このページは福井県立大学の田中求之が2006年1月まで運用していた Mac のサーバ運用に関する会議室 「Web Scripter's Meeting」の記録です。情報が古くなっている可能性がありますのでご注意ください。

ファイルメーカーのタブキーの機能を・・

発言者:たちこうじ
( Date Friday, May 07, 1999 11:41:14 )


ファイルメーカーでタブキーを押すとカレントフィールドが1つづつ移動し
ますが、この機能をタブキーではなくエンターキーで出来るようにはならな
いでしょうか?ファイルメーカーは4.0を使用しています。
どなたかご存じの方がいらっしゃいましたら回答を宜しくお願いします。

今井真人 さんからのコメント
( Saturday, May 08, 1999 23:09:37 )

 下記のソフトでキーボードのエンターキーをタブキーと
して使うことで可能でしょう。

 しかし、他のアプリケーションもエンターキーがタブキー
になってしまいます。

今井真人今井真人今井真人 さんからのコメント
( Saturday, May 08, 1999 23:10:29 )


 下記のソフトでキーボードのエンターキーをタブキーと
して使うことで可能でしょう。

 しかし、他のアプリケーションもエンターキーがタブキー
になってしまいます。

→  Control Control

今井真人 さんからのコメント
( Saturday, May 08, 1999 23:15:42 )

 すいません。あやしいことになってしまいました。以下のソフトです。

→  Control control

たち さんからのコメント
( Sunday, May 09, 1999 00:46:54 )

今井様、早速の御回答ありがとうございました。
しかも、よくみると同様の質問が18番にありましたね。
田中さんすみません。以後気をつけます。
これからも、たよりにしてます。

miyake さんからのコメント
( Thursday, May 13, 1999 01:43:18 )

たとえば入力のレイアウトに入ったときに、以下のようなスクリプトを実行
させます。

次のフィールドへ移動
スクリプト一時停止/続行[]
次のフィールドへ移動
スクリプト一時停止/続行[]
次のフィールドへ移動
スクリプト一時停止/続行[]

次のフィールドへ移動は、タブ順設定の通り移動します。
スクリプト一時停止/続行[]は、入力待ちになり『enter』を押すと再開され
ます。

たち さんからのコメント
( Friday, May 14, 1999 09:45:37 )

miyakeさま、ありがとうございます。
いまから試してみます。

たち さんからのコメント
( Friday, May 14, 1999 10:07:28 )

miyakeさんへ
成功しました。だけども、書いた数の分しか繰り返してくれないですよね。
でも、これで、うちの企業の事務のおばちゃん達が簡単にファイルメーカー
を使えるようになります。どうも、マウスの利用が困難らしくてこまってた
んです。

miyake さんからのコメント
( Friday, May 14, 1999 18:14:49 )

お役にたてて光栄です。
>書いた数の分しか繰り返してくれないですよね。
たくさんのフィールドがあって繰り返されるのでしたら、
Loopを使って下記のようにしてみて下さい。

Loop
次のフィールドへ移動
スクリプト一時停止/続行[]
Exit Loop If [ 「Status(フィールド名)="最後にしたいフィールドの名前"」]
End Loop
フィールドへ移動[]

ようは最後にしたいフィールドの名前を調べて終了させてるだけです。

とめ さんからのコメント
( Saturday, May 15, 1999 16:18:40 )

次のフィールドへ移動
スクリプトの一時停止/続行

これ私も使っています。でもエンターキーを押す感覚が短いと次のデータを取りこぼしてしまうんです。
なんかいい方法がないか考えています。

BoraBora さんからのコメント
( Sunday, May 16, 1999 03:57:56 )

MacUser の方ならご存じと思いますが
CEsoftware の Quickeys を使えば簡単にできます
マック版 windows版があります

各プログラムごとにKeyを設定できますから、困ることもないと思います
filemaker4.1で確認しましたら、マック版では うまくいきましたよ

→  Quickeys4.0

助かります さんからのコメント
( Tuesday, May 18, 1999 10:20:50 )

miyakeさん、とめさん、boraboraさん、ありがとうございます。
いろいろやり方があるんですね。もっと勉強せねば!