このページは福井県立大学の田中求之が2006年1月まで運用していた Mac のサーバ運用に関する会議室 「Web Scripter's Meeting」の記録です。情報が古くなっている可能性がありますのでご注意ください。

iMacは静電気に弱い

発言者:m-imai@okako.com
( Date Saturday, January 30, 1999 09:48:50 )


 もし、iMacで以下のような症状が出ていたら、電源のアースを
電子レンジや洗濯機並に取るようにしたほうがいいと思います。

・電源を切断するときにハングアップする。
・キーボードだけハングアップする(マウスは動く)。
・マウスだけハングアップする(キーボードは動く)。

 iMacは仕様上、静電気が逃げにくい設計なので、このような注意が
必要なようです。

 私のサイトにあるiMac 20台がすごくシステムが不安定なので、
いろいろ追及した結果、アース対策を完全に行ったところ、ようやく
安定しました。今では上記3つの障害は皆無です。

 iMacに接続する機器(別に外部AC電源を取るようなタイプ)は
すべて、アースをちゃんと接続する必要があります。

 なお、アース線自体にノイズがのっている可能性もありますの
で、アース線には高周波を通さないようにフェライトコアを巻く
対策が必要な場合もあるでしょう。

 一般家庭では、台所ならともかくアース線が接続できるコンセント
が少ないと思われるので、アースを取りたくても取れない場合が
考えられるので、困ることがあると思います。


いまい@岡山県立岡山工業高等学校

kamekichi さんからのコメント
( Sunday, January 31, 1999 00:41:41 )

カンケーないかもしれませんが、電磁波チェッカーで電磁波を測ったところ、
一番、効果があるのはアースをとることでした。
ディスプレイの電磁波をみなさん一番気にしていますが、測ってみると
キーボードやマウスからも出ていました。アースをとることで解決しました。
また、ディスプレイにつける電磁波フィルタも、若干効き目はありますが、
アースの方が効果的です。
しかし、多くのOA機器を同じアースラインにのせたら、HDが原因不明のクラッシュを
することが複数マシンで起こり、アースラインを分けたら直りました。
偶然かもしれませんが、無関係ともいえないと思います。
とりあえずこちらではアース棒を買ってきて地面にさしています。

田中求之 さんからのコメント
( Sunday, January 31, 1999 02:41:23 )

> 一般家庭では、台所ならともかくアース線が接続できるコンセント
>が少ないと思われるので、アースを取りたくても取れない場合が
>考えられるので、困ることがあると思います。

一般家庭でアースを取るのって、けっこう大変なことがありますよね。アマチュア無線
をやっていたころ苦労しました(自分で銅の杭を買ってきて、庭にアースを作って、
ケーブルで部屋まで引っ張って… なんてやってました。すきま風と引き換えにアース
してたもんな (^_^;; )

アパートやマンションだと、

1:洗濯機用のコンセント(たいていは風呂場)
2:エアコン用のコンセント(天井)
3:トイレのコンセント(ウォシュレット用のやつ)

ぐらいしかなかったりしますからねぇ。

でも、電化製品、特に高周波を扱うものは、アースをきちんと取るのが、安定して
運用するコツの一つかなと思います。

ただ、2極のコンセントの、どちらかが、確かアースになっているんではなかった
でしたっけ? コンセントの微妙な大きさの違いで見分けるんだったと思いますが。
このへんは、オーディオに詳しい人が特にな話かな? アンプをコンセントにつなぐ
とき、どの向きに指すか、決まっているやつってありましたよね?


…関係ないですが、先日、岡山県の県の方が、県内のネットインフラ整備に関して
講演なさったのを聞く機会がありました(岡山情報ハイウェイ構想っていいましたっけ?)
県がインフラ整備に積極的なのが、とてもうらやましかったです。地域 IX ぐらいは
自治体で整備して欲しいよなぁ…

peace さんからのコメント
( Sunday, January 31, 1999 13:50:55 )

