このページは福井県立大学の田中求之が2006年1月まで運用していた Mac のサーバ運用に関する会議室 「Web Scripter's Meeting」の記録です。情報が古くなっている可能性がありますのでご注意ください。

YosemiteのSCSIにMacOS X Serverは不可?

発言者:Masafumi "KUH" Kushiro
( Date Monday, September 27, 1999 18:13:27 )


こんにちは

先週末、QuickTime Streamingに挑戦したくてMacOS X Serverを買いました。
自宅のマックはPowerMacintosh G3(ヨセミテ)350/DVDなので、メモリも450MBほど積んでいるし問題ないだろうとインストールを試みたのですが、
内蔵のSCSIカード(ラトックREX-PCI32PとPCI30PX)経由のハードディスクにインストールが出来ません。(MacOS8xでのブート対応版です)

これってやっぱりドライバが対応していないと言うことでしょうか?
ラトックのサポートにも聞いてるんですが、WEB上には情報ないし。

内蔵IDEはすでに満杯なのと、MacOS 8x環境と切り替えて使いたいのでSCSIがベストなんですけど...
アダプテックのカードを買えばいいのでしょうか...(T_T)

それにヘンなんですが、SCSIをあきらめて用意したIDEのハードディスクへのインストールも極端に遅くて、
インストール完了まで2時間半もかかりました。(何度かエラーも出ました)

以前もケーブルの問題があり、いくつか取り替えたりしたのですが
今回は純正の短いケーブルを使って接続しています。

ヨセミテって、純正のディスク以外への相性が極端に悪いんでしょうか?

試したディスクは以下の通りです

・Ultra Wide SCSI  IBM DDRS-34560 (7200rpm/4.5GB)
  http://www.storage.ibm.com/hardsoft/diskdrdl/prod/9esprod.htm

・Ultra SCSI  Quantum Fireball FB-EX (5400rpm/6.4GB)

・UltraATA/33  Seagate Medalist Pro ST36530A (7200rpm/6.5GB)
 http://www.seagate.com/cda/disc/mark/detail/0,1250,89,00.shtml

「MacOS X Server徹底活用ガイド」も読んだんですが、このへんは一般的に問題がないらしく
「さらっと」流されてました(T_T)

稲垣 さんからのコメント
( Monday, September 27, 1999 18:59:28 )

 ドライバーの問題で、対応しているSCSIカードが少ないだけですね。
 他のMLでも話が出ているのですが、Apple純正以外では、Power Domain 2930U
以外は全滅のはずです。

 後、IDEでもスレーブにするとX Serverからは上手く使えないそうですので、
Mac OS用をスレーブにして、X Server用をマスターにするといいらしいです。

>「MacOS X Server徹底活用ガイド」も読んだんですが、このへんは一般的に問題がないらしく
>「さらっと」流されてました(T_T)

 SCSI関連は75pに一段落だけ書かれていますが、その文章以上のものは無い
はずです。なんで、サラッと流すしか無いと思います(^^;
#要は、記事になる程のサポートがなくて、..という感じでしょう。

KUH さんからのコメント
( Monday, September 27, 1999 21:25:12 )

すいません、先ほど電車の中で読んでましたらおっしゃるとおりSCSIカードの
記述がありました。
これだけ書いてあれば「さらっと」ではないですね、コレが知りたい部分でした。
「禁断の...」のコーナーだったので飛ばして読んでました(^^;
アップルのサイトをいろいろ見たんですが探し方が悪いのかこういう記事がみつからなかったので溜飲の下がる重いです。

しかし結局は2930Uを買うしか手がないんですね...ううう(T_T)

仕方ないので超遅いIDEにもう少し四苦八苦してみます。
アリガトウございました。

それにしてもIDEからの起動、10分以上かかります...
これって正常じゃないですよね(T_T)

KUH さんからのコメント
( Tuesday, September 28, 1999 14:14:54 )

つづきです。
さすがに起動に10分以上(きのうは30分経っても起動しなかった)かかるのはオカシイと考え(遅い)
Winマシンに内蔵していたハードディスク(IBM 8GB U-ATA/33)をもぎ取ってつけてみました。

するとウソのようにスムーズです、どうやらハードディスクとの相性が悪かったのでしょう。
しかし、MacOS X Serverのインストールでは途中で前回同様エラー画面が出たりして3回くらいインストールをやり直しました。
この間設定などは全く変更していないのに、毎回エラーが出る場所が違ったりしておかしな動きがありましたが
本日未明にはきちんと立ち上がりました(-_-;

起動時間は1分ほど、まぁこれなら大丈夫ですね。

それにしても未だに納得できないヨセミテのディスク問題、気になります。
ケーブルは純正で付いてきた7〜8cmの短いものを使っています。
こんなのでQTSS公開できるのかなぁ...(T_T)