果として表示されるファイルは、このサイト上の実際にページに
ブラウザでアクセスするように指示した Netscape の URL クリッピング
ファイルです。

Netscape をあらかじめ立ち上げておき、Sherlock の検索結果のウィンドウ
からファイルを Drag & drop で Netscape のウィンドウに落とすと、その
ページにアクセスします(Sherlock の画面でダブルクリックする方法では
うまく Netscape に情報が伝わらないようです)。

実際にサーバーに接続することになりますので、常時接続でないユーザーの
方はご注意ください。

Netscape ユーザーの方しか利用できないのですが、検索だけでも手元で
できるというのは便利(特に日本語を含む複数語句検索)だと思います。
(ほとんど、自分が欲しくて作ったようなものです)

2.2M のファイルです。

→  WSM_Markers.sit

田中求之 さんからのコメント
( Wednesday, December 22, 1999 17:26:54 )

参考までに作り方を紹介しておくと…

まず DiskCopy で空の image ファイルを作ります。すべての発言のファイル
を載せたうえで、Sherlock の Index も載りますので、今回の場合は 25M の
サイズの Disk イメージを作りました。もちろん、読み書き可能のディスクに
します。

そのディスクをマウントし、会議室の発言ファイルをすべて載せたうえで、
このボリュームの Sherlock の検索インデックスを作成します。

検索インデックスの作成が終了した時点で、発言のファイルを、すべて、
サイト上のページへの指示を記した Netscape の URL ファイルに変換して
いきます。クリエータを 'MOSS', タイプを 'URL ' にし、ファイルの中身を
http://mtlab.ecn.fpu.ac.jp/webcon.mtxt$<ファイル名>
のような、ページの URL に置き換えるわけです。

この作業が完了した時点で、Disk Copy の Convert Image... を使って
必要なサイズを確保できる read only compressed のファイルに変換
します(今回の場合はディスクサイズ 8M で設定)。

これで完成というわけです。

作業自体は、比較的簡単なので、このお手元検索用インデックスであれば
毎週のリリースも不可能ではないなと考えています(作業は AppleScript
で自動化できるし…)

田中求之 さんからのコメント
( Thursday, December 23, 1999 00:58:55 )

ささやかな補足。

EasyBBS をお使いの方は気がつかれると思いますが、ファイル名は、最初の
発言が投稿された日時のタイムスタンプになっています。年月日時分秒が2
桁ずつで並んだ数字 + .html です。

ですから、検索結果から、いつごろに投稿された(話題が始まった)ものか
の大まかな目安を知るのに使えます。

また、ファイルのディレクトリを表示するようにしておく(下の方の三角を
クリックして詳しく表示するようにする)と、ファイルがどこのフォルダーに
入っているかが示されますが、webcon フォルダーに入っているものが
現在、この会議室で書き込み可能な形態で提供されているものです。
Webcon_archive の方は書き込みできない普通のページに移行したもの
になります。これも、発言の鮮度を知る手がかりになります。