私も5階のベランダから垂らして取ってました(笑)。>アマ無

>2極のコンセントの、どちらかが、・・・
長い方がアースですね。といっても最近の業者の中には無視して立てる所も
あるという話です。だからそこから直接筐体につなぐなんて事はしないでね。
チェックする時はテスタをお持ちならAC電圧モードで片方の電極を手でも
ってもう片方を差し込むとわかります。電圧の低い方がアースです。
それか、検電ドライバーを使いましょう。安いものですから。
#裸のネオン管を手に持って計測してたなあ、昔は。危険だ・・・
取り出すには変換コネクタでそういう構造を持つものなどがあります。そう
いうものを使いましょう。決して裸線を突っ込むなんてまねはしないように。

ところで、もし多くの機器が誤動作する場合、電源ラインに雑音が入ってる
場合や電源容量が枯渇している可能性もあります。一概にアースで解決とは
いかないかもしれません。特に冬は暖房機器がありますから・・・

なんにせよ高電圧のモニタと繊細な精密機器が同居しているiMacにアースは、
安定動作には大切でしょうね。それに、雷で可愛いMacを死なせる危険も減り
ますからね。

…瀬戸内海・四国のあたりの地域はネットワークに積極的ですね。

田中求之 さんからのコメント
( Sunday, January 31, 1999 14:37:14 )

>長い方がアースですね。といっても最近の業者の中には無視して立てる所も
>あるという話です。

あてにしないほうが安全ということですね。

ま、北陸は冬場も湿度が高いので、静電気バリバリ喉はヒリヒリってことはあんまりない
んですけどね(って雪をみながら強がってみる (^_^;; )

今井真人 さんからのコメント
( Sunday, January 31, 1999 19:12:20 )

 追加でいろいろ書いておきます。

 私の学校のiMacは、ビニールコートされたコンクリート床に、事
務用鉄製テーブルを置き使っています。

 アースを取らないときは、日に5回ぐらいキーボードのハングアッ
プがあり、生徒に使わせることが不可能な事態でした。

 他のMacでは、これほどの事態は経験したことがありませんので、
原因を追及した結果、アースを取ると全てが治まりました。

 なお、他のMac、PCではアース線は全く気にしておりません。
接続も皆無です。しかし、静電気による不具合はみられません。

 以下、原因を推測。

・iMacはシースルー設計のため、静電対策を取ろうにもとれない。
・iMacの設計段階では、アースを取っての確認しかしていない。
・USBはシールド効果がADBより高いものの、アースそのものが不
 安定な場合は、想定外。
・USBをアップルが導入した最初の機種であるため、問題が判ら
 なかった。
・世界ではアースのあるコンセントがほとんどなので、日本だけ
 のローカルな問題とされた。


  私が静電気障害だと判断したのは、iMacをいろいろな場所で
移動したり、条件を変えるとハングアップする場合、しない場合が
あったためです。

・出入りの激しい1階の北側では、キーボードのハングアップは、
 一度も発生しませんでした。
・私の田舎(回りは田んぼばっかり)に持って帰って3時間ほど
 使ってみると、特に問題なし。
・自宅の温風ヒータに当たる場所で、畳の上にマットを引いたと
 ころでは、30分に1回の割合でマウスがハングアップ。
・iMacを20台置いた部屋に、80人を詰め込んでプレゼンすると
 ハングアップしない。
・iMacを20台置いた部屋で、iMacを5〜6人で使うとハングアッ
 プが頻発する。生徒も多数経験。

 いつもは使わないアースコードをカットしているのですが、
取っておいて本当に良かったと思っています。

 なお、アースはコンセントの枠がちゃんとアースされていた
ため、そこから取ることができたので、コンセントの変更は楽
にできました。


 iMacのアースコードの先には、ネジでアースに固定できるよ
うに端子が付いていますが、これをワニ口クリップに変更して
います。これだと、アース線の接続が非常に簡単になるし、アー
スのないようなコンセントで別にアースを引く場合も対応が可
能になります。


今井真人 さんからのコメント
( Sunday, January 31, 1999 20:02:52 )

>ただ、2極のコンセントの、どちらかが、確かアースになっているんではなかった
>でしたっけ? コンセントの微妙な大きさの違いで見分けるんだったと思いますが。

 まともな電気工事屋が工事したなら、コンセントをばらして白色の
コードが接続されている方がアース側です。赤か黒の方が電源側です。
電気工事士試験対策で、そのように教えております。

 しかし、このアースはAC100Vが載っている電線なので、アースとして
使うのは問題あります。それにコンセントを左右ひっくり返すと感電し
てしまいます。

 コンクリート製の建物で、コンセント中のボックスが鉄製なら、それ
がアースとして使える場合があります。

 コンセントを2つばらして、そのボックス同士をテスターで抵抗を
測ってみれば、判断できるでしょう。0オームならたぶんボックスが
アースとして使えます。∞ならアースとしては使えません。

 もっと調べたければ大元の配電盤の鉄ケースはアースを取ることに
なっているので、ケースとコンセントボックスの導通をテスターで計測
してみればいいでしょう。

 それからアース線は、緑色で接続することになっていますから、緑の
線を探してもいいでしょう。

>…関係ないですが、先日、岡山県の県の方が、県内のネットインフラ整備に関して
>講演なさったのを聞く機会がありました(岡山情報ハイウェイ構想っていいましたっけ?)
>県がインフラ整備に積極的なのが、とてもうらやましかったです。地域 IX ぐらいは
>自治体で整備して欲しいよなぁ…

 岡山の公立学校は、すべてインターネット接続され、インターネット
ができるようになっています。しかし、すべてがうまく運用されている
わけではありません。ネットワーク管理者が存在しないに等しいので、
困っている学校がほとんどです。


いまい@岡山県立岡山工業高等学校

あゆみ さんからのコメント
( Tuesday, February 02, 1999 12:44:39 )

静電気が原因とみられるiMacのトラブルですが,これはiMac以外でも
発生しています.

私の所は大学の研究室ですので,すべて3種アース付のコンセントと
なっています.接地端子付の電源コードでPowerMac 8100/80を接続
していますが,冬場になるとキーボードやマウス操作中にカーソルの
フリーズ,キー入力を受け付けないなどの症状が発生します.
同様の症状はPerformaでも起こっています.

ADBのデバイスからコントローラに静電気が悪さしているので,本体の
アースを強化しても効果がありません.そこでキーボードの前に置く
リストレストにアルミホイルを巻いて,ADBのデバイスにさわる前に
自然とリストレストで放電するようにしてやると,今の所大丈夫な
ようです.見栄えは非常に悪いですが^^;;.

デバイスから回り込む静電気は本体をアースするよりも,静電気を
先に逃がした方が効果があると思います.

稲垣 さんからのコメント
( Tuesday, February 02, 1999 18:31:43 )

>デバイスから回り込む静電気は本体をアースするよりも,静電気を
>先に逃がした方が効果があると思います.

 私はどうも静電気を溜め込む体質らしいですが、今の所macは元気に動いています。

 最近、静電気を放電する為のシートが幾つか売られていますので、それを試してみ
てもいいかも知れないですね。


今井真人 さんからのコメント
( Wednesday, February 03, 1999 07:42:18 )

 キーボードだけのハングアップやマウスだけのハングアップならば
ADBコネクタ、USBコネクタの抜き差しだけで復旧する場合があります。

 どうしてもリセットしたくないときに、試してみる価値はあります。

 それから、アースなんですが古い建物だとアースそのものが、うま
く機能していない場合もあります。一度、新たに地面に自分でアース
棒を差すなどして試してみることも必要でしょう。

今井真人 さんからのコメント
( Wednesday, February 03, 1999 07:45:19 )

 も一つ追加しておきます。

 電源のアースからテスター(オーム計)でどのように接地されて
いるのかたどるのも手です。もし、浮いている金属があれば、そこ
が怪しいです。

今井真人 さんからのコメント
( Wednesday, February 03, 1999 07:47:32 )

 マックを置く机が金属製なら、それもアースを取るなど
すればいいのでは?

今井真人 さんからのコメント
( Thursday, February 04, 1999 12:05:37 )

 どのようにアースを取ればいいか、わからない人もいると思うので、
ページにまとめました。

→  iMacの静電気対策

今井真人 さんからのコメント
( Monday, February 08, 1999 07:54:13 )

 このところコンセントをばらしまくって調査しています。
アースが入れ替わっているコンセントが、実際に存在しま
した。コンセントはちゃんとアース側を明記されているにも
関らず、ちゃんと工事されていませんでした。

 それからアース線が全くないコンセントも一般家庭では
多数ですね。これに関してはどうしようもない。延々と
アースコードを台所から引っ張る?というのが普通な
やり方になるのでしょう。

今井真人 さんからのコメント
( Saturday, February 13, 1999 13:14:25 )

 コンセントの左右を入れ替えて差してみるのも効果がある
ように思います。どうしても、アースをとれない場合試して
みる価値はあります。


ぺんちゃん さんからのコメント
( Wednesday, March 03, 1999 00:16:17 )

私の静電気対策はなんとライオンのエレガード!
電源オンの前に絨緞や自分 iMacに50B位はなして
「シュ!」してます。 かなり有効です。
ただ 匂いが結構きつく嫌な感じなんで
ライオンにパソコン用にエレガードを作って!と
メールを送りました。

垂井 雅夫 さんからのコメント
( Monday, April 05, 1999 10:02:49 )

今年の1月に自宅用にiMacを購入したユーザです。
購入直後から、これまでのMACでは経験が無いトラブルに悩まされて来まし
たが、先週届いた日経エレクトロニクスの記事(今井さんの記事)を読んで、
謎が解けました。静電気が原因で、キーボードが死んでしまったりする訳で
すね。
これらの問題は雨の日が多くなった3月中旬から全く出なくなっており、静
電気が原因だった事は間違い無いと思われます。今年の冬にまた発生するよ
うでしたら、アースを取る事などをやってみます。

上野 圭司 さんからのコメント
( Tuesday, April 06, 1999 20:47:09 )

知り合いのオーディオ店で聞いた話では,マンションなど鉄筋コンクリート
製の建物の場合,窓枠をとめているねじがコンクリートに食い込んでいるので
アース線の代用になるといってましたが,どうでしょうか。

私はこれを信じてオーディオおよびiMacのアース線を窓枠のねじに接続して
います。。。

今井真人 さんからのコメント
( Wednesday, April 07, 1999 02:11:45 )

 日経エレクトロニクスでちゃんと記事になっていましたか。よかったよかった。

 問題は、iMacを専門に扱っている雑誌に、何も静電気の件が書かれないことです。アップルにたて突くと、後々面倒なことになるのを避けているように思います。いろいろな掲示板、MacWireなどにも投稿したのですが、雑誌で掲載したのは、日経エレクトロニクスだけです。この記事、好評で英語版にも掲載されるそうですよ。

前薗 健一 さんからのコメント
( Wednesday, April 07, 1999 03:31:17 )

iMac は持っていないのですが。
家のアルミサッシは木わくにネジ留めされているのですが、
これでも多少のアース効果はあるんでしょうかね?

だんご3兄弟 さんからのコメント
( Friday, April 09, 1999 21:54:32 )

 こんにちは。
 パソコンメーカーではありませんが、電気機器を設計している者です。これは一般にEMC
問題と呼ばれているものです。

 iMacに関わらず、殆どのメーカーのPCやMacはヨーロッパで販売していますよね。
 ヨーロッパで販売する為には”CE”なるマークを取得してそれを機器に表示する必要が
あり、最近の機種ならばおそらく3kV以上の静電気に耐えるはずです。このCEマークは高電
圧や静電気や雷サージや電波妨害...etcをクリアしないと表示できず、嘘の申告には罰則規
定があるので、Apple程の企業が嘘の申告をするとは思えません。
 ちなみに我が日本は電波妨害の自主規制があるだけです(^^;)しかし、日本製品は殆ど輸
出するので、こういった規格に適合するように一生懸命設計します。

 アメリカやヨーロッパのコンセントは安全上挿すとアースが取れるのが普通で、先進国で
アースが取れないコンセントが殆どな国は非常に少数派です。
 EMCの対策をする場合に一番重要なのは”アース(含むシールド)設計”でこれだけで80%
が決まるといっても過言ではありません。仮にアース無しで対策をすれば、金属筐体で大き
なノイズを減らす部品を使う必要がありますので、その製品は不格好,重い,高いといった
ものになります。(同じPCでも産業用の物を見れば良く分かると思います)
 多分iMacの設計、品質チェックを行った人はアメリカなので当然アース付きのコンセント
にアース付きの電源コード(普通3Pプラグという)を挿して試験しただろうと想定出来ます。
日本のメーカーなら国内での使われ方を考慮して「アース無しでも強く!」と考えるかもし
れませんが、あちらでは多分その考えは通用しないのでしょう。

 シースルー設計も、中を綺麗に見せる為にシールド無しにしたりすれば、静電気に弱くな
ります。ちなみに従来のMacなら本体は樹脂に直接メッキ(IIciの時代)か薄い鉄板(それ以
降)でキーボードは基板の裏に薄いシールド板、マウスはシールド無しという設計です。
 またUSBも今までのADBバスより高速なので、静電気に弱くなる方向になるのは事実です。

 ちなみに、日本はヨーロッパやアメリカに比べて多湿なので一般に静電気被害に対しては
有利です。日本ではメモリの増設の際にアースに触れながら作業する人は殆どいないでしょ
うし、それでも壊れることは殆どありませんが、あちらでは乾燥+絨毯等で発生する静電気
の為、アースしないと壊すことがあります。
 そんな日本で静電気障害が起きて、あちらでは問題にならないのだとすれば、やはりアース
による違いなのでしょうね。

 余談ですが、上の方で電磁波チェッカー。。。との書き込みがありしたが、簡単な電磁波
チェッカーの指示値を鵜呑みにするのはあまり薦められません。
 電磁波は大きく分けて低い周波数で強い磁界成分と、高い周波数で強い電界成分があるので
すが、こういったチェッカーはどの周波数でどちらの成分を計っているのかが非常に曖昧です。
普通こういったノイズは専門の技術者(それだけを業務として行っている会社が何社もありま
す)と、高価な測定器(セットで500万以上)が必要です。一日測定したもらうだけでも30万
円以上かかります。

 例えば電磁波防止エプロンやCRTフィルタ等はCRTから大きく放射される10KHz〜500KHz位の
磁界には”全く”効果がありません。効果があるのは数100MHz以上の電界で、それもきちんと
アースを取ったり、体にぐるぐる巻きにしなければ電波は四方八方から回り込むので効果はあ
りません。貼るだけで悪玉電波を良い電波に変える???といったグッツも電磁気学的に説明出
来る物は有りません。

 良くTV番組で興味本位でパソコンの電磁波でガンになるとか機械が暴走するといった特集が
ありますが、身近で一番強力な電波を出しているのはTVで、その直近ならばPCの出す電波との
差は何と10万倍以上あります。その為、今の自動車はPCの30倍以上強い電波を受けても暴走し
ないように設計されています。
 TV受像機の出す磁界もPCモニタの非ではありません。何故ならTVは既に普及してしまってい
るので、今更取り締まれないのでTV受信機が出す磁界の周波数の所は規格が無いのです。しか
しそれ以外の周波数は厳しく規制されているので、マルチスキャンPCモニタ等はこの値を小さ
くする必要があるのです。(だからシールドの為に重い)

 もともとこういった電波障害の規格は「TVやラジオが綺麗に受信出来るように」として決め
られたのが事の発端です。TVやラジオが受信出来る為にはPCから出る妨害電波がTVの電波に対
して少なくても10倍以上は大きい必要があるのです。そういった事をしらずにこの様な興味本
意の番組を放映している番組があったら、それは無知なプロデューサーが作ったやらせに近い
ものがあるかもしれません。もし電波が有害だという事になったら、真っ先にやり玉に上がる
のが身近な物ではTVと携帯電話なのに。。。(だからNTTの人は電波が体に悪いとは決して言
いません)磁界だったら、変電所や高圧線、電信柱のトランス、電車...いっぱいありますね。

 電磁波そのものが有害か無害かについては非常に難しいでしょうけど、個人的にはきっと何
らかの影響は多少あると思っています。でも、地磁気だって500mG位あるし宇宙からの電波だ
ってあるし、何よりもこの便利に生活に皆が慣れてしまったのですから、今更無くす事は出来
ないでしょう。

 尚、携帯電話で使っている非常に高い周波数の電波は、まだ医学的に解明されていない事が
他の周波数より多く、光がレンズで収斂するように球状のものに集まってそこの温度を上げる
作用がありますので(電子レンジに近い周波数ですので...)個人的には子供の頭部(大人よ
り影響が大きい事が既に判明している)や眼球(血管が少ないので冷却出来ない)それと睾丸
(これが何にでも弱いのは有名(^^;)ですよね。もし電磁波防止エプロンをするのならホント
はむしろ男性の方なのです)のそばではあまり使わない方が懸命かと思います。

 携帯電話が発売される前までの機械は、そんな周波数でそんな強い電波を受ける何て想定し
ていませんので、ペースメーカーを埋め込んでいる人がいるかもしれない満員電車内や混雑し
た歩道、病院や車の中ではスイッチを切るのは当然ですね。(注:携帯電話は自分が今どこに
いるのかを親局に教える為に、通話中以外でもスイッチを完全に切らない限り定期的に電波を
出しています)

 長くなり&話がよそ道に反れましてどうも申し訳ありませんでした。

 以上。

だんご3兄弟 さんからのコメント
( Friday, April 09, 1999 22:08:35 )

 済みません、逆に書いてしまいました。(^_^;)

TVやラジオが受信出来る為にはPCから出る妨害電波がTVの電波に対して少なくても10倍以上は大きい必要があるのです。
                                     ↑↑↑↑↑↑↑↑
                                     1/10以下である ←これが正しい!

秀麗 さんからのコメント
( Saturday, April 10, 1999 11:16:51 )

モニタの前に携帯電話を置いていて、着信したとき、モニタが「ブォ〜ン」と大きな振動音を発します。
ノートパソコンなどはアースをして使うなんて考えられませんが、カバンに携帯電話とモバイル機器を入れて置いて、着信による電磁波(?)の影響がそれらに起こることもあるのでしょうか?

私が販売店にいたとき、デスクトップ機でコンセントを抜いたり、移設しただけでパソコンの不具合が直る場合がありました。
これらは静電気のせいにしてましたが、コンセントを抜くことが本当に何らかに対して対策になっていたのか疑問です。
モバイル機器のように初めからコンセントにつながっていないものはいったいどのように気を付ければいいのでしょうか?

今井真人 さんからのコメント
( Monday, April 12, 1999 14:57:17 )

 日経エレクトロニクスの記事を見つけました。

→  日経エレクトロニクス BizTech NEWS

長内 隆 さんからのコメント
( Wednesday, April 14, 1999 10:26:12 )

学校などの校舎と同じ私の職場は鉄筋コンクリート。床はリノリューム張りです。
雪国ですが、冬期暖房はセントラルヒーターのため、湿度計を設置してみてびっくりしました。
20パーセント以下です。別な湿度計も同じ値です。静電気はとても起きやすく、鉄の扉などに
触れると、ビチッと放電します。日本は高温多湿とはいっても、居住環境はまったく別です。
 自宅でのキーボードフリーズ最近起きる原因が、静電気だとは盲点でした。試してみます。
今井先生の学校は湿度いかがですか。

テツヤ さんからのコメント
( Monday, July 12, 1999 14:52:43 )

初歩的な質問ですみませんが、コンセントの差し込み方向はプラグ側のアースコードが
ついている方を溝の長い方(険電ドライバーでコンセントの接地は確かめてあります)へ
さすのが正しいのでしょうか?
それとも試してみて具合の良い方を選べばどちらでも構わないのですか?

chizu さんからのコメント
( Friday, July 16, 1999 22:14:31 )

先月末にiMacにカバーを買ってかぶせるようになりました。
そしてその2〜3日あたり後から、iMacがハングアップするように
なってしまいました。当初は、日々の自分の使い方が悪いのかと
思っておりましたが、OSを入れ直してもどうにもならず
仕方なく、Performaでネットでいろいろと探していましたら
こちらのページを発見し、静電気のせいではないかと
思うようになりました。
静電気のせいかどうかはわかりませんが、
ハングアップをするようになる前日などに
新しく機能拡張やソフトをいれてもいないのに
何が原因なんだろうと・・・
静電気のせいかもしれないとわかった今、
どのようにしたらよろしいのでしょうか?
アースは取れません。
ちなみにハングアップは
マウスが反応しなくなるというパターンです。
それも、段々ひどくなってきてしまい、
今では、数分に一回なってしまいます。
マウスの接続をしなおしても、近頃は
なおることもなくなってしまいました